Sunday, 11 November 2018

新たな旅へ

_1040460現在の顧問先を離れて、新年から国内の別の仕事場へ移ることになると思う。幸か不幸か自宅から遠いので、単身赴任だ。不安な気持ちもあるが、正直ウキウキしている。まだ見ぬ世界が広がっていると良いのだが。
(DMC-GM5, G 20mm/f1.7 ASPH., Capture One 11 PRO, PS CC 2018)

| | Comments (4)

Sunday, 04 November 2018

スガルヤ

_1040451_1040450東京湾の入り口に存する三浦半島は秘境、、、では、無いのだが東京との位置関係からは想像できないほどのアウェイ感満載の場所で興味は尽きない。葉山から三浦海岸を目指す際のメイン道路を使わない行き方をすると車窓の左側に忽然と現れるのが、野菜の里スガルヤの文字。ハレルヤではなく、スガルヤ。近隣の農家で採れた野菜を販売する直売所、その屋号かと思ったが「須軽谷」という地名なのだ。有田焼風の野菜の絵は、誰の作なのか?
_1040449休日でも午前中遅くとも 11 時迄に行けば、沢山の野菜しかも新鮮かつ安い、、、が、大量に置いてあるが、午後になると殆どが売り切れてしまう。白菜、キャベツは 200 円を切る価格。三浦特産の縁が赤くて洒落たレディサラダ大根も毎日廉売である。以前にも書いたが、葉山に越してきてこの野菜の新鮮さには本当に驚いた。特に野菜エンスーでは無い筆者だが、その瑞々しい存在は食べていて幸せを感じるものである。
_1040452店の道を挟んだ反対のこの不動産屋さんも味わい深いのであった。
(DMC-GM5, G 20mm/f1.7 ASPH., Capture One 11 PRO, PS CC 2018)

| | Comments (4)

Sunday, 28 October 2018

崎陽軒ハロウィン・スペシャル

_1040444_1040445通勤時、いつも通る横浜駅のコンコースにある崎陽軒の出店。フツーのシウマイ弁当を買おうと寄ってみると最後の一個になった見慣れない弁当があった。それがコレ、、、ハロウィン・スペシャルの弁当である。崎陽軒は、外の包み紙を折々のイベント、、、横浜開港150周年だとか、、、で変えるのは知っていたが、これは中身まで変わっている。カボチャの馬車に因んだカボチャの素揚げ、紫玉ねぎ・紫キャベツのピクルス、塩焼きそば、鶏のチリソース、そして黒炒飯にグリンピース、、、これらが通常のシウマイ弁当から変わっているところだ。
(DMC-GM5, G 20mm/f1.7 ASPH., Capture One 11 PRO, PS CC 2018)

| | Comments (8)

Friday, 19 October 2018

銀座 (ii)

_1040424_1040425_1040427不二家のビルは、建ってから結構年月は経っている
のだが、なんとなくその鏡面を用いた外壁のせいか古さを感じさせない姿だ。完成したときにはシックな色合いのビルが多かった銀座では異形の存在だったが、今ではもう風景に溶け込んでいるし、数寄屋橋交差点の対角線上にはハリウッド映画の魔窟的な東急プラザがあって、それはそれでバランスが取れたのかもしれない。で、ソニービルが壊されて、エルメスのビルがその端正な姿を見せている。個人的な考えだが、ソニービルは建てずにエルメスビルの外壁のガラスの柔らかな感じが残ると良いのだが、、、しかし、ソニービルの跡地に何も建てないということは有り得ないだろうからここ一乃至二年の楽しみということだろうか?そして、しんがりは新装(?)なった数寄屋橋公園の岡本太郎氏による「若い時計台」。そうそう、筆者的にはこれが一番馴染んでいる。健在ぶりがとても嬉しいのだった。この像の制作が 1966 年、設置が 1968 年で、大阪万博は 1970 年だから、こちらがあの太陽の塔に先行しているのも凄いことだ。
(DMC-GM5, G 20mm/f1.7 ASPH., Capture One 11 PRO, PS CC 2018)

| | Comments (4)

Thursday, 18 October 2018

ヨットレース(葉山)

_104042910/14 (日曜日)、海を見ていると大きめのヨットが何艘も競っている。訓練という感じでは無かったが、面白そうだったので画像で残すことにして、後からネットで調べると 2018 若大将カップ(正式には第36回リビエラ逗子マリーナヨットレース加山雄三invitational「若大将」カップ)ではないかと思う。好天ばかりだったらヨットも楽しそうだなぁ!
(DMC-GM5, G Vario 45-200mm/f4-5.6, Capture One 11 PRO, PS CC 2018)

| | Comments (0)

Wednesday, 17 October 2018

銀座 (i)

_104042010/13(土曜日)に、用足しに銀座に行った。実に3ヶ月ぶり(もっとか?)の東京だ。顧問先に向かう際に乗っている電車が東京都を掠るのだが、少なくとも筆者がフィジカルに歩くのは数カ月ぶりだった。土曜日だったがやや曇天かつ午前中だったから人出はまばら。時間潰しに入った店で購入したある商品は、アマゾンで買った方が安かったという「オチ」までついてしまい、なにやらすることなすことがやたらと高くつく感じが、「銀座」そのものなのである。つまりコスパとかとは対極の世界が銀座。
_1040423今回銀座に行って気付いたこと。筆者の生活の軸足が葉山に移ってしまったのだなということ。これは、ここ暫く感じていることだが、葉山での暮らしに実況感・実体感が有り、銀座他のかつて徘徊していた地域全てが絵空事の用に感じるのである。これは、驚きというより面白い感覚で、生活圏としての都心の急激な変化に、不安を感じつつやや否定的だっった自分が、絵空事の中では、何も感じなくなっているということ。そんな意識なのである。
(DMC-GM5, G 20mm/f1.7 ASPH., Capture One 11 PRO, PS CC 2018)

| | Comments (2)

Wednesday, 10 October 2018

ライオン事務器ドキュメントファイル DC-211 A4

_1040416かつて、頻繁に目にしていたものを徐々に見掛けなくなり、その事を意識せずに長い時が流れ、ふと思い出したときには、その存在が遠い過去のものになってしまっている。そんな記憶を探って急遽購入したのがこの(アコーデオン)ドキュメントファイルである。スマホを含む携帯電話や、ラップトップ PC が主流ではない、、、いや無かった頃、多くのビジネスマンは大型のアタッシェケースに書類を携えて世界中を飛び回っていた。そして、事務所のファイルシステムと連携した携帯用のドキュメントファイルに必要書類を入れていたのである。さて、この製品、閉じるためのバンドと金具以外は全て古紙の再生品。驚異の収縮率で、自立する。
_1040417_2_1040418ネットで探し出そうと思った際に、まず思い浮かんだのが海外の弁護士事務所で見掛けた書類整理用のホルダー。彼らは当時、大量の書類を同じく紙製のアコーデオン・ファイルに入れて持っていた。それを思い出して、まず海外 (amazon.com) で探したら確かにあったが、彼の国でもこの紙挟みは隅の方に押しやられているのか、made in Mexico になっている。ドイツ製やフランス製の紙製ファイルもあるが、筆者が覚えているのとは違っていた。そうこうしているうちに検索で引っかかったのが日本のライオン事務器のページ、、、「あった!」と小さくひとりごちして購入。ここだけの話だが、在庫で持っているところの価格は 2,000 円を切るが、既に数回の値上げ(?)を経て、現在のメーカー定価は 4,950 円(税別)である。
_1040419届いた品物は、期待を上回る良い物だった。筆者は、PP (ポリプロピレン)製の同様のファイルも使っているが、どうも素材が丈夫過ぎて、出し入れする際に紙が負けてしまい、よれよれになると感じていたのである。勿論、PP 製の軽さや耐水性は、大いに魅力的だが敢えてこのいずれは滅びてしまうであろう紙製ドキュメント・ファイルを大事に使っていこうと思っている。勿論、筆者の用途は仕事の書類ではなく楽器用の譜面であるが。そう言えば、譜面も大型のパッドに記憶させて持ち歩くという時代であるが、筆者はそれに逆行する事になる。勝手な言い分だが、本や譜面は紙に限る。ついでに言えば、書類もやはり紙が良い。尚、お得な旧価格では無いがもっと多くの仕分け (32 のポケットを持つ)が可能な DC-231 や、書類が飛び出さない為のフラップ付きの DC-411N, DC-431N や最高級の DC-531 が存在する。日本国内の他の事務用品を製造している会社もかつてはラインアップに載せていたようだが、今世紀に入ってラインを縮小した際に、廃番になってしまったようだ。残念である。
(DMC-GM5, G 20mm/f1.7 ASPH., Capture One 11 PRO, PS CC 2018)

| | Comments (10)

Monday, 08 October 2018

充麦(みつむぎ)のパン

_1040414日本産、いや三浦産の小麦を使ったパンである。よく焼き系の感じ。焼き上がりはさぞ香ばしい匂いがしそうである。バゲットはかなり硬い。但し、水分が無くなって硬い感じではなく、そもそも硬いという感じ。筆者の好みである。バゲットは硬ければそれに越したことは無い。筆者が知っているパン屋で充麦のバゲットに近いのは、葉山の前に仮住まいしていた目黒区八雲の目黒通りを挟んだ反対側(中根)にあったトシオークーデュパン (Toshi Au Coeur du Pain)(注、現在は都立大学駅の近くに移転しているそうだ。)のバゲットに似ている。ということはかなりの水準だということである。しっかり噛んで食べたが、こめかみ辺りが疲れた、、、久しぶりの事である。
(DMC-GM5, DG Macro Elmarit 45mm/f2.8 ASPH., Capture One 11 PRO, PS CC 2018)

| | Comments (4)

Sunday, 07 October 2018

充麦(みつむぎ)

_1040408三連休の中日、スシロー三浦海岸店に行く事にして、三浦海岸へ。三連休のせいか、それとも台風25号が去った後のフェーン現象で気温が急上昇したので、去りゆく夏(!)を惜しむかの如く、、、って、もう10月なのだが、、、何故か道が混んでいた。流石に海水浴客は居ないが、ウィンドサーフィンやカイト・サーフィンの猛者がまだまだ大丈夫と遊んでいた。
_1040410_1040411スシローを出て、同じ建物の一階にあるダイソーにも寄り、台風24号で駄目になってしまった花壇に何か苗をということで、カインズホーム初声店に向かい、税込み98円の苗を12個買って、夕食のパン、、、ブレッド・ファーム(既出)か充麦、、、で悩み、行ったことがないので充麦にする。まぁ、帰り道だからわざわざ行ったというのでは無いが。小さな店で、駐車場も店の前の道路に沿う形で駐車して3台が限度。幸いスペースがあったので駐車し、店内へ。
_1040412パン屋ができて、小麦を調達、、、それだったら、近所で作っている小麦を、、、というので、実際に周辺で作っている小麦を挽いて使っているそうだ。
パンの画像は、また後で、、、。
(DMC-GM5. G 20mm/f1.7 ASPH., Capture One 11 PRO, PS CC 2018)

| | Comments (2)

Monday, 01 October 2018

台風一過

_1040405猛烈な勢力を持つ台風 24 号が通り過ぎ、今日は一転台風一過の素晴らしい天気になった。ただ、10 月というのにこの暑さは何だろう?この 24 号は、筆者が葉山に越して最も強い風をもたらしたが、拙宅の被害(!?)は、和室前の網戸が外れたことと、2 階のベランダにうっちゃってあったゴルフクラブが 1 階のテラスに飛ばされた事程度。ご近所では、ガラスが割れたりしたようだから、軽症だったと言える。既に南海には 25 号が発生したとニュースが伝えていて、似たようなルートでまた上陸する可能性があるのだそうだ。地球温暖化による海水温の上昇で、勢力の強い台風が立て続けに発生し、被害をもたらしているが今後東京を含めた都市機能に甚大な影響を出さないために、何かを変えなくてはならないかもしれない、、、が、その何かは一体何なんだろう?
(DMC-GM5, G 20mm/f1.7 ASPH., Capture One 11 PRO, PS CC 2018)

| | Comments (2)

«回転寿司