« 香港 IV | Main | Hong Kong 2009 Summer »

Thursday, 20 August 2009

香港 V

_1000994横位置(昨日)と来れば、ご明察の通り縦位置の登場。通り掛かったらたまたま鳩が止まっていたので、IFC ビルディングをバックに撮影。この鳩、とんでもなくやつれている。日本のドバトとは種類が違うのだろうが、羽根もボロボロ、栄養状態も良くは見えない。まさか、すんでのところで厨房で殺されずに逃げてきたのでは、、まさか。この縦位置の感覚は日本の掛け軸っぽい。不安定ではあるが、表現としては面白い。但し、ぴったりの題材を選ぶのは難しいだろう。今回の香港行きをまとめてアップするか思案中である。
_1000994s_2追記:RAVEN さんのご指摘に拠れば、この鳩は、カノコバトらしい、、、確かに、首の所に白い斑点がある。有り難うございます。
(DMC-G1, G Vario 14-45mm/f3.505.6 ASPH., Camera RAW, CS4)

|

« 香港 IV | Main | Hong Kong 2009 Summer »

Comments

香港でキジバト似ということは、カノコバトでしょうか?
英語では「Spotted-Necked dove」というらしいです。

日本のキジバトよりも尾羽が長いのでしょうか?
心なしか精悍に見えます。

私も1度だけ香港に行ったことがありますが、日本では珍しいアカガシラサギがゴルフ場で群れをなしていたり、見る鳥見る鳥が日本と違うのでとても楽しかったです♪

http://images.google.co.jp/images?hl=ja&rlz=1C1CHMG_jaJP291JP304&um=1&sa=1&q=カノコバト&btnG=画像検索&aq=f&oq=

Posted by: RAVEN | Thursday, 20 August 2009 00:36

RAVEN さん、

有り難うございます。

似ている様な、似ていない様な、、兎も角、日本の鳩よりも精悍であります。

blog. の画像に鳩の 100% Crop を追加してみましたけど、カノコバトみたいですネ!

しかし、RAVEN さんは、よくご存知ですネ!
凄いです!

Posted by: 野本 巌 | Thursday, 20 August 2009 01:13

おっしゃるように縦位置というより、掛け軸ですねぇ、、、一見痩せた(実は精悍な)鳩と傾いた?パイプで非常に不安定に見えますが、背景のどっしりした安定感が画面の均衡を保っていますね。空と海のバランス鳩の位置などなど、、、やはり写真は画面構成次第という良いお手本のような写真だと思います。

暑い中、香港ご出張お疲れ様でした。でもなんだろう、、、中華(香港)料理食べに行ったのかなぁ、、、(爆笑)

Posted by: tamura | Thursday, 20 August 2009 09:49

tamura さん、

このフォーマットで、良いだろうなぁと思うのは中国の桂林の風景、、、やっぱり掛け軸ですよね。元々、映画用のフィルムを二分割する事で始まった 35mm フォーマットでさえも縦長(横長)と言われているくらいですから、16:9 フォーマットはやはり横位置に特化した産物の様な気がします。

殆ど、食いまくり、、、の出張でしたが、やはり元気を貰った気がします、

Posted by: 野本 巌 | Thursday, 20 August 2009 11:03

うぅ、野本さんに「凄い」なんて褒めていただくと、むずがゆくって白状せざるを得ません。
 以前鳥関連の本を作っていた時、東南アジアにキジバトの近縁(?)がいたのは知っていたのですが、写真を見た時には名前が出てきませんでした。
香港に行った時に買ってきたはずの簡単な鳥の図鑑を探しても、本自体が見つからず、しばらくのたうちまわった末に降参して「キジバト 似た 香港」でググったのです。
(知ったかぶりしてりゃーいいのに、自分でオチをつけずにいられないんですw)

 ところで、まるで「精悍でない」とケチをつけたようなキジバトの名誉のために付け加えると、キジバトが羽をたたんで急降下すると、まるでハヤブサか? と思うようなゴーッという風切り音がします。
飛ぶ姿はとても格好いいです。

それにしてもこの暑いのに、さらに暑い香港に行って食いまくってくる、、、、野本さんのパワーの源を見た思いです。

Posted by: RAVEN | Thursday, 20 August 2009 14:10

RAVEN さん、

いえいえ、、そーやって調べる術を知ってらっしゃるのもワザのうち、、、素晴らしいです。

中国人が自分たちを揶揄して曰く、俺たちゃ、四つ足はテーブル以外何でも食っちゃうから、、、と、、。でも鳥の生肉の恐ろしさは身にしみているらしく、日本で、鳥わさとか出てもなかなか食べようとしません、、、。つまり歴史的に鳥を生で食う事が如何に危険かを知っているんですね、、勿論、卵も生は原則×であります。

アタシは、あの暑さと湿気には辟易しますし、決して住みたいとは一度も思った事ないのですが、何故か好きであります、、、。住人のパワーもそうですが、もしかしたら遠いご先祖は雲南省から香港経由で日本に渡来したのかもですね、、、あはは。

Posted by: 野本 巌 | Thursday, 20 August 2009 14:30

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 香港 IV | Main | Hong Kong 2009 Summer »