« Leica M8 | Main | M8 続報 »

Monday, 11 September 2006

Leica M8 続報

03
さて、いよいよ背面操作部が明らかになってきました。このボタンの配列は実は DMR (Digital-Module-R) と全く同じであります。唯一の違いは一番下の SET ボタン、DMR の場合は、このボタンはコマンド・ホイール (ホワイト・バランス, セルフ・タイマー, ユーザー・セッティング(切り替え), モアレ・フィルター, ISO, 画質切り替え, 画像サイズ切り替え) の中央に配置され、モノクロ液晶上でこれらの機能を画像確認用の背面液晶とは別に設定する事が可能でしたが、M8 の場合は背面スペースの関係からでしょうか、これらの基本セッティングに関しても背面液晶にその役割を移している可能性があります。DMR の場合は、これら頻繁に使うであろう機能を煩雑なメニュー操作から切り離して、ダイレクトに操作出来るシャント(短絡)が可能だったのですが、、、。いやいや、まだ明らかになっていない背面部になんらかの隠し球がある可能性はあります。もしも背面液晶のメニューからの設定のみである場合には、RAW 限定、画像サイズも最大で、WB は、5200K 固定で撮るアタシはそれほど困らないんですが jpeg 撮影を基本として WB を細かにいじり、画像サイズも原稿に合わせてという使い方にはやや不向きになるのかもしれません。
それと、Digilux 3 (Panasonic さんの DMC-L1K同等品)が出ると言う噂が、いえ、、案内状の内容を見た、、というハナシが飛んでいます。正直言って、製品としての魅力に乏しい (デザイン、操作性)ブツなのですが、一応、出してくるのかなぁとか思っています。Leica 社がデザインと操作性を徹底的にリファインしたのであれば、それはそれで魅力があるのですが。個人的には、Olympus E-330 の方が完成度は遥かに上だと思います。
特に、Live View 時、可倒型の背面液晶はとても使い易いと思いますし、あまり触れられていませんが、低照度下では感度が自動的に上がり(と同時に背面液晶表示がモノクロになる)、かなり暗い状況でもマニュアルでピントが見える(!)という暗視カメラみたいな機能さえあります。
9 月 15 日あたりに正式リリースらしいので、待つしかなさそうです。
あ、、M8 の操作ボタンの上の四角の蓋のようなものは、ファイアーワイヤー (IEEE1394) の接続端子のカバーだと思います。

|

« Leica M8 | Main | M8 続報 »

Comments

あの蓋らしき物の突起が上からの写真では見えないのですけど、カメラの軍艦部の写真はかなり近くから撮ったか、あとで切り取ったものでしょうか。それにしてもエプソンR-D2のガセネタ<http://www.fotomoto.de/epson/>なども飛び交い、9/15は此処北米9/11の記念日よりかは待ち遠しいです(笑)。不謹慎なこといってすいません。

Posted by: KOJI | Tuesday, 12 September 2006 00:44

たしかにこの写真>
http://www.rangefinderforum.com/forums/attachment.php?attachmentid=32570&d=1157938573
では写ってますです。

Posted by: KOJI | Tuesday, 12 September 2006 08:13

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Leica M8 続報:

« Leica M8 | Main | M8 続報 »