« 京都オフ (IV) | Main | 京都オフ (VI) »

Friday, 05 December 2008

京都オフ (V)

Img_0921今回、興聖寺、平等院と宇治を巡り、最後に tamura さんに連れて行って頂いたのが、山科の勧修寺。地元の人は、町名にもなっている「かんしゅうじ」と呼び習わしているらしいが、正確には「かじゅうじ」と呼ぶのだそうだ。歴史は古く、醍醐天皇の御代だから、千年以上の歴史ある古刹である。兵火によって焼失、勢いが衰えるが、江戸時代になって皇室と徳川家によって復興された。画像の観音堂は、昭和初期に建立されたもので、氷室の池を擁し、時期によっては杜若と睡蓮が咲き誇る、素晴らしい景色が撮れるそうである。
Img_0928Img_0929Img_0930勧修寺を辞したところに咲くピラカンサ。オレンジ色の実がたわわである。路撮ファンには堪らないであろう、漆喰塀の何とも言えない文様とトタンの模様。京都で見ると、何か歴史的意味合いがありそうな気さえする。何と言っても東京とは歴史の重みと深さが良くも悪くも違う感じがする。
(IXY10, CameraRAW, CS3)

|

« 京都オフ (IV) | Main | 京都オフ (VI) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 京都オフ (IV) | Main | 京都オフ (VI) »