« SD14 Sample Photos | Main | SD14 (I) »

Sunday, 29 April 2007

SD14 Sample Photo (II)

Sdim0022w

Clip1ww

元画像と部分の 100% crop です。100% crop の方は、未加工です。
特にコメントありませんです。

|

« SD14 Sample Photos | Main | SD14 (I) »

Comments

あ、、誤解無いように先に言っときますが、、解像感(厳密な解像度とは違うという意味で)は、EOS 1Ds MkII や EOS 5D の方が、良いですよ!
但し、このアク強い発色、、こてこての感じが凄いのであります。
脂ぎってると言うか、バタ臭いと言うか、、、そーいう感じの事であります。

Posted by: 野本 巖 | Sunday, 29 April 2007 22:11

Foveon が気になって、鳥より早く起きて来ました。 (^o^)

先ずは珈琲でありーす。
http://homepage.mac.com/scoba/coffeemill/

解像感痛い程良く分かります。

会長が補足された「解像感」は、SIGMA のレンズの味の様な、気がいたしますが如何でしょう。遠い昔にD60のセンサーでのCANON/ERNST LEITZのレンズ差に絶句した事を偲んでおります。

オーデイオアンプも歪率(全高調波歪率特性)を計って各社カタログ表示しますが、
しかし、その測定法が単一周波数の静特性で、動特性とは違い現実離れしています。

単一周波数で計る訳ですが、人間聞く時は音楽ですから、基本波も複雑な構成な上、高調波も生まれてる訳です。それでも、歪率の表示値は強弁で人を惑わします。

レンズも遥か昔、解像度で計りましたが、その本数を表示するコントラスト(白/黒or白/灰色)の方が大事だという事でツアイス社がMTF表示を提唱したように、アンプも低域高域を混ぜて、測定するIM歪みだの、人間の聴感は奇数時高調波に敏感なので、一次/三次高調波の歪率を表示する機運もありましたが、定着しませんでした。

1m50円のスピーカーケーブルと、
1m700,000円のスピーカーケーブルには、
透過音色に歴然とした違いはありますが、
どちらが、良いか、好きかは別の世界ですものね。

どうも、感覚が判断する趣味の世界は曖昧模糊で「判る人には分かり、分からない人には判らない」の世界だから、楽しい訳ですよね。

SIGMAの毒味が済んだら、是非、Foveon での、Leitzレンズの検証を期待しております。それが出来れば、世界初のFoveonセンサーでのLEITZの絵が見られる訳です。

レンズ史上に一石を投じる「絵」を、RLFC (R-Leica Fan Club) で!

あぁ! 野本巌様。

Posted by: 五線譜 | Monday, 30 April 2007 07:00

わはは、、、そんなに「おだてて」下さったら、ヲヤヂ、、木に登っちゃいますよ、、(;^^A
アタシはメカ音痴なので、どこかに依頼して、、問題はゴミ防止兼 IR カットフィルターがミラーのレンズ側、つまりカメラのマウント開口部に鎮座している事であります。勿論、簡単に外す事が出来るのですが、、、それと(ム)さんに教えて教えて頂いてやってみたのですが、確かに SD マウントは PENTAX さんの K マウントに酷似しています。PENTAX SOFT 85mm/f2.2 は少しだけ「ぐらぐら」しますが、問題無く装着出来ましたぁ、、。う〜む、、アタシは「へなちょこ」ですから、、、しくしく。でもいずれは、R レンズ装着、、やってみたいけど、、こわいなぁ、、、しくしく。

Posted by: 野本 巖 | Monday, 30 April 2007 08:34

>R レンズ装着、、やってみたいけど、

 ● フランジは、18-50mm F3.5-5.6 の実売が15,000円ですから、これを外すのが現実的でしょうか?何か、良い手がないかな?

   スキヤカメラが台湾でアダプターを作っており、
趨勢対応に迅速で、R - EOS アダプターの発売も一番早かったので、
もう、R - SIGMA アダプターも出来てるのかな?

Posted by: 五線譜 | Monday, 30 April 2007 09:54

そーそー、、あたしもスキヤさんのテオ店長の顔が浮かんでおります、、、(;^^A
う〜む。

Posted by: 野本 巖 | Monday, 30 April 2007 11:12

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« SD14 Sample Photos | Main | SD14 (I) »