« 負けるな AME | Main | AF-S NIKKOR 14-24mm/f2.8G ED »

Sunday, 30 December 2007

AF-S VR MICRO NIKKOR 105mm/f2.8G ED (IF)

_dsc0552花を撮る場合、このマクロ・レンズが優れているなぁと思うのは、開放で撮っても絞り込んで撮っても「柔らかさ」を失わない事、花弁の肉厚感が出る事。「柔らかさ」に関しては、焦点面あたりに品の良いフレアーが、つまりホワホワとしたものが纏わりつくように出ている。これは、ギスギスになってしまう凡庸のマクロとの違いであると筆者は思うが、要するに好みである。次の花弁の肉厚が出る事に関しては、これは字の如く花弁が紙ではなく生命を宿した生き物として活写されていると言う事である。加えて、これまで Nikon さんのレンズには、僅かに黄色味を感じていたのが消え、素直な色再現になった事であろうか?レンズに用いられている硝材について知識を持ち合わせていないが、色に関しては硝材の良さイコール色ヌケの良さに繋がる事が多いので或は硝材も良いもの(?)を使っている可能性が高い。と言う事は、コストがかなり高いのであろう。即ち、薄利であると思う。日本とドイツの賃金差はドイツの方が高いとは思うがそれ程違わないだろうから、コストに見合う販売価格を付けるとなると今後の Nikon さんのレンズは「高価格」にならざるを得ない。R レンズの価格が高いのは、利益率が高いのではなく、硝材、材質、機構、工作それぞれのコストが高いのに加えて人件費が高いからなのである。

|

« 負けるな AME | Main | AF-S NIKKOR 14-24mm/f2.8G ED »

Comments

う〜む、やはりこのレンズも早く手に入れたいです。
12月は大変な出費です。

Posted by: KONDOH | Sunday, 30 December 2007 17:50

僕は発注しましたあ(^_^)

Posted by: ritomo | Sunday, 30 December 2007 18:44

KONDOH さん、
良いレンズであります。
VR は、マクロ撮影では「おまけ」らしいですが、、、。
アタシも年の瀬、、寒いです、、、(^^;"ゞ

Posted by: 野本 巖 | Sunday, 30 December 2007 21:14

ritomo さん、
発注、おめでとうございます!
戸外でのマクロ撮影は寒さが去ってから本格的に、、、。

Posted by: 野本 巖 | Sunday, 30 December 2007 21:15

野本先生、こんばんは。
来春の花が楽しみであります。
ニコンの新(ナノ)大三元レンズは14-24/2.8と24-70/2.8とこのマイクロ105でしょう。

Posted by: ritomo | Monday, 31 December 2007 00:41

ritomo さん、こんばんは!
正月早々に、ボタンを撮る予定であります。
AME と両方、使ってみたいです。
新型 80-200mm、期待してますですが、、、(^^;"ゞ

Posted by: 野本 巖 | Monday, 31 December 2007 00:58

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 負けるな AME | Main | AF-S NIKKOR 14-24mm/f2.8G ED »