« 去来するもの | Main | 六本木 - IXY10 »

Wednesday, 23 May 2007

SIGMA APO 50-150mm/f2.8 EX DC HSM (II)

Sdim0217w

Portland 行きその他で、間が空いてしまったが、暫く振りにテスト再開。但し、新品のレンズの場合、筆者はあまりテスト撮影をしなければ、、と言う感覚が無いので、いきなり実戦配備する事も多い。何故なら、最近のレンズは明らかな「不良品」でもない限り、普通に写るのが当たり前だからだ。勿論、コーティングのハゲや絞りの作動不良等が無いようにチェックするのも大事であるし、Zoom レンズの場合、フレアー、ゴーストの類いも気にはなるが、ここぞという大事な撮影では過去に使った事のある換言すれば実績のあるレンズを用いれば良いのだし、アマチュアの身で、パチパチ撮る程度であれば気にならない。加えて、レンズのデータをキチンと取り、整理して頭に叩き込むなんて事が大の苦手なので、そういうズボラな性格もおおいに影響している事をお断りしておく。さて、このレンズと SD14 との組み合わせで気になった点がある。それは、フリンジングと言うのか、倍率収差というべきか、結構派手に出る。勿論、100% Crop での検証結果であるが、従って Photoshop CS2 (筆者は CS3 を既に購入したのだが、パッケージ版をお願いしたのでデリバリーが 6 月以降だそうだ、、。でもダウンロード版というのがピンと来ない、、あ、、でも Capture One は、ダウンロード版なのに、、自己矛盾である。)の Camera RAW を用いた現像の際に取り除く事にした。実際は、簡単に取り除く事が可能だから問題とはならない。つまり、昨今のデジタル処理を前提とした撮影は、レンズ性能とカメラの内部処理、そしてコンピューター上での後処理を一つの流れとして考えるべきだということだ。レンズ単体の性能を云々する事も大事なのかもしれないし、レンズ性能が優秀に越した事はないのだが、寧ろ歪曲のあるレンズの情報をカメラ側で検知し補正する、或は後処理で補正する、、そのメリットはレンズの大型化、重量化を押しとどめる一助になるとも考えられる。現状、ソフト側で対応する事を毛嫌いする或は邪道と言う風潮が一般的かもしれないし、せいぜい対角魚眼レンズの画像を超広角レンズによる画像に変換する程度の試みがあるに過ぎないが、更なる高画素化が進めば、画像の一部を切り出して超々望遠レンズでによる撮影に代替させたりすることも可能となり、結果として超望遠レンズは不用、全てを 15mm あたりの超広角で撮れば切り出しはお好み次第といった用途もあるのでは?と思っている。さて、早朝、家のすぐ前の電柱に鳥が留っていたので、撮ってみた。当たり前かつ普通に写るという印象。SD14 の画像は、すっきりした感じだ。

|

« 去来するもの | Main | 六本木 - IXY10 »

Comments

野本 巖 さん、おはようございます。

お帰りなさいませ。常ながらの耽溺度に、感嘆・礼讃・畏敬をお贈りいたします。野本 巖 さんの足下にも及びませんが不肖もスキーの合間に会社に行ってましたので奥様の次の (叉は超える) 理解者でしょうか? (^o^)

お待ち致しておりました、SD14 の画像、今迄の中で最高かと思われます。
出発前に決心されてた 30mm F1.4 も渇望致しております。

それは、SD14 のコンセプトマニュアルの殆どの写真が 30mm F1.4 によるものだからです。数ある SIGMA レンズの中で、秀逸な結果を生んだ検証結果が見え隠れするのですが、如何でしょう。

ほら、その机の下に箱からも出して貰えないで淋しくしてる SIGMA MOUNT の 30mm F1.4 にも、ささやかな愛の手を。

Posted by: 五線譜 | Thursday, 24 May 2007 07:33

う〜む、、今度は変化球でそう来たかぁ、、、(^^;;;
単機能というか単細胞なので、ホントは 1 つの事に嵌ったら他は全く 100% やりたく無くなるのであります。6:4 とか 7:3 とかうまく出来ると良かったんですが、今に至もダメですね、、。しかも無類の遊び好き、、、(;^^A 確かに SIGMA さんの作例(SD14 のカタログ)では 30mm/f1.4 が圧倒的に多いです。人物系は殆どこれです。う〜む、、やはり逝かなくてはならないのだろうか、、。週末にバラ撮影を予定していますのでその結果を見てから考えますです。躊躇している理由は、4/3" マウントで既に持っているので、、同じレンズ 2 本かぁ、、という感じであります。R レンズなら同じレンズ結構ダブってたりするんですが、、、。

Posted by: 野本 巖 | Thursday, 24 May 2007 15:17

野本 巖 さん、おはようございます。

昨日は、ふざけ過ぎました。
依頼と虚構とが渾沌とした文章で
御負担を掛けてしまいました。

僕の趣味歴のスキルからの想像では、
30mm/f1.4 の画像は明確になっていますので、
御安心下さい。

どうか、失敬な五線譜を、御寛恕して上げて下さいませ。 (^o^)

Posted by: 五線譜 | Friday, 25 May 2007 11:05

五線譜さん、
わはは、、大丈夫ですよ、、、(^-^)/
叶う事なら 30mm/f1.4、もう 1 本 SD14 用に買うのもあり、、とは思ってますから。
ただ、SD14 を使い込んでみないと、どの程度イケるか判らないので、、、(という割にはレンズ、揃えちゃってますが、、うぅ)。今日の blog の写真は、AWB で撮ったのをいじったのですが、あきませんですネ!SD14 は、マニュアルで色温度を設定出来ないので、RAW 前提で、「晴れ」にするしかないのかなぁ、、とか悩み中であります。4/3" 用のレンズも欲しいのがあったりしますし、、、う〜む。

Posted by: 野本 巖 | Friday, 25 May 2007 12:16

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 去来するもの | Main | 六本木 - IXY10 »