Tuesday, 26 September 2017

徒歩圏 (JB)

Img_4020sImg_4023s筆者が住んでいるジョホールのコタ・プテリ (Kota Puteri) からの移動手段は、徒歩しか無いので、その徒歩圏で何が探せるかが勝負(!)だ。従って休みの日は可能な限り歩きまわって周辺の「脳内地図」を作成することにしている。今回は、表通りではなく裏からのインド系マーケットに行く道順(と言っても直線一本だが)だ。路傍の花、、、それが、プルメリアやブーゲンビリアだとか派手なのが多いのだが、南国の花は色合いが派手なので鑑賞するには楽しい。かなり大型のトレーラーが路上駐車していたりする。まあ、郊外ののんびりした風景である。
Img_4024sゆっくり十分ほど歩けばもう到着。距離は大したことないが暑いとその暑さで参ってしまうから早朝か夕方以降が良いようだ。インド系のスーパーでハイネケンの 500ml 缶ビール 3 本(@RM 7.5) とネスレのインスタントコーヒー、あまり味のしない乾パンのようなビスケットを買い、750 円くらいを支払って、、、このマーケット内で食事をしようと思ったら目当ての店が閉まっていたので、大回りして AL AMEEN Eating House で、、、この辺り、潰しが効くようになったのが大収穫と言えばその通りだ。
(iPhone, PS CC 2017)

| | Comments (0)

Monday, 25 September 2017

夕景 (JB)

_1030603土曜日 (9/23) の夕景、暮れ始めてから日没までの短い時間帯、鉄塔の向こう側にはジョホールバル市内の様子が見て取れる。そしてその上には黄金色の雲。過日掲載した夕景の部分拡大のようだが、雲が違う。しかし、凄まじい美しさ。鉄塔も本望だろうか?
(DMC-GM5, G Vario 35-100mm/f4-5.6 ASPH., Capture One 10 PRO., PS CC 2017)

| | Comments (0)

Sunday, 24 September 2017

Nasi Goreng Pattaya (JB)

_1030601一昨夜の食事は、Megah Tomyam に直行したのだったが、さて何を食うか? Nasu Goreng USA では、前と同じで芸がないから懸案だった Nasi Goreng Pattaya に挑む事に、、、夕餉に対して「挑む」も無いだろうが、そういう気持ちで、、、ということだ。内容は、事前にネットで見ていたから検討はついていた。要するにオムライスの中身をナシゴレンにしたものなのだが、赤く見えるケチャップ様のものはタイの赤い唐辛子ソースでやや甘いのだが辛くまたナシゴレンもタイ風なので、香辛料がかなり効いている。飲み物は不動のアイスティーである。
_1030599量がやや少なめなのは常だが、辛い以外は結構すんなりと食べられる代物だった。会計 (RM7) を済ませて、近所の店を見ると隣のペットショップは良いとして、その隣に喫茶店があるのに気づいた。COPI というのはコーヒーの事だが、どう覗いてみてもそれらしきものを飲んでいる人は居ないし、漢字表記があるので中華系の店のようでもあり、そうでないようでもある。この店の探索はまたの機会にして、アパートに戻ることにした。
(DMC-GM5, G 20mm/f1.7 ASPH., Capture One 10 PRO, PS CC 2017)

| | Comments (0)

Saturday, 23 September 2017

朝の雲 (JB)

_1030596昨日の早朝の東の景色。マンションのすぐ上に出ている雲が素晴らしい立体感と輝きである。これに惹かれてベランダに出て撮った。筆者にとっての黄泉の国のイメージはまさにこれである。そう思ってもう少し上を見るとこれはこれは、、、夏と秋が同時に楽しめているような錯覚。ここには秋はないのだが、、、雲シリーズ(!?)は、続く。
(DMC-GM5, G Vario 35-100mm/f4-5.6 ASPH., Capture One 10 PRO, PS CC)

| | Comments (4)

Friday, 22 September 2017

暮色 (JB)

L1000112何度も繰り返し書いているが、ジョホールの夕景は、一旦決まると凄まじい美しさである。加えて、Summilux 35mm/f1.4 最初期型の色再現、描写が写真(画像)というよりはもう殆ど絵画である。筆者が勤めていた頃に何度も見せてもらったウィリアム・ターナーの絵画の夕景と同じ色、描写なのである。
(Leica M, Summilux 35mm/f1.4, Capture One 10 PRO, PS CC 2017)

| | Comments (2)

Thursday, 21 September 2017

Megah Tomyam 復活 (JB)

Img_3990s犠牲祭の初めからずっと閉まっていて、閉店してしまったのか?と思っていた Megah Tomyan が復活。一昨日、久し振りに寄ることが出来た。食べたのはナシゴレン USA という、ナシゴレンの派生系。何故、USA なのかはよく分からないが、ケチャップで炒めたチキン無しチキンライス(!)とその上に載せた目玉焼きが、、、アメリカを彷彿とさせるのか?それとも USA は別の意味なのか?いずれにしても不思議であるが、それは兎も角として、料理は楽しめたから良かった。
(iPhone, PS CC 2017)

| | Comments (0)

Wednesday, 20 September 2017

工場地帯 (JB)

_1030590勤め先の近くのコンテナ置き場からの眺め。本日も盛大に燃やしています、、、化学工場が何らかの化合物の生成最終段階以前に発生する気体を燃やしているのだろうけれど、実際、炎は物凄い勢いで、周囲の工場群の壁を震わせるような「ゴーゴー」という音がする。一旦、この状態になると昼夜問わずずっと燃え盛っているから、住宅街であれば騒音問題になるところだろう。但し、この炎があるおかげで、かなり離れた位置からでも方角と場所が分かるというメリットはあるのだが。
(DMC-GM5, G 20mm/f1.7 ASPH., Capture One 10 PRO, PS CC 2017)

| | Comments (0)

Tuesday, 19 September 2017

夏空 II (JB)

L1000107これは典型的では無いけれどやはり夏空。奥行きの出方が昨日の画像と違う。しかし、何時間見ていても飽きないものだ。
(Leica M, Summilux 35mm/f1.4, Capture One 10 PRO, PS CC 2017)

| | Comments (0)

Monday, 18 September 2017

夏空 (JB)

L1000111この素晴らしい夏空の下、何を思う?思わないだろう、、、。良い眺めである。
(Leica M, Summilux 35mm/f1.4, Capture One 10 PRO, PS CC 2017)

| | Comments (0)

Sunday, 17 September 2017

AL AMEEN Eating House (JB)

Img_3987sほとんど筆者の個人的な食卓に成りつつある AL AMEEN Eating House。言葉は相変わらず片言同士だが意思疎通はそれなりに出来ていて、、、まぁ、意思疎通が無ければそもそも食事できないのだが、、、だいたい食べたいものが食べられるようになってきた。このビュッフェスタイルのカレーもご飯をよそってもらうのだが、その量も阿吽の呼吸で行くようになり、また掛ける「ルー」もあまりごついものにしないで、サラリと掛けるともっとも素朴にウマイという事が分かってきた。目見当で価格が決まるのだが、その差は数十円、、、同じメニューにしても微妙に価格が動くのにも慣れた。これ食って水 (RM 2) 買って、今日が終わる。
(iPhone, PS CC 2017)

| | Comments (0)

«夜景 (JB)