« 250 万画素の差 | Main | E-3 絵作り DMR を参考に »

Tuesday, 25 March 2008

華燭の典

_223006023 日(日曜日)は、九州の親戚筋の結婚式がこちらであったので出席。手近にあったバッグを掴んで参加したので当然、E-3 の出番となった。まぁ、披露宴そのものの写真は専門家 (D300 + バウンスフラッシュ)に任せるからとたいして撮らなかったが、テーブルにセットされた食器類が綺麗だったので、すかさずパチリ。E-3 の設定のせいかフラットな感じがする。NATURAL に設定、シャープネス +1、コントラスト -1 である。R この場合は、DMR を使い慣れているせいかコントラストがかなり低く感じる。勿論、E-3 でもコントラストを上げる事は可能であるがそうすると、かなりドンシャリ気味の画像となるし、そもそも暗部がべったりとしてしまう。昨今の RAW 現像ソフトはハイライト或はシャドウのみをかさ上げするのが簡単になっているが、結局、コントラストのカーブを簡便にいじれるようになっただけで、効果はあるがダイナミック・レンジが広がる訳ではないから厄介だ。但し、低いコントラストのおかげでヌメヌメした生地の質感は出ている。宴は滞り無く終わり、新郎新婦は大ハッピーでありました。良かった、良かった。
(E-3 + ZUIKO Digital 14-54mm/f2.8-3.5、Capture One 4, CS3)

|

« 250 万画素の差 | Main | E-3 絵作り DMR を参考に »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 250 万画素の差 | Main | E-3 絵作り DMR を参考に »