« 神代植物公園(その 2) | Main | 高速沿いの風景 »

Wednesday, 08 August 2007

青空

L1000057w東京ではよほど視界が開けたところでないと積乱雲つまり入道雲を見る事は稀だが、アタシの子供の頃の記憶は夏=入道雲と氷いちご。氷いちごを食べると汗がスッと引いて夕方の風が気持ちよかったのを覚えている。雲の記憶は曖昧だが、それでも晴れた日に空に浮かぶ雲を見ていると遠い日の記憶とも違う夢とか希望とかそういうものを沢山持っていた頃の事を思い出す。それは遥か遠い昔のようであり、しかし意外に最近の事でもあったりして、時間を超えて妙に懐かしかったりする。そう言えば、亡父も雲を見ていたと生前言っていたから、、これは家系なのだろう。
(M8 + Elmarit-M 28mm/f2.8 ASPH, C1, PS3 注、この写真は、8 月 2 日に撮ったものである。)

|

« 神代植物公園(その 2) | Main | 高速沿いの風景 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 神代植物公園(その 2) | Main | 高速沿いの風景 »