« Portland - IXY10 | Main | Vancouver 総括 »

Saturday, 19 May 2007

Vancouver - IXY10

L1020805s
続いて、Vancouver - IXY10 での作例(!?)を掲載しました。同じく、この blog の右側のコラムの真ん中辺りにあります。画面が小さくしか表示出来ないのですが、一昔前のコンパクト・デジタル機しか知らなかった筆者にとって「目から鱗」の写りであります。撮像素子の大きさの違い=一つ一つの素子の大きさの違い=画質の違いと固く固く信じて来た筆者ですが、昨今の技術革新は、いくつかの条件は依然として存在するもののもうその金科玉条を乗り越えるところまで来ているんだなぁ、、と思わせる写りであります。撮影の際、その眼差しは違っているのでしょうが、極力手振れを避けるため、道路標識のポールにしがみついたりして固定するテクニック(と
言うより肉体労働かぁ?)は使っていますが、他はカメラ任せのプログラム・オートであります。それと露出をコントロールする為に、スポット測光時の様に、カメラを振ってたりします。なんだか一眼デジタルにしがみついているのがアホらしくなるような。もうこうなったら、身体、鍛える為に一眼レフ使ってますと居直ろうかしら、、。
(このコラムの写真は、DMR + Vario-Elmarit-R 28-90mm/f2.8-4.5 ASPH です。)

|

« Portland - IXY10 | Main | Vancouver 総括 »

Comments

おはようございます!

って、でも今は睡眠中かな、、、それにしても強烈な時差ボケですねぇ、、

今日は早朝から待機していましたが、結局風強しという判断で明日に順延しました。
京成バラ園は来週が一番の見頃になると思われますが、まだまだ6月に入っても何とか撮れますよ。
そのうち時差ボケも解消することでしょう、、、

Posted by: tamura | Saturday, 19 May 2007 at 09:34

ありゃ、コメント書く所を間違えちゃいました、、、

Posted by: tamura | Saturday, 19 May 2007 at 10:18

恐れていた通り、早朝就寝、午後 2 時過ぎに起床しました。久方ぶりに「学生さん」みたいな暮らしであります、、、(^o^)v これで、仕事の約束とかがなければそれなりに安定しているのですが、そうばっかりも言ってられないので、徐々に戻すしかないでしょうね。風の事は、アタシもそう思いました。花弁が揺れるくらい吹いておりましたから、、、。アタシは明日がダメなのですが、、、それとも早朝撮影後、渋谷でラッパのクリニックに直行、、う〜む、、あり得ないなぁ、、、(^^;;
コメントは何処でも、、いいですよ〜〜〜♪

Posted by: 野本 巖 | Saturday, 19 May 2007 at 16:17

明日は多少風があっても行ってみることにします。

それにしても早朝就寝で午後起床というのは、まったく昼夜逆転ですね。
まあ、夜の帝王を目指すお年でもなさそうですので(失礼)、来週中にはもとの生活時間にもどされて、バラ撮影にお出かけください。美しいバラたちがお待ちしていますよ!

なかなかMP100mm/f2 ZFが発売にならないので、明日は代役としてPlanar85mm/f1.4 ZF + TC-14AS + PK11A という苦肉の策で遊んできます。もちろんSummarex85mm/f1.5も。今回はf2位で撮ってみるつもりです。

Posted by: tamura | Saturday, 19 May 2007 at 16:30

はい、、夜警のバイトでもしようかしら、、、(;^^A
夜の帝王、、、あはは、、はまた力の入れどころと馬力が違いますから、、無理でしょう。なんとか戻ると良いのですが、実はアタシ自身があんまり戻そうと言う積極さに欠けているみたいで、若い時代みたいな体調を楽しんでいたりしますです。
おっしゃる通り、ZF 100mm/f2 Macro がバラの季節に間に合わないのはなんとも「???」であります。でも tamura さんは、中間リングのエキスパートでもあらせられますから、大丈夫でしょう!Summarex での作品も期待しておりますです。
京成バラ園、、、夜中 2 時頃から開けてくんないかなぁ、、、(^^;ゞ

Posted by: 野本 巖 | Saturday, 19 May 2007 at 16:57

午前2時頃から開けるとなると、バラ園の方が眠れませんねぇ(爆)

いやいや特に中間リングが得意ということではないのですが、少なくともNikonやOlympusの中間リングの薄いタイプは造りが良いので、はさむと却ってかっこよかったりします(笑)

Posted by: tamura | Saturday, 19 May 2007 at 17:30

深夜営業だし、夜のバラ園って、なんだか意味深、、、だから風俗営業になるのかしら、、(^^;; 中間リングって、知的な感じがしますよね、、大口径 Zoom ってアホに見えますが、、、(;^^A

Posted by: 野本 巖 | Saturday, 19 May 2007 at 18:23

中間リングは知的かぁ、、、なんて思っているうちに、全然関連ないのですが、あるレンズアダプターが気になってきました。
忘れられつつある偉大なレンズ群が活かせるアダプターが、、、買ってしまいそう。でもそうなるとまたボディが、、、(超謎、、、ハハハッ!)
実現したらご覧に入れますのでお楽しみに、、、

Posted by: tamura | Saturday, 19 May 2007 at 18:43

body は、Canon FD マウントかなぁ、、で、、EXAKTA, M42, SL35 レンズ群、、、違ったかなぁ、、、あ、、ALPA レンズかなぁ ALPA - Leica M かなぁ、、?
楽しみ楽しみ、、、(^o^)v

Posted by: 野本 巖 | Saturday, 19 May 2007 at 19:10

京成バラ園・早朝開園に行ってまいりました。
午前6時30分に着いたのですが、既に駐車場は車が一杯、うへぇ~、、、
まあ、それでも広い園内にはまだ人の姿はさほど多くはなく、どうやらモーニングセットの入場者が多いようです。(笑)
今日はピーカンで疲れましたが、こういう日はデジタルに限りますね。フィルムでは恐らく撮影したコマの半分以上はボツでしょう。
結局1時頃までウロウロして本日の6時間半コースは終了しました。(爆)
バラの咲き具合は現在前半のピークという感じです。これから1週間くらいが一番の見頃になりそうです。

Posted by: tamura | Sunday, 20 May 2007 at 20:01

私は元興寺に「春車菊」を撮りに...のつもりが咲いてませんでした(;_;)
まだ小さな蕾の状態で、2、3輪ほどしか咲いていない状態でした。
あと2週間はかかりそうです。

それと今日は写真展を2つ見て参りました。
一つは奈良で「一瞬の記憶」という入江泰吉氏の。
もう一つは大阪で「世界百名瀑」という白川義員氏の写真展です。
静と動という感じ...対照的な写真でありました。

はぁ、今日はなんだか疲れちゃった...もう寝ます。
お休みなさい。

Posted by: ボン村上 | Sunday, 20 May 2007 at 23:26

tamura さん、
昨日は、凄い晴れでしたから、、、お疲れになったでしょう!
アタシも時差ボケと体調を整えて、今週末は行けるといいなぁ、、、。

ボンっ!
入江先生と白川先生、、、。静と動、、、お、重い、、、でもどっちもボンが対象とする被写体のそれぞれの泰斗やね、、偉いなぁ。
ゆっくり、お休み、、、(^o^)v、、、ってもう朝だけど。

Posted by: 野本 巖 | Monday, 21 May 2007 at 05:42

白川義員氏の写真展といえば、何年か前に世界百名山を見に行って、即写真集を全巻予約した思い出が、、、
第1巻に直筆サインをしていただきました。妥協のない、これぞプロの作品だと思います。
そうかぁ、今度は百名瀑だったですよね。豪華本は持つだけでも大変なんで、今回は見送りかなぁ、、、、

Posted by: tamura | Monday, 21 May 2007 at 20:32

私も百名山は何年か前に京都で写真展が開催されいたときに見に行きました。
さすがに百名瀑・豪華版(三部作)は一冊が3万円を超えておりましたので、おいそれとは...
今回うちは簡易版(2,000円なり)を百名瀑、百名山の2冊を購入いたしました。
でも...非常に残念なのは、展示していた写真と違うんです(--;)
と、言いますか、一部の作品でトリミングされております。
個人的なと言いますか、本当に勝手なことではありますが、今回の百名瀑よりも前回拝見した百名山の方がインパクトは強かったです。
色の変化、像の鮮鋭度、山の表情、撮影アングル...私自身は現実に見ることはまずあり得ない作品です。
百名瀑もその点は同じなのですが、なんだかスケール感が違うように感じました。

Posted by: ボン村上 | Monday, 21 May 2007 at 21:37

ボンっ!
そーすっと、そのイメージで、、ボンは巨大しのごのセットとジッツォ巨大三脚を担いで山に行くんやな、、、。あんさんは、関西のエッセンスで自分を「ぼかし」てるけど、実は真面目なヒトやから、おっちゃんは、その生硬な部分に期待し、そして同時に心配しとるんや。
まぁ、、まずは、紹介所行きをどーするか、、やな、、。
(^m^;;;

Posted by: 野本 巖 | Tuesday, 22 May 2007 at 01:06

いやぁ〜、ああいう写真はある意味目の毒であります。
とてもじゃないですが、撮れるものではありません。
それに一人でお山に4X5を持っていく体力は...もうないかも。
白川氏の撮影時DVDが放映されていましたが、それはそれは大荷物であります。
あの写真はチームとしての作品でもありますね。

うっ、何で知ってんの?私が「真面目」ってこと、ずっと内緒にしてたのに(^_^;)\(・_・) オイオイ
まだまだ青い、一途...と、とるならば、何かに影響されやすく、またその時は一気に...思い込みも激しいし...危ないヤツです。
今後ともお導きを...ってそれが一番危ない(^_^;)

まずは紹介所ってそれはしょっちゅう、次はタイですね☆\バキッ
あぁ、11月(謎)

Posted by: ボン村上 | Tuesday, 22 May 2007 at 21:00

11月って、、、また京都紅葉オフの頃に的を絞ってるのかな。ま、いいけど、、、

Posted by: tamura | Tuesday, 22 May 2007 at 22:39

ボンっ!
奥様とご一緒に、、、タイへ、、、つまんなさそう、、、(^m^;;

Posted by: 野本 巖 | Wednesday, 23 May 2007 at 20:07

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Portland - IXY10 | Main | Vancouver 総括 »