« SIGMA 10-20mm/f4-5.6 EX DC HSM | Main | オフィスからの眺め »

Thursday, 05 July 2007

撮影

L1030237w昨日は夕方から Bar Ho のオーナー氏がプロデュースする、六本木の Bar HYGGE (ヒュッゲ)を撮影した。装備は R9 + DMR の定番に、Super-Elmarit-R 15mm/f2.8 ASPH, Summilux-R 50mm/f1.4 (Type II), Vario-Elmar-R 21-35mm/f3.5-4 ASPH の 3 本。軽装である。店内を一通り撮り、演出、、テーブル・フォトみたいなノリで撮ったのが掲示した画像、、、うぅ、、臭い、、、。
(R9 + DMR, Summilux-R 50mm/f1.4 Type II, C1, PS3)

|

« SIGMA 10-20mm/f4-5.6 EX DC HSM | Main | オフィスからの眺め »

Comments

う~む、、、いよいよバー専門コマーシャル・カメラマンへの第1歩かぁ、、、
感慨深いなぁ、、、くれぐれも飲みすぎには注意しましょう(爆)

Posted by: tamura | Thursday, 05 July 2007 23:30

でもなんです、これまでの作例でも特に

http://rlfc.world.coocan.jp/Galleryfiles/R_Sample/Summilux50II/Summilux50II_3.html

は印象的でありました。

Posted by: tamura | Thursday, 05 July 2007 23:40

野本先生、コマーシャルフォト・デビュー、心よりお喜び申し上げます。新しいHPは待ち遠しいです(^^

By the way, NYC行きは7泊ですので、ラップトップやストレージには頼らず、メディアのみに決めました。

DMR用にはSanDisk ExtremeⅢ(2GB)を5枚(約500カット分)。

EPSON GT-X900はJpeg FINEのみの設定でやはりSanDisk ExtremeⅢ(2GB)を1枚(約480カット分)。

加えて、ポジはPKR5本、RXP2本、fortia、RVP F、RDPⅢ各1本。
モノクロはBW400CN7本、TX2本(ISO=3200の増感用)、TMY1本の計20本ということにします(計720カット分)。

ちと多すぎるようにも思われますが、足りなくなるよりは、、、(^^;

おっと、Kodakさんのポジが手元にありません。何か面白そうなフィルムありますか? NYCにお似合いの、、、

Posted by: Julian | Sunday, 08 July 2007 03:41

まぁ、本番は酒が入ってから...ってことですね。

Posted by: ボン村上 | Sunday, 08 July 2007 20:58

tamura さん、
ど〜も、、酒飲んでる時の方が調子が出るようです、、、(^^;;
店のオーナー、プロデューサー、働いているヒトがずらりと並んでいるとやりにくいったらありゃしない、、、うぅ。やっぱ、アタシはプロにはなれませんです。

Julian さん、
夏の NYC は、晴れると光線が強いしなぁ、、、。
やっぱ、PKR かなぁ、、、(^m^;;

ボンっ!
そーそー、、本番は酒が入ってから、、あんさんと同じやなぁ、、うぅ。

Posted by: 野本 巖 | Tuesday, 10 July 2007 17:30

↑EPSONにSDカードを入れて、どーする!
RICOH Caplio GX100の間違いでしたね~(^^;

NYC7泊の宿泊費はコミコミで総額$330、、、野本先生の1泊にもみたないのでは、、、いいです、デリとコンビニ頼りのバックパッカーですから、、、

航空費タダでありますから、NYC7泊9日の旅の予算は8万円ほどですね、、、一応、クレカ+$1500くらいは持って行きますが、、、写真の前では清貧な小生(^^;

明日は高槻で撮影行、明後日は呑み会、もう日付が変わっちゃいました、、、ああシンド、、、

Posted by: Julian | Thursday, 12 July 2007 01:07

いいなぁ、、NYC、、、。
アタシは、香港、、、うぅ。
でも香港は 2~3 ヶ月に一回は来ないとやっぱダメですね、、、(;^^A
元気になってきましたよ!

Posted by: 野本 巖 | Friday, 13 July 2007 11:03

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« SIGMA 10-20mm/f4-5.6 EX DC HSM | Main | オフィスからの眺め »