« 香港 | Main | Leica R10 に寄せて »

Saturday, 23 September 2006

Summicron-R 35mm/f2 Type II

L1002229w
香港から帰って来て、DMR で撮った画像を整理していました。今回は、Elmarit-R 19mm/f2.8 Type II がメインと言えばメインだったのですが、同時に Summicron-R 35mm/f2 Type II でも撮りました。(Elmarit-M 28mm/f2.8 Type IV は、数枚で終わっちゃいましたが、、、。)絞りを開け気味にするとやや線が太い印象もあるのですが、このレンズの良いところは絞っても線が細くそして軽やかな描写をするところです。それと目視で判る、解像度の高さでしょうか?現代のレンズのヌケの良さとは違うのですが、階調が豊かでレーザーを使ったヘアーライン彫りとは違う、なんだか木彫の様な柔らかさがあります。また、広角レンズとしては特筆もののボケ味の良さも長所だと思います。2 本の優秀なレンズ、つまり Summilux-R 35mm/f1.4 や Elmarit-R 35mm/f2.8 の間で、やや存在が薄い感じもしますが、両者のおいしいところを堪能出来るバランスの取れた良いレンズだと思います。

|

« 香港 | Main | Leica R10 に寄せて »

Comments

野本先生、こんばんは。
Summicron 35mmはおっしゃる通りですね。本当に中庸な性格です。個人的に考えるこのレンズの欠点は大人しめの外観と見かけによらず重いことであります。久しぶりに明日使ってみますです。

Posted by: 桑原恒治 | Saturday, 23 September 2006 23:36

Large Format Sample も直リンクしてみましたので、どうぞ!

Posted by: 野本 巖 | Saturday, 23 September 2006 23:51

私もR8を所有してゐますが、DMRまでは手が出ません。碌に調べないでROM付きのレンズを購入したらSL-2に装着できないのでがっかりしました。
如何せんライカといふとM型になってしまひますが、仮令絶滅寸前だとしてもR型ライカ用のレンズの味はひに惚れ込んで居りますのでこれからも精々愛用したいものです。

Posted by: くりちゃんまん | Sunday, 24 September 2006 16:52

ロウソクは、消える一瞬前に輝きが増すと申しますが、R ライカもそういう運命なのでしょうか?
でも、今回しっかり撮ってみて思ったのはこれだけのシステムを廃棄してしまうのは Leica 社にとって、自殺行為だなぁ、、と言う事でした。
出来るだけ長く、頑張って欲しいものです!
R ライカ、、、万歳っ!

Posted by: 野本 巖 | Sunday, 24 September 2006 17:14

ちょっとしつこくなりますが、私はR型すら嫌悪してゐて数年前まで使用してゐませんでした。ライカフレックスまでが「ライツ」純正の一眼レフで、R型などは紛ひ物であると頑迷に拘ってゐました。しかし、レンズの一部か大部分がよくわからないけれども日本製のOEMだとか、ボディの部品の大部分が日本製らしいといふことなので、R8やR9に手を出した次第です。今でもメインはライカフレックスSL-2であります。(調べてはゐないけれども未だOHできるらしいし。)R8やR9(でも、これは実質R8・2なんだがなあ)のデザインや作りには特に不満はないけれどもモータードライブを装着したときの重さには閉口しますがね。
もしかすると仰る通りR型ライカそのものが無くなってしまふのかもしれませんが、あってほしくないことです。 

Posted by: くりちゃんまん | Sunday, 24 September 2006 19:54

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Summicron-R 35mm/f2 Type II:

« 香港 | Main | Leica R10 に寄せて »