« SD14 (III) | Main | SIGMA MACRO 70mm/f2.8 EX DG »

Friday, 04 May 2007

Canon IXY Digital 10 (VIII)

Img_0155w

このところ Canon IXY Digital 10 と SIGMA SD14 のコラムが交互に或はやや錯綜して登場するので、書いている本人も混乱したりしているが、今日はえ〜と、、、IXY だった。数日前の渋谷明治通の画像。細かい事を言えばキリがないが、一般撮影で気軽にこのレベルの描写が得られる IXY 10 というコンパクト・デジタル・カメラは「凄い」と思う。撮像素子サイズ、レンズの優秀性、画像処理エンジンの優劣、口角泡を飛ばして議論するのも結構だが、そういう外野の声に超然として「何か、問題ありますか?」と冷静かつ沈着に対応する切れ者と言ったイメージだろうか?そう言えば SD14 の AWB も優秀である。光源を殆ど意識する必要がない。考えてみると筆者がドイツのなんちゃらというメーカーのこれまた時代遅れのデジカメに血道を上げている間に、日本のメーカーはいともすんなりと「凄いトコロ」まで到達し、これまた「凄いレベル」で熾烈な競争を行っていたのだ、、、と感慨とも慨嘆ともつかない溜め息も出ようというものだ。後生畏るべし、いやデジカメの技術的側面は日本のメーカーに、、、基本概念は別としても、、、負うところが大きいし全ての過程に於ける洗練は全て日本のメーカーの努力の結晶であると断言出来るから、これは後生ではなく、先駆の人々を讃えるべきであろう。翻って筆者は、未だ原始時代のデジタルカメラを弄んで、その「とるに足りない」ほんの僅かな「良さ」に欣喜雀躍、偉そうに書き連ねる。アホですな、、これは。

|

« SD14 (III) | Main | SIGMA MACRO 70mm/f2.8 EX DG »

Comments

お早う御座います。
コンパクトデジカメに対する野本さんのご意見、最もだと思います。このデジカメが先日某量販店で GW 特価 3万円の 20%ポイント還元・・・というのを見た時、実質 2万数千円で野本さんの作例写真が撮れるわけ・・・と、少々驚きを禁じえませんでした。最近自分のブログでコンパクトタイプのデジカメに関し否定的とも取れる事を書いたのですが、あれは一部高級コンパクトタイプのデジカメをやたらと持ち上げる評論家、雑誌に苦言を申したかった訳であります。まぁ、画質評価は人それぞれ基準が違うわけですが。
IXY Digital 10 の価格で野本さんの作例を見たら、もう文句ないじゃん(また横浜弁)・・・なんですね。10 と同じ画質で 7万だの 8万だのと言われるとアホな私は「おいおい・・・、いい加減にしてくれ」と言いたくなるわけです。
やはりキヤノンやニコンはコンパクトタイプについても一日の長があるのでしょうか・・・?ちょっと朝から長くなって申し訳ありません。ぺこり、ぺこり。

Posted by: KONDOH | Friday, 04 May 2007 07:56

上の意見を書き込んでからはたと思ったのですが、自分の場合 DMR を使っているわけですが、ライカに興味の無い方から見れば「あんな高いお金を出さなくても、半分以下のお金で遥かに高画質のデジ一眼が国産にはいっぱい有るよ!」と思われているのかもしれません。
結局は個人個人の価値観の問題ですね。人になんと言われようと、身銭を切って買うのだから外野がとやかく言う事では無い事でした。ご気分を悪くされた方々にお詫び致します。ご容赦。

Posted by: KONDOH | Friday, 04 May 2007 08:27

野本 巖 さんの、Canon IXY Digital 10 と SIGMA SD14 の選択に心から、感嘆・礼讃・畏敬を感じています。

メーカーからの供試品で評価なさる先生方の御意見には引き算や割り算の斟酌が必要ですが、その点野本 巖 さんの御意見は常に真摯で額面通りですんなり入ってきて爽快ですらあります。

それに野本 巖 さんが購入なさる物が、其れ迄の「通過された稀有な道程」で磨かれたフィルターを通してセレクトされた物だという点が比類なき選択に繋がってるのだと感服すら感じております。

今後も野本 巖 さんに薫陶を戴き私も上質な趣味道を歩みたいと思っていますが人間なれないものに憧れるのは性ですね。

Posted by: 五線譜 | Friday, 04 May 2007 09:43

私もパナのFX-07を使い始めてからはカラーネガで1枚も撮っていません。必要ないです。ホントスゴいですよね。レンズもバリオエルマリートだし(笑)。

Posted by: M Style | Friday, 04 May 2007 10:05

野本さん、こんにちわ。
最近のSD14、IXY Digital 10の記事、興味深く拝見させていただいています。私もまったく同感です。たかがコンパクトと侮る無かれ、要は何をどう撮るか?という究極を言えば日本製、それもキヤノンを使えば唸ることばかりですね。
デジカメという道具。これこそ実際に身銭を切って使ってみなければ分からない道具の最たるもの。フイルム時代よりも撮影者側の感性に委ねられる部分が多い分、日々そう感じます。
キヤノンを使い、そして野本さん曰くの「ドイツのなんちゃらというメーカーのこれまた時代遅れのデジカメ」を使う。これこそが過去の写真家では享受できない現代の写真家だけに与えられた表現の幅ですね。大いに楽しみましょ!
10よりはちょいと高めですがG7、GX100も素晴らしいですよ。もちろんM8も忘れてません(笑)。

Posted by: itamura | Friday, 04 May 2007 12:40

KONDOH さん、お早うございます!
昨日(5 月 4 日)に、銀座のレモン社さんに行ったんですが、、Nikon D200、、143,000 円ポッキリ、、、あららぁ、、(@_@;; 見間違いと思って、、、目をこすりましたが、やっぱり、、うぅ。う〜む、、SD14 買う時に、聞いとけば良かったぁ、、。
でもこの価格から考えると、、D200s とか出そうな気もしますね、、。

Posted by: 野本 巖 | Saturday, 05 May 2007 06:34

五線譜さん、
そんなに誉めて下さっても、、もじもじ、、おほほ。
ちゅーか、思った事を書き連ねているだけでありますよ。
レンズも増えちゃったし、、、あ、、またまたバレた、、、うぅ。

Posted by: 野本 巖 | Saturday, 05 May 2007 06:36

M Style さん、お早うございます!
あ、、愚妻と同じ、、FX07っ!
これもよく写ると言うか、ややノイズが出易いですが、画像は一級品ですよネ!
実際、画像の質そのものはとても優れています。
アタシは LX1 の流れを汲む、LX2 がコンパクト機として好きなのですが、いかんせんやや古いんですよ〜、、。う〜む。

Posted by: 野本 巖 | Saturday, 05 May 2007 06:39

itamura さん、お早うございます!
わはは、、要するに、、応援歌なんですよね。
しかし、小型サイズの CCD (CMOS) 機、、の実力たるや恐るべしであります。
AF 精度も凄いし、、。
G7, GX100 逝っちゃうと、、もうそれで終わりそうなので、逝けませんです、、うぅ。
G7 の画質と GX100 のスクェアーフォーマット、、そそるなぁ、、。

Posted by: 野本 巖 | Saturday, 05 May 2007 06:42

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« SD14 (III) | Main | SIGMA MACRO 70mm/f2.8 EX DG »