« 嵐の月末 | Main | 手振れ補正 »

Tuesday, 01 September 2009

9 月 9 日

ライカ社が、新製品に関しての何らかの発表をするそうだ。現地、午後 3 時だから日本時間午後 10 時。
既定路線の Leica S2 は、当たり前として、噂の フルサイズ M9、、、、だろうか、、、それと何だろう?初心者からプロ並の方々向けだそうだ、、、Panasonic DMC-GF1 のライカ版を出すのだろうか?micro 4/3" システムには手を出さないんじゃ無かったかな?
R の代替機、、、有り得ないか、、、あまり期待しないでいよう。

|

« 嵐の月末 | Main | 手振れ補正 »

Comments

おはようございます。
9回裏、代打逆転満塁ホームランでR10の発表だったりして・・・。
って、有り得ませんですね。(笑)

Posted by: KONDOH | Tuesday, 01 September 2009 07:58

KONDOH さん、お早うございます!

「革新的かつ初心者からプロ並みの方々まで、、、」がフレーズですから、、、う〜む。

あ、、ドイツでは野球はやらないか、、、う〜む。

しかし、Leica S2 - R マウント・アダプターの件もそうですが、これで micro 4/3" をやると、、前社長は、嘘つきだと言う事になりますネ。どこかの国の政治家じゃあるまいし、、、。

Posted by: 野本 巌 | Tuesday, 01 September 2009 08:21

日付からはM9の発表というのが妥当な線ですね。革新的というのはフルサイズを指してるのかしら…。

Posted by: tamura | Tuesday, 01 September 2009 10:38

tamura さん、

M9 は、間違い無いでしょうが、、、、products と複数形になってるので、他もあるのでしょう、、、。

Posted by: 野本 巌 | Tuesday, 01 September 2009 10:50

個人的に面白いかなぁ、と思うのはビゾフレックスR。これならM9のアクセサリーとして出せますから、、、って、こんなややこしいアクセサリーは出るわけないですね。(笑)

Posted by: tamura | Tuesday, 01 September 2009 15:31

僕はEVF付きM9に一票です・・・(^^:)

Posted by: ritomo | Tuesday, 01 September 2009 16:28

希望的観測としてはritomo先生と同じ、なのですが、「初心者からプロ並の方々向け」というのが引っ掛かります。
Mシリーズは、初心者を対象にしていましたっけ?
(実際にはMシリーズからカメラを使い始める方もいますが)
となるとGF-1のライカ版という線もあるのかも、、、、、

EVFの場合、フルサイズの高倍率ファインダーだといいですね。

Posted by: RAVEN | Tuesday, 01 September 2009 19:04

野本センセイ、皆様ご無沙汰いたしております。
伏水改めnaowestです。
噂のM9、今朝「leica m9」でググったらライカジャパンのホームページにテストアップされたと思しきM9のページがヒットしました。
残念ながらキャッシュページですので写真は表示されませんが、記事から興味深い内容が判明しました。

新開発35mmフルサイズCCDセンサー
当然ながらIR/UVフィルターは不要
サイズは139×37×80mmとM8と全く同サイズ
材質も同じくマグネシウム合金と上下は真鍮削り出し
ボディカラーはブラックペイントとスチールグレーペイントの2種類
ということらしいです。

革新的というのは「同クラスのデジタルカメラでは世界初となる、特別に設計したフルサイズのCCD」のことのようですね。

以下がURLですが、グーグルのキャッシュがなくなり次第表示されなくなると思いますのでお早めにご覧ください。

http://74.125.153.132/search?q=cache:Fzqtrlfo1LEJ:leica-camera.co.jp/photography/m_system/m9/+;Leica+M9&cd=15&hl=ja&ct=clnk&client=safari

Posted by: 伏水改めnaowest | Wednesday, 02 September 2009 10:31

tamura さん、

Viso ですか、、!

こういうアクセサリーを作れた時代のライカは V9 時代の巨人軍みたいなもんでしたんでしょうね、、、(;^^A

EVF さえあれば、R レンズを使ってピント合わせが出来るのですが、、無理だろうなぁ、、、。

Posted by: 野本 巌 | Wednesday, 02 September 2009 10:44

ritomo さん、

今のライカ社に M9 ノーマルと M9 EVF の 2 台を作るキャパは無いとも思います。
アタシは、R レンズが使えるのであれば、M9 EVF を積極的に導入しますが、、、。

Posted by: 野本 巌 | Wednesday, 02 September 2009 10:46

RAVEN さん、

おっしゃる通りですが、M System を EVF にすると、うるさ方のライカファンが暴動を起こしそうですね、、、(^m^;;

正常進化でフルサイズ CCD 搭載止まり、、、かなぁ、、。

Posted by: 野本 巌 | Wednesday, 02 September 2009 10:47

naowest さん、

こ、これはスクープでありますよ!

1800 万画素フルサイズ CCD、、、、かぁ、、R だったらなぁ、、、ぁ。
興味を引いたのは Adobe Lightroom 同梱なトコロ、、、。Phase One とは、キレたんですものね、、、。

Posted by: 野本 巌 | Wednesday, 02 September 2009 10:51

野本さん、私もそう思います。
「レンジファインダーであることの意義」を訴えるMユーザーは強烈ですから、、、、
EVFで二重像合致を実現しても、Mユーザーが納得してくれるかどうかわかりません。

ですからEVFがあっても外付けだろうなあ、とは思っていたのですが、今回の「革新」はライカ判のようですね。

ということは「Rユーザーのための方策」は別にあるということですか?(現時点では外付けがないのかもわかりませんが)

付属ソフトがまた変わるのですね。
野本さんはCaptureOneを使い続けるのでしょうね?
提携先が変わってもファイルを使い続けることができるのは、DNGの救いかもしれませんね。

Posted by: RAVEN | Wednesday, 02 September 2009 16:30

追伸です。

RSystemを終了する、となった時点で暴動を起こさなければならなかったのかも。
うるさ方もいることですし。

Posted by: RAVEN | Wednesday, 02 September 2009 16:33

RAVEN さん、

大山鳴動して、、、M9 と、、他は何だろう?

外皮だけ変わったライカ銘の DMC-GF1 が一緒に出るかもしれませんが、その時は、その時で、、取り敢えずヨドバシさんで、、、あはは。

確かにデザインの洗練は凄いですが、待てないのと、価格が高いのが引っ掛かりますです。

R ユーザーへの方策は、、今後の課題程度の認識でしょうから、、。
今回の発表で何か出るとは正直思っていませんです。
まぁ、DMR があるからいいです、、、うぅ。

DNG は、あのフォーマットそのものに難があると思います。ユニバーサルな RAW のデータ基準(?)がそろそろ定まっても良いと思うのですが、、、。


Posted by: 野本 巌 | Wednesday, 02 September 2009 16:39

RAVEN さん、

暴動を起こしても、何も得るものはありません、、、。

アタシは「(元)社長の嘘つき〜〜」とは、言いましたが。

(;^^A

Posted by: 野本 巌 | Wednesday, 02 September 2009 16:41

こんばんは

M9はフルサイズですか!それは凄いですね。

EVFが無くても、液晶モニタでライブビューさえ出来たら、アダプターでRレンズが存分に使えますよね。

レンジファインダーを省略すれば2~30万円くらいで出来そうな気がしますが...

Posted by: Roberto | Thursday, 03 September 2009 01:14

Roberto さん、

おそらく、ライブビューは、無いでしょう。つまり、R ファンは、がっかりであります。それに、個人的意見として、M 型の軍門に下るくらいなら、いっそのこと自害したい心境であります。

でも、RF 省略版が出たら、、、弱いアタシは買ってしまうのでしょう。

M9 をホイホイ買わないのが、個人的な「抵抗」であります。

Posted by: 野本 巌 | Thursday, 03 September 2009 01:24

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 嵐の月末 | Main | 手振れ補正 »