« Blue Dog | Main | 秋の空 »

Friday, 24 August 2007

M8 のフレーミング

L1000139wM8 使用時、それぞれのレンズに対するフレームと実際の撮影範囲の違いについて、「違い過ぎるのでは?」という意見を多く聞く。残念ながら筆者もそう思う。近接ならいざ知らず、それなりに離れていても撮影範囲がフレーミング時の感覚の 20% 増しで写ってしまう。RF 機はそんなもんだと思えば良いのだろうが、しかし M3, M2 はもっと正確だった、、(と思う)。安全率を考えてフレームは狭めに設定してあるというのがお利口さんの口上だと思うが、安全率なんて〜代物は責任逃れの株主対策(?)の戯言にしか聞こえない。構図が写真の究極の醍醐味であり、ぎりぎりの線を狙って如何に撮るかとしのぎを削るには、あまりに曖昧で厳しい言い方をすれば使用に耐えない。M6 時代のファインダーのフレアーは気にしなかった筆者だが、、何故ならば撮影結果に影響を及ぼさないから、、、もうちょっと何とかして欲しい。実際、35mm レンズを装着した場合の撮影範囲は 35mm 枠と同時に現われる 24mm 枠の中間くらいの感じだ。
(M8 + Summicron-M 35mm/f2, C1, CS3)

|

« Blue Dog | Main | 秋の空 »

Comments

野本先生、おはようございます。
M8のフレームは随分甘いです。特に画面上が広く写りますね。
僕はどうもファインダーを真直ぐに覗かない癖があるようで、画面が傾く事が多く閉口しています。
M6よりM8の方がこの傾向が顕著なので、ファインダーの構造がM6までとは幾分異なっているのかと想像しています。

Posted by: ritomo | Friday, 24 August 2007 09:49

何故かあまり気になりません(^_^;)。IIIbでもContax IIaでも平気な私はやはり体質的にフレーミングが甘いんだと思います。一眼レフが根付かないのもそのせいかな...。

Posted by: エースのチョー | Friday, 24 August 2007 10:44

ritomo さん、
確かに M8 のファインダーに関しては、精度の突き詰め方が足りないと思います。おっしゃっているように、構造そのものが違うのかもしれません。もうちょっと視野との整合性が取れないと、フレーミングに支障が出ます。

チョーさん、
ふむふむ、、チョーさんの意見も最もですよね、、RF 機でフレーミングに拘り過ぎているのかもしれません、、。
う〜む。

Posted by: 野本 巖 | Saturday, 25 August 2007 11:02

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Blue Dog | Main | 秋の空 »