« 京都オフ | Main | 京都オフ (III) »

Monday, 09 April 2007

京都オフ (II)

L1000963w
大覚寺に到着。最後のバス停だから気が楽だ。6:30 分の始発に乗り込んだが車内は椅子が丁度満杯と言った感じ。我々のグループ以外の乗客は嵐山あたりで全員降りてしまった。とことこ tamura さんに付いて行く。大覚寺は由緒ある名刹ではあるのだが、現在の建物は安土桃山時代の再建らしく、平安期あるいはそれ以前の建物がごろごろしている京都ではあまり人気が無いのかもしれない。TV や映画の時代劇の撮影でクレジットに書かれているので記憶していた寺である。大澤池、、、撮影時間は早朝ではあるがそれにしてもこの「空き方」は嬉しい。自在にアングルが取れる。そう考えると関東圏の混み方は尋常ではない。池の周囲、背景の山にちらほら満開の桜が見える。今回はデジタル・オンリーだったが、困ったのは撮影テンポ、露出、RAW 現像等のデジタル・テクニックではなく、CCD に付着したゴミだった。帰宅後、現像を始めて「あららら〜〜」。盛大にゴミや糸くずが、、、。教訓、、、CCD 清掃はこまめに。それ以外での失敗が添付写真。Kyoto 2007 Spring の Summarex 作例当確だと思ったその刹那、、左側の奥にバンが写っているのに気づいた、、、しくしく。まぁ、こんな事はしょっちゅうあるが、シャッターを切っている時は脳内モルヒネがどばどば出るから、、良しとしようか?

|

« 京都オフ | Main | 京都オフ (III) »

Comments

京都の春の写真拝見しました。いつもながらの見事な描写素晴らしいですね。
デジタルの場合、CCDのゴミ、気になりますよね。特に屋外でのレンズの交換気をつけてやりたいものです。失敗の作例、拝見しました。でも私なんかは失敗の作例ばっかりだったりして(^^;)まだまだ修行が足りませんね。会長の作例を参考にしながら精進したいと思います。

Posted by: Kazu | Monday, 09 April 2007 09:47

う〜ん、惜しい、惜しすぎる。
私もこの手の失敗は良くやります(^_^;)
画面の隅に何かが入っているのはまだマシな方で、大判で90mm縦構図の時にベットダウンせずに撮って、ピントレールが写っていることも...

Posted by: ボン村上 | Monday, 09 April 2007 23:00

Kazu さん、
京都は被写体だらけで行くと撮り過ぎてしまいます。
桜の時期と紅葉の時期、昨年は蓮の時期にもオフ会がありました。
前日入りして、前夜祭。一泊して早朝集合、撮影して解散。ほんの一瞬のオフ会ですが、一服の清涼剤、生活の句読点、、、でしょうか?
長く続けられるといいなぁ、、と思います。

Posted by: 野本 巖 | Tuesday, 10 April 2007 04:32

ボンっ!
わはは、、失敗は成功の元、、とは言うけど、、こりゃアカンわな、、。
まぁ他にも水平は傾くし、ピンははずすしで大変なこっちゃ。
でもおもろかったかし、何より気持ちがすっきりしたなぁ、、。それが一番やなぁ。

Posted by: 野本 巖 | Tuesday, 10 April 2007 04:35

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 京都オフ | Main | 京都オフ (III) »