« Hong Kong 2009 Summer | Main | 試写 »

Saturday, 22 August 2009

Olympus ZD 25mm/f2.8 on DMC-G1

_1010022筆者が所有している 4/3" レンズの内、micro 4/3" 規格で、AF が可能なのは、本レンズのみである。一言で言えば、4/3" 陣営内の混乱を露呈する様な始末ではある。つまり、華々しく登場した 4/3" システムであったが、開発当事者の Olympus さんは、小型軽量の機種 (E-400 等) を投入する事によりそれなりの成功を収めていたが、Panasonic さんは、DMC-L1 が大コケして、開発陣は青ざめた、、、のであろう。しかし、天下の Panasonic さんは、失敗の原因を徹底的に究明して、その敗因は「大きさ」、「重さ」にあると、、、で、micro 4/3" は、どちらかと言えば Panasonic さん主導で押し進められたような気がする。Olympus さん内部には異論もあっただろうが、天下の Panasonic さんには表立って異論を唱える事はできない、、、せいぜい、E-3, E-30 を出して、抵抗の意志を見せたのではないだろうか?しかし、Panasonic さんの戦略は正解だった。同社の DMC-G1, DMC-GH1 は、異例の販売数を誇り、Olympus さんの E-P1 に至っては、待ちの状態が長く続いた。「こ、これは儲かる!」と呟いたかどうかは知らないが、micro 4/3" に突進だ。筆者や他の 4/3" ファンが大枚はたいて買った Olympus 製 3 本の松ズームが、MF での使用のみになろうとも、、、である。文句を言う気は無い。あれ程血道を上げた Leica 社に R System を反古にされた事に比べれば、痛くも痒くもないレベルである。世に Nikon さん「しか」信用しない層があると聞く。そりゃそうだ、Nikon さんは、少なくともマウントの互換性に関してはファンを裏切った事が無い。勿論、Nikon G レンズには絞りが無いので、MF ボディとの組み合わせでは実質使用不可であろうとも、、である。
但し、筆者は恨み節をいつまでも連ねるタイプでは無いから、今後、取捨選択して行くのみである。
(DMC-G1, ZD 25mm/f2.8, Camera RAW, CS4)

|

« Hong Kong 2009 Summer | Main | 試写 »

Comments

野本さん、こんばんは。
香港の写真、見せていただきました。
個人的に惹かれるのは「お食事」の写真であります。
Rレンズほどの迫力を求めるのは酷だと思いますが、G1の軽さがありがたい場面があるかもしれませんね。

ところで「鹿」ではありませんが、私もNikonを「信用している」一人だと思います。
数あるカメラを前にして、イザという時に持って出るのは、やはりNikonだと思います。
私はRを仕事で使う「無茶」をしていた人間ですが、バックアップとしてNikonは外せませんでした。
出張で複写をした際、R8+AMEが動かなくなったときに(大型ストロボによる接点異常で)、助けてくれたのが NikonF4+micro105mmでした。
長年付き合っているし、とても感覚的な話ですが、ニコンが一番「手になじむ」のです。安心感からいって外す理由は全くないと言えます。
だから例えばS2を買う資金が仮にあっても、私の場合やはりNikonSystemの充実が最優先になると思います。「実用性」で。

micro4/3"は、被写界深度の深さが魅力なので、私は強拡大マクロ用として興味があります。となるとストロボシステムが充実したOlyさんになるのでしょうが、余裕があればの話です(Panaさんのライブビューmicro4/3"は、EVF付きでファインダー像が見やすければかなり魅力的だと思います)。
先日E-P1を手にしてみたのですが、同じライブビューカメラのCanonG10で、ズーミングを思った場所に止められなくて四苦八苦していることを考えれば、マニュアルでズーミングできるのはとても快適だなと感じました。

それにしても4/3”は、レンズ内駆動なのだから、端子で電源供給してmicro4/3"でもAF使えるようにすればよいのになあ。
NikonのGレンズは確かにAi連動カメラでは使えないのですが、例えば70-200F2.8の新製品が発売されても、絞り環のあるDレンズも発売し続ける、という律義さがNikonなのだと思います。(値段は上がりましたけど)

Posted by: RAVEN | Saturday, 22 August 2009 03:11

追伸です。Ai連動カメラというよりも、MFカメラといった方が正しいですね。
AFボディにもAi機構は載っているし、、、、

Posted by: RAVEN | Saturday, 22 August 2009 03:30

おはようございます。
オリンパスさんが4/3で出していたボディ、レンズを正直申しまして冷ややかな目で見ていたのですが、パナソニックさんから micro 4/3が出るに及び、「これこそ4/3を生かす規格!」と思ったものです。
結果GH1を購入したわけですが、EVFもそれほど不満もないですし満足出来るカメラと愛用しています。
4/3は microだけがいずれ残るような気もするのですが・・・。

Posted by: KONDOH | Saturday, 22 August 2009 07:26

私はいろいろな所蔵レンズ、特にRとMとがadapter(それも一応ライカと提携?していねPanaさんから)を使用することで両方とも混在して使えることが魅力でMFT(E-P1)を購入しました。fucusの点で問題が有ります(レンズの無限ではぼけてしまい、少し近接した目盛りのところで無限に合います。CCDが少し前方に固定されているためと思います。)が一応イメージビューでも使えるようになりました。短焦点では部分拡大イメージビューでfocusだけ確認して、後は外付けファインダーで撮っています。まだなれていないので、つい、ファインダーを探している自分に笑ってしまいますが、その内M8などでもライブビューの構えで写真を撮ろうとして苦笑するようになると思っています。皆様ご指摘のようにMFTの小型化は画期的で、今までの資産に関係ない方達の為に?ライカ製の高級単焦点が出るとよいなぁ--。私も今後MFTが主流になりそうな予感がしています。

Posted by: いちろう | Saturday, 22 August 2009 08:33

野本さん、皆さん、こんにちは。
MiMoFaです。
ちなみに、E-P1はアダプタ経由でのAFの利用範囲が拡大しています(速度はそれなりにしか出ませんが)。
http://digital-faq.olympus.co.jp/faq/1028/app/servlet/qadoc?DI102606
G1、GH1もファームアップで対応して欲しいところですね。
では、失礼します。

Posted by: MiMoFa | Saturday, 22 August 2009 08:50

OMファンの延長でE-3を買ってみましたが、OMファンであったがために?馴染みきれませんでした(-_-)

m4/3...次の機種辺りからはそろそろ物欲モードになると思いますが、出てから考える事にしています。
なんだかM9もフルサイズで出るとの噂もちらほら聞こえているので、Rレンズアダプター経由かつライブビューが可能ならM、R、その他の色んなレンズが使えるSuper Leicaになるのかなぁ、楽しみにしています。

今の私はEOSですが、便利なはずのAFがかえって邪魔...になってます。
レンズのスイッチは常にMFだし、結局持ち出す機会の多いのはアダプターの付いた5D MkIIとRレンズ。
別に意固地になっている訳ではないのですが、その方が使いやすいもので。
R10の夢は叶わないまでも、RマウントのD-SLRは何らかの形で欲しいですね。

Posted by: ボン村上 | Saturday, 22 August 2009 08:54

スイマセン、、、お返事、ちょっと遅れます。

Posted by: 野本 巌 | Saturday, 22 August 2009 15:50

RAVEN さん、

アタシも Nikon さんは、一通り持っているのですが、R9 + DMR の代替機としては、その大きさ、重さが、、アカンのです。D3 の高感度特性は、写真の新時代を築く、、と判っていても R システムとの併用はあまりにも重い、、で、DMC-G1 なんです。

感覚的には、EOS デジタルの方が、操作系の考え方が好きであります。ややエエ加減というか、、流れが良い様な気がします。

Ai のマニュアル・レンズ、、存在はしますが、、随分、寂しくなってしまいましたね、、、でも、有るだけ偉いなぁ。

Posted by: 野本 巌 | Sunday, 23 August 2009 14:19

KONDOH さん、

micro 4/3" 「のみ」が生き残る、、、将来的にはアタシもそういう気がします。Olympus さんが、百万言を呈して、色々な理由を並べても買う側つまり消費者が納得しないですよね、、、。やや、商品企画の段階でコケた、、、気がしないでもありません、

micro 4/3" は、所謂、フルサイズを代替するシステムではありませんが、実用性つまり小型、軽量化を押し進めれば、面白い展開が絶対に有ると思います。

Posted by: 野本 巌 | Sunday, 23 August 2009 14:22

いちろうさん、

今回の旅で E-P1 の実戦投入、、楽しみですネ!

噂の DMC-GF1 の画像には、20mm と Macro-Elmarit 45mm/f2.8 ASPH.(?) の画像が流出していますので、ライカ社がプライム・レンズを供給するのは間違い無いと思っています。

アタシは、DMC-GF1、、、、EVF が有れば絶対、、無くても逝っちゃうと思いますです。

Posted by: 野本 巌 | Sunday, 23 August 2009 14:26

MiMoFa さん、

情報、有り難うございますです。

このファームアップは、した覚えが有るのですが、、ZD 25mm/f2.8 と DMC-G1 の組み合わせでは、焦点が合う前後で、レンズがくきくきって挙動をしますね、、、それで良いのかしら?

Posted by: 野本 巌 | Sunday, 23 August 2009 14:28

ボンちゃん、

そーなのよ、、R レンズの将来が定まらないと、、他に手を出し難いのよね、、、う〜む。

でも、全く別系統と考えると micro 4/3" はお薦めよ!

第一、軽いし小型だし、、、コンデジの延長線みたいな、、、。

Posted by: 野本 巌 | Sunday, 23 August 2009 14:30

MiMoFa さん、

おっしゃっている意味が、理解出来ました。

DMC-G1, GH1 では、AF 不能のレンズ群が、E-P1 では AF 可能なんですね、、、、(;^^A

うーむ、、これは早急にアップデートして欲しいです。

ZD 7-14mm/f4 が実用になるとこれは大きいです!

Posted by: 野本 巌 | Monday, 24 August 2009 00:49

野本さん、こんにちは!

使い慣れているし、メニューの階層もある程度頭に入っているのでNikonの操作性に不満はありません。
最近の、少なくともニコンのデジ1は、二つの電子ダイヤルの機能割り当てから回転の方向(右に回せば絞り開く、みたいな)まで設定できるので、他のデジ1、特にキヤノンとの共用がしやすくなっているようです(ちょっと興味アリ)。
α900あたりも興味はあるのですが、当地では見たことがありません(^-^;

先日ritomoさんとも話したのですが、フルサイズのM9が外付けでもEVFを搭載して、M-Rアダプターをアクセサリーとして付けてきたら(それがRユーザーへの「答え」だとしたら)、野本さんはどう評価なさいますか?

Posted by: RAVEN | Monday, 24 August 2009 11:41

RAVEN さん、

Nikon さんと Canon さんの不思議な歩み寄り、、、CF の設定で、どちらかの操作性に合わせる事が出来る、、、というのは、或る意味、画期的であります。マニュアル時代は、絞りリングの回転方向まで違っていましたからネ!

さて、もしも M9 に外付け EVF が付いて、M-R アダプターが出て、R フリークへの回答だとしたら、、どうしましょうかねぇ、、。

まず、EVF を搭載して来る事は無いと思います。が、ライブビューが付いたら、R レンズの近接域が生きて来ますね。ちゅーか、M9 にライブビューが付いたら、ライカ社側が意図するしないに関わらず、サードパーティの M-R アダプターを介して R レンズを装着して撮る事が可能になりますから、それは使い方としてはアリだと思います。では、アタシが M9 を買って、そういう感じで R レンズを付けて使うかと言うと、、、悩みますね。正直、あまり魅力は感じませんが、それしかないというのであれば、渋々、、、かなぁ?
いえいえ、、、アタシは、近い将来、ライカ社の Leica S2 がコケて、、、やっぱり R ファンを大切にしなくちゃ、、、と改心してくれる事を期待するのが一番であります、、、(;^^A

Posted by: 野本 巌 | Monday, 24 August 2009 18:59

うぅ、私は「コケろ」とまでは言えません。
それでは開発の方々があまりに不憫、、、、、
(そーいえば Penta645Digiはどうなったんでしょう? 出るという話があったきり、、、、)
S2とM9に大成功してもらって、「もしかしたらRも売れるかもしれない」ぐらいに思ってもらえればいいかと、、、、

ライカ・ジャパンの方がオーダー済みの2台を売りさばくのに苦しんでいるそうですが、日本で何台売れるのでしょう?(某センセイは買うのをお止めになったそうです)

Posted by: RAVEN | Monday, 24 August 2009 23:17

RAVEN さん、

ちゅーか、、デジタル部分を担当した(と思われる) Phase One 社とは、訣別しちゃいましたからね、、、ライカ社。訣別の理由は、判りませんが、、、思うに、Phase One 社は、ライカの知名度を活かしたかった「だけ」、ライカ社は何かしらのデジタル新製品を出したかった「だけ」、、、ではないかと。勿論、アイディアは社内にあったのかもしれませんが、悪く言えば欲と欲がぶつかった、、、みたいな、、。

M9 だって、もう M9 かよ、、、って感じます。シアン被りはどうなってるんでしょうね。フルサイズセンサーを載せたとして、周辺が使い物にならないなんて事はないですよね、、、詰問調、、、(;^^A

ライカ・ジャパンさんに罪は無いですが、アタシは Harr Kaufmann が、Photokina 2008 で、約束した R レンズ互換のアダプターが有り得なくなった時点で、諦めました。

ライカ社に栄光と長寿を、、、なんちって、、、(^^";ゞ

Posted by: 野本 巌 | Monday, 24 August 2009 23:56

そーでした。
Rアダプターが大前提でしたものね。
レデューサーみたいにマイナスの光学系入れるんやろーか? とか想像し、ま、S2は買えないものな、と思いながらも楽しみにしていましたが、、、、
詰問調といっても、ユーザーとしては当然の要望、というか愛のムチですから、、、(;^^A

ほんに長寿を祈りたいものです。

Posted by: RAVEN | Tuesday, 25 August 2009 02:30

RAVEN さん、

言い切ってしまえば、中判とか大型センサーとかコマーシャル用途とか全く興味が無いです。あくまで、35mm (135 フォーマット) であります。技術的には、Leica S2 に、R レンズ、、、勿論、絞り連動で、、、を使う事は可能だと思います。CCD (CMOS) の大きさだって、最終的にマスクすれば良いのですから。

結局、35mm 判を作り出したライカが、自らそれを捨ててしまったという皮肉な事態に対して世の中がどう考えるかなんだと思います。

気を遣った言い方をすれば、Leica S2 は、ライカ社の為にも成功して欲しいとオトナは言うのでしょうが、アタシは、ガキなので「コケろ!」と思ってしまったのであります、、、あはは。

Posted by: 野本 巌 | Tuesday, 25 August 2009 08:10

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Hong Kong 2009 Summer | Main | 試写 »