« 神代植物公園 | Main | E-330 »

Tuesday, 08 August 2006

神代植物公園(その2)

L1002126w
8 月 6 日に RLFC の有志の皆さんと神代植物公園にまた行きました。集合は朝 10 時でしたが、天候に恵まれたのは良いとして真夏日で暑いのなんのって、汗がファインダーを覗く右目にもどんどん入ってきます。熱帯睡蓮の池には相変わらず天蚕糸が張ってありましたが幸いな事に水面に浮かんでいたゴミの類いは、綺麗に清掃されていました。管理の皆様、有り難うございます!最初は、R9 + DMR に、Apo-Telyt-R 180mm/f3.4 を装着して撮ったのですが、やはり最短が 2.5m では、厳しい、、加えて Macro-Adapter-R と思っていたものが、2X Apo-Extender-R だったりして、早々に諦め、以降は馴染みの Apo-Macro-Elmarit-R 100mm/f2.8 で突撃であります。もう、寄って寄ってですから背景も何もカンケーありませんです。ピント位置を決める為に最後は身体を前後させて撮りまくる、、それとやや甘くなっていた露出の勘を取り戻す為に少しだけ露出補正したりして、でもそういう知的な作業も時間経過とともに沸騰しそうな暑さでだんだんとぼんやりしてきました。熱帯睡蓮って、結局アップで撮ると、睡蓮に似てるなぁ、、とか馬鹿な事を考えたりしましたそれとピント位置を手前の花に合わせるのかそれともその向こう側のおしべと花弁に合わせるのか結構考えました。色々なカットを撮ってみたのですが、手前の花弁に合わせると絞り込んでも向こう側はボケてしまいます。そーすっとやや「ゲージツ」的表現になります。で、おしべ他に合わせるとやや「植物図鑑風」になりますが、その方がアタシ的に面白いので掲載した作例は殆ど「向こう側」に合っていると思います。やっとこさ屋外での撮影を終え、時間があったので涼しい温室内へ、蘭、食虫植物、ベゴニアが「どばぁ」っと咲いてます、と、、向こうでぽち@おとうふやさんと M4-P さんがおいでおいでをされてます、、近寄ると、なんとベゴニアの花のど真ん中にカエルさんが、、、もの凄い不機嫌そうに、、7 ~ 8 カット撮りましたが、温室内では三脚が使えないので 2 カットのみ、目にピントが来てましたぁ。ベゴニアというと花が小さくてチンチロリ〜ンと咲いている印象でしたが、球根ベゴニアは大輪で、色も濃く、、凄い凄いっ!温室内で三脚が使えればもうちょっと「植物図鑑風」に撮れるのに、、、とか思い思いしながら深大門を後にしました。

|

« 神代植物公園 | Main | E-330 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 神代植物公園(その2):

« 神代植物公園 | Main | E-330 »