« La Boheme 南青山店 | Main | 雨々々、、、 »

Tuesday, 14 October 2008

Leica R10

正式に R10 の開発が進められるというニュースは、我々 R Leica ファンにとって誠に喜ばしいのである。影も形も判らないカメラについてあれこれ述べるのは憚られるが、それでもトンネルの先に光が見えた、、、とも評すべき出来事だと思っている。さて、AF 化される R10 とは、一体どんなブツになるのであろう?フルフレーム・デジタル一眼は、間違い無いとして。同時に発表される AF レンズはどのようなものなのだろうか?Leica S2 が、Photokina 2008 登場時、9 本のレンズを曲がりなりにもラインアップしてきたのだから、それと同じ程度、、或は 35mm の機動性をより活かす方向で Zoom レンズの大三元を持って来るのだろうか?筆者の個人的意見としては、一旦、大三元 Zoom を持って来ると、その他の単焦点が極端に出ない或は遅れて出ることになりそうである。単焦点はせいぜい、超広角、中望遠のマクロ、超望遠程度で、お茶を濁すのだろうか?それとも Kaufmann 社長の財力で、一気通貫みたいに単レンズをずらりと並べて来る、、、これはこれで、楽しみだが AF レンズを一通り揃える事を考えると気が遠くなってしまう。特別なノイズ・リダクションを後処理で行わずとも、ISO 3200 程度までは頑張ってくれると嬉しい。勿論 ISO 6400 まで、実用であれば尚更嬉しいが。AF 測距点 は、あまり多点化する必要は無いが、中央 1 個ではなくせいぜい 5 点程度いや最悪 3 点は欲しい。スポーツ報道向けではないのだろうから、連続撮影能力は低くても構わない。但し、コンティニュアス AF は、一応必要だろう、、、この辺りは、Leica S2 が実際に製品として出て来た際に、おおよその検討が付くと思う。ちなみに、Leica S2 の AF 測距点は中央 1 点である。旧 R レンズとのコンパーチビリティは、保持するのだろうから、AF レンズに関しては上位互換という扱いになるだろう。これら AF レンズが、旧 R ボディに装着可能(勿論、マニュアル)かどうかは、よく判らない。また、Leica S2 用のレンズを R10 で使う事が可能になるかもしれない。この逆は、望み薄だと思っている。大きさは、R8/9 のモードラ付きよりも遥かに小さくかつ軽量だと嬉しい。最後に価格は、、、Leica S2 の技術を織り込むのだろうから当然開発費は安く済むと期待しているが、Leica S2 がコケるとその分が回って来るから、、、う〜む。そんなところだろうか?

|

« La Boheme 南青山店 | Main | 雨々々、、、 »

Comments

いきなり大三元ズームから、というのはやめてやめて頂きたいです。そんなのは日本メーカーに任せておけばよいので。
やはり単焦点中心でお願いしたいですが、時代を考えると難しいですかねぇ・・・。
今時測距点が中央ひとつ、なんて仕様なら、レンズシステムもライカ独自の路線を取って欲しいです。
大三元ズームは風景写真中心の人にとっては便利でしょうけど、私のように街並スナップや花の接写ではまったく必要がないので。
ちょっと個人的要望過ぎましたね。(笑)

Posted by: KONDOH | Tuesday, 14 October 2008 08:55

KONDOH さん、お早うございます!

大三元 Zoom の功罪を敢えて言えば、広角から望遠まで原則 3 本で終わってしまい、単レンズを使う気持ちを無くしてしまう事、、、。

明るさにしても歪曲にしても不完全なのに、レンズ評ではそこそこの評価を取ってしまう、、、不思議な、、、レンズ群でありますね。

個人的には、また数年、、、掛かるかもしれませんが、新設計の単レンズ群を見てみたいです。可能であれば、マニュアル操作でも使えるつまり銀塩時代のボディとも互換のとれるレンズ・システムだと嬉しいです。

ただ、マニュアルレンズ群と同じように愛せるかと言うと、、、う〜むでは、あります。

Posted by: 野本 巖 | Tuesday, 14 October 2008 09:21

愛ゆえに揃え、ROM化もしておこうかどうしようか。それが問題です。

Posted by: MiMoFa | Tuesday, 14 October 2008 19:34

非ROMレンズでもレンズ情報が手動入力できればまだしもですが、、、
Leica社がそこまでやるかといえば、?ですね。まあ、急ぐことはないので、実物がお目見えしてから考えることにしますが、それよりもやはり、気になるのはお値段ですね。
いくらでも買うというほど余裕はないですし、、、ま、その場合はEOSに向かう道しかないのかなぁ、、、

Posted by: tamura | Tuesday, 14 October 2008 20:14

MiMoFa さん、

アタシは、多くのレンズが Non-ROM です。
どうしましょうか、、、うぅ。

Posted by: 野本 巖 | Tuesday, 14 October 2008 20:34

tamura さん、

これは、希望的観測ですが、無茶苦茶な価格にはならないと思います。
確かに Leica S2 なんかは、高いですが、、、他社の中判デジタルから考えると「安い」となりますから、、、。
また、ライカ社は、、、単に高くすれば良い、、とは考えていないフシがあります。期待したいです!

Posted by: 野本 巖 | Tuesday, 14 October 2008 20:36

わ~い、大いに期待しちゃいますよぉ!
取りあえずHASSELBLADのCFレンズを差し出して、頭金は準備完了です。

Posted by: tamura | Tuesday, 14 October 2008 20:45

ひょぇ〜〜〜 !早い、、、ッス、、、(°口°;)

アタシは、まだ何も考えてませんです、、、うぅ。


Posted by: 野本 巖 | Tuesday, 14 October 2008 20:53

やっぱり早いですかねぇ。自分でもちょっと気が早すぎると思ったのですが、、、でもなんか先に楽しみがあると思うとじっとしているのがもどかしくて、、、(笑)まあ、ハッセルの玉はCFとCのダブル体制でしたので、ちょこっと整理したということです。そういえば、F玉もあったなぁ、、、

Posted by: tamura | Tuesday, 14 October 2008 21:20

はい、、かなり早いです、、、(^^";ゞ

でもその気持ちはよ〜く判りますです、、、\(*^ ^*)/

Posted by: 野本 巖 | Tuesday, 14 October 2008 22:21

私はこれまでの発言からズーム派だと思われているだろうと思いますが、必ずしもそうではありません。
取材や民俗行事、風景の場合、撮影ポジションが限られる場合が多いため、構図を重視すれば「性能さえ良ければズームのほうが有利」と考えています。
ですから現在主力となっているニコンで通常撮影に行く場合、勢いズームレンズを使うことが多くなります(ナノ大三元欲しいです)。
ですが最初から狙う被写体が決まっている場合、ブツ撮りとか昆虫や花などを撮影する場合、200mm・105mm・60mmの各マクロだけ持っていく、、、というように完全に単焦点レンズ派になってしまいます。
またRを使う場合とニコンを使う場合で「撮り方」が全く違うのだと思うのですが、私はRのズームレンズを1本も持っていません。
ただし現在ニコンで撮影しているような領域をRでカバーする場合、ズームのほうが便利なのかもしれませんが、、、、。
例えばポートレートを撮影するなら、あえてズームを選択する理由はないと思います。
私の場合、そういう機会がないだけで。もしあれば、Rなら35mmf1.4・50mmf1.4・AMEかなあ?
より変化を求めるならこれに19mmと280mmを加えるのでしょう。
性能の良い単焦点が発売されにくい状況は、やはり寂しいですよね。

LEICA社の場合、今回発表されたS2対応レンズのラインアップを見ても、ズームが主体になるという心配はないのではないでしょうか?
仮にそうであったとしても、十分な性能を持っていることが予想され、とても楽しみです(現行レンズの値段を考えると買えないでしょうけど)

もし新たに単焦点を物色するとすれば、私の場合85mmf1.8クラス(Rなら90mmf2)、そして180mmクラス(この領域はズームかなあ?)になるのでしょう。
RはAMEを持っているのでいーか。でも90ズミクロンのコンパクトさは魅力的です。

AFに関していえば、レリーズボタンから指を離すたびにフレーミングを変えて測距しなおすのは非常に面倒なので、測距ポイントが中央1カ所なら、AFを使うことは私に関していえばほとんどないと思います(最低9個は必要?)。
AFがどうしても必要な場面と思えば、Rレンズでないのは残念でもニコンのダイナミックAFを使うでしょうし、、、どうお考えになりますか?

Posted by: RAVEN | Wednesday, 15 October 2008 18:34

RAVEN さん、

R System 或は、S System に AF が必要か?と云うと疑問ではありますが、そういう需要があるのは、間違い無いと思います。
従って、AF レンズだけれども MF でも十分に使えますよ、、、という路線、、、これを迎合と呼ぶか洗練と呼ぶかは微妙ですが、、、。

AF で被写体を追うといった状況では、本物の AF が必要なのでおっしゃる通り、Nikon 或は Canon を使うと言うのが正解だと思いますが、、、。

まぁ、AF は、飾りかと、、、(^m^;;

Posted by: 野本 巖 | Tuesday, 21 October 2008 10:57

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« La Boheme 南青山店 | Main | 雨々々、、、 »