« 香港 (I) | Main | 香港 (III) »

Wednesday, 10 October 2007

香港 (II)

L1000397w午前中のアポを終え、九龍側に戻って Nathan Rd. を本格的に歩いてみた。夕べ食事をした CHUNGKING MANSION の前を通り、Cameron Rd. まで足を伸ばす、、と言っても徒歩で数分の距離である。但し、湿気と暑さで日中の移動が殊の外大事(おおごと)になるのが香港の常である。日本で夏、炎天下を歩く事を想像されたい。さて、いい加減に RLFC のサイトの更新もしようかと、少し真剣に撮ったりもしてみたが、やはり暑いし空気が悪い。そう思って、、あ、、乾いた歩道を見るとこれまでの Nathan Rd. と違っている。最初はその理由が判らず戸惑ったが、、、そうか街路樹が植えられたんだ、、、、。ホコリまみれの雑踏が少しだけ洗練された様に感じる。やっぱり、香港、大好き!
ど〜せ、ASPH の方がデジタル向けとやや投げやりに持って来た球面最終型の 28mm であるが、このレンズ、凄いっ!僅かに偏色しているようなカットもあるにはあったが、もの凄くシャープかつ階調描写が素晴らしい。正直、素性は ASPH より上である。ASPH は、ちょっと「ハッタリ」気味の描写だが、こちらは素直に対象を捉えて描き出す、、、抽象的な表現は止めよう、、、いずれまとめてアップするつもり。
(M8 + Elmarit-M 28mm/f2.8 Type IV, C1, CS3)

|

« 香港 (I) | Main | 香港 (III) »

Comments

カールツアイスのZMレンズよりフォクトレンダーのレンズのほうが硝材の関係で描写が良いとハヤタカメララボの根本さんが解説してくれました。新しいレンズが良いとは限らないようです。

Posted by: gecko | Wednesday, 10 October 2007 23:08

確かにそういう側面はあると思います。Nikon さんのマニュアル・レンズの大幅な縮小も 2006 年 7 月 1 日施行された欧州 (EU) のローズ (RoHS : Restriction of the use Of certain Hazardous Substances in electrial and electronic equipment) 指令に基づくものだと聞いた事があります。基本は鉛の除去ではないかと思ってますが、、、。

Posted by: 野本 巖 | Thursday, 11 October 2007 11:49

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 香港 (I) | Main | 香港 (III) »