« 多摩川と渋谷 | Main | 新しい楽器 »

Thursday, 10 September 2009

M9 & X1

M9_black_animation_topX1_topX1_backLeica R の新製品の情報でもあれば、当然、昨日は家に引きこもり今か今かと固唾を飲んで発表の時刻を待つつもりだったが、事前の情報でそれが無い事が判っていたから、会社が終わって飲みに行った。結局、ネット上その他で流布していた情報のまま、、、意図的なリークもあったのかもしれないが、、、無事、M9 と X1 が発表されたようだ、、、(他人事)。M9 は、M8, M8.2 の正常進化型と云えば聞こえは良いが、やっと M 型デジタルの正規版が出て来たと受け止めている。つまり、M8 は言わばプロトタイプ、実験機だったのである。フルサイズ 1,800 万画素の CCD を搭載し、各部をブラッシュアップかつコストダウンし、M8 を実験機たらしめていたシアン被りの問題をクリアーしている。ファインダーの見えはどうだろうか?恐らく、M8.2 程度だろうから見当器と思った方が良い。かなり、醒めた言い方をしているようだが、そうでは無くて、M9 は良い製品に仕上がったと思う。価格帯もフルサイズ機としてそれなりに適切だし、必要十分の等身大の製品だと思うが、「今のところ」興味が無いだけである。もう一つは、X1、これも事前情報の通り、APS-C センサーを搭載したレンズ固定機。24mm の ASPH エルマリート(35mm 判換算 約 35mm)の made in Germany (一説には、Panasonic 製との噂も有るが、、、)である。にょきにょき全長が伸びる 24mm エルマリートは、使いたく無いからパス。筆者としては、前述の「今のところ」で、微妙なニュアンスを表現したつもりであるが、R System の行く末が決まらないと、、、といった思いでいっぱいであるから、「暫くは」と表記する方が適切である。
ライカ社よ永遠なれ!

|

« 多摩川と渋谷 | Main | 新しい楽器 »

Comments

こんにちわ。

直前に

http://www.bjp-online.com/public/showPage.html?page=868560

“The R10 beta tester says that the finder is so bright that Leica delivers sun glasses for free with the camera! Much brighter than good old SL2.”

なんて情報が流れて色めき立ったんですけどね。

Posted by: HY | Thursday, 10 September 2009 09:14

S2はどうなったのでしょうね?

M9は良くできたカメラのようですね。M10が出て半値になったら欲しいかもです。
その頃M8は中古10万円くらいで買えたりして。

Posted by: Roberto | Thursday, 10 September 2009 10:05

HY さん、

そう言えば、ご丁寧にそのテスターのサングラスを掛けた写真も公開されてましたネ、、、(;^^A

R は、死なず、、、消え去るのみ、、、と思ってますから、来年の Photokina 辺りまでは、望みは捨てないつもりです。

Posted by: 野本 巌 | Thursday, 10 September 2009 12:50

Roberto さん、

S2 は、既定路線で、、発表されてますよ!

M8 中古は、安くなりますね、、、無価値になるかもです、、、うぅ。
デジタル物は、歴史にならないですね、、、仕方ないけど、残念です。

Posted by: 野本 巌 | Thursday, 10 September 2009 12:52

S2は思った以上にコンパクトですね。中判機としては。
(持ってる人の手がびっくりするほど大きいと別ですが)

価格を一切考えなければ魅力的なのかも。
世界中の富豪さんが購入してくれれば成功?

M9の素子はKodakさんでしたね。
X1の価格帯も、私には手を出せるものではありません。
CLのようにレンズ交換式だったら惹かれたかもしれませんが、、、、(ちょっと)

せっかくのイベントなのに、質疑応答の場面がなかったのは残念です。
きっと誰かが質問したでしょうに、、、、

Posted by: RAVEN | Thursday, 10 September 2009 13:03

追伸です。
せっかく「ライカ判」が実現したのですから、将来的には素子のバージョンアップなども実現すると良いですね。
(でも高いんでしょうね)

Posted by: RAVEN | Thursday, 10 September 2009 13:06

S2、出てました、失礼しました。

せっかくのフルサイズセンサー、Mだけではもったいないです。
ぜひDMRⅡを...みんな買いますよねー。

Posted by: Roberto | Thursday, 10 September 2009 13:44

RAVEN さん、

X1 をレンズ交換式にしなかった理由はただ一つ、、、M9 が売れなくなるから、、、ではないかなぁ、、、(;^^A

M9 は、良いですが、、2 年毎に更新して行くと考えると萎えますね、、。

Posted by: 野本 巌 | Thursday, 10 September 2009 15:52

Roberto さん、

DMR II の発想は、アリだと思いますが、価格が問題ですね。

でも出るといいなぁ、、、。

アタシは R デジタルを待っていたファンは多いと思います。
ライカ社の R 撤退の理由は、、、売れないから、、でしたが、それは
フィルムカメラとしての R9 が売れなかったのであって、何かライカ社は勘違いしていると思いました。

全世界 1 億人の R ファンよ、、立ち上がれ〜♪

Posted by: 野本 巌 | Thursday, 10 September 2009 15:56

私自身はフルサイズになったM9は相当売れると踏んでいますが、ライカ社としてはM10をどの程度性能を上げて、いつリリースするかが問題になるのでしょうね。
APS-CのX-1がたとえレンズ交換式でも「M9こそライカ」でしょうから、売れたと思うのですが、ライカ社は慎重ですね。

DMRⅡをサードパーティーが作るという可能性は残っているかもしれませんが、よほど余裕がある企業でないと、、、、、

Rファン、1億人はいないと思います、うぅ(;ω;)。
野本さん、ちょっとヤケクソ気味ですか?
「Rユーザーへのお返事なし」でしたからねえ。

Posted by: RAVEN | Thursday, 10 September 2009 16:16

RAVEN さん、

はい、、、M9 は、売れると思います。X1 も、、、。

そして、絶え間ない新製品の恐怖に怯えて過ごす事になるのです、、、うふ。

R ファンは 1 億人居ないかもしれませんが、EOS ボディ - R レンズを使っておられる方々で、R デジタルが出たら考えたいという生の声を沢山聞いていましたから、、、最悪でも、S2 より売れると思います。

ヤケクソではなくて、、傍観してるんですよ、、、。

但し、R ユーザーへの何らかの回答めいたものは、必ず出てくると思います、、、例え、他社のものでも。

Posted by: 野本 巌 | Thursday, 10 September 2009 16:23

すみません、ヤケクソは失礼でしたm(__)m
私も傍観、というよりボーっと観ている感じです。

例えばRシステム事業を買いたい、という企業があるとすれば、ライカ社は売るでしょうか?

Posted by: RAVEN | Thursday, 10 September 2009 17:13

RAVEN さん、

いえ、ライカ社は、、何だかんだ屁理屈付けて、、、ライカブランドの強みとか色々言って、リスクを取らせてアガリの 30% 位要求しそう、、。

あ、そうか、、アタシはヤケクソではなくて、ライカ社に対する不信感なのかもです。

オーナー兼元社長が公式に Photokina での取材に対して言った事柄を履行しないのは、会社としてオカシイです。

Posted by: 野本 巌 | Thursday, 10 September 2009 17:39

又もや、鱧の湯引きにタコの煮物、穴子寿司にソーメンを食し、一杯機嫌で姫路のネットカフェからの書き込みです。
M8は持っておりませんので、M9は買うつもりです。ただ、先月、実家の瓦が盛大にズレているのを見て見ぬ振りも限界とわかり、葺き替えをしました。それで、お金が有りません。
「no R10」を明言したライカの幹部は、ダニエルさんだと思いますが、彼は1年前のフォトキナでは、ポンカメ誌の取材にフルサイズMはマウントを変更しないと無理とか言っていたように思います。ということは、R10はあると信じてます。

Posted by: 鯖猫 | Thursday, 10 September 2009 20:21

鯖猫さん、

姫路暮らしは、如何ですか?

前社長のカウフマン氏が何か言う度に、ダニエルさんが火消し役。
まあ、どこの企業でも見掛けられる光景ですが、、、。

無理と言うのは簡単ですが、出来るというのは難しいです、、、。
そういう企業風土はないのかしら?>ライカ社

Posted by: 野本 巌 | Thursday, 10 September 2009 20:33

R10が出ないのは不満ですが、やはりMLレンズの資産の多い私としては、フルサイズ版(でマゼンダ被りしない)のM9は歓迎なので、とりあえずは予約してきました。

しかも黒にしたので、きっと入手には時間がかかるだろう・・と思ったのですが「お客様は早い予約なので、たぶん発売日に入手できるかも」とか言われてしまいました。

う~む、複雑な気分。

Posted by: ム | Thursday, 10 September 2009 21:37

DMRⅡはシャッターやレンジファインダーが無いぶんM9よりは安く作れると思うのですが、やはり売れないから高くなるかな~?

でもM9を見ていると、「ワインダーR」くらいのサイズと重量で出来そうな気がするんです...

50万円なら、買います(ローンで(T_T))

Posted by: Roberto | Thursday, 10 September 2009 21:52

X1はちょっと期待外れでした。買いたいとは思いません。メードインジャーマニーとは言ってますが、日本製のコンパクトデジタルカメラとの差別化が余りはっきりしません。私が触ったのはまだベータ(非完成品)でしたが、これに日本製コンデジの3倍の値段がつくとはちょっと疑問です。値段は度外視して予想外に良かったのがS2でした。オートフォーカスのスピートは流石に日本製の周回遅れでしょうが、カメラ自体の作りこみは流石にライカが社運をかけただけの事はあると思います(とりわけシャッターの感触)。これが10000ドル位であれば売れると思うんですけど、30000ドルじゃあな~。

Posted by: アカシア | Thursday, 10 September 2009 22:12

ムさん、

ご予約、お目出度うございます。

M9 は、よい機械であることは、判っていますから、購入にあたっては M8 発売当時より安心感があると思います。

沢山、撮って下さいネ!

Posted by: 野本 巌 | Thursday, 10 September 2009 22:56

Roberto さん、

DMR II という考え方があるかどうか判りませんが、個人的には、やはり一体型の方に分があると思います。デジタル・バックが新製品でも、R9 は旧型の電子部品ですから、陳腐化が早いと思うからです。

旧製品に後付けする製品の場合、必ずしも安くはならない、、、というのが通り相場の様ですが、、、。

Posted by: 野本 巌 | Thursday, 10 September 2009 22:59

皆さん、こんばんは。

ダニエルさんが「フルサイズMはマウントを変更しないと無理」と言ったのは、そう言わないとフルサイズ期待でM8に買い控えが起きると思ったからでしょう。
かつてはニコンさんもそう言ってましたから。

ライカ社が正式にRシリーズから撤退と発表したために、Rシステムを手放した人もいるでしょうから、復活させると怒る人もいるかも??
みんな怒らないでくれるといいけど。

Posted by: RAVEN | Thursday, 10 September 2009 23:00

アカシアさん、

Leica X1 は、それなりに売れると思います。ライカ銘の神通力は、カメラに詳しく無い層に逆に受け入れられ易いとも思います。

アタシは、レンズ・システムを含めた S2 に興味はありません。良いカメラなのは触っていないけれど判ります、、、R のレンズさえ付いてくれれば、US$ 30,000. でも逝ったと思います。つまり、夢の続きを見せてくれる機械だからであります。

Posted by: 野本 巌 | Thursday, 10 September 2009 23:03

RAVEN さん、

いやぁ、、、それくらいインチキなんですよ、、あの会社は、、、と義憤モード、、、(;^^A

真の R ファンは、ライカ社よりも寧ろ R System を信奉していますから、どこぞの会社がボディを出してくれれば、そちらに移行するのはやぶさかではありませんです。従って、簡単に売り飛ばしてしまうのは、ライカ・ファンであっても R ファンではない、、、としておきましょう、、、。

アタシは、喜んで移行先の会社の製品を買います。

Posted by: 野本 巌 | Thursday, 10 September 2009 23:07

>デジタル・バックが新製品でも、R9 は旧型の電子部品ですから、陳腐化が早いと思うからです。


ううぅ...R9...やはり、ハヤまりましたかねぇ...

いつまで修理出来るのかな...

Posted by: Roberto | Thursday, 10 September 2009 23:12

Roberto さん、

いえいえ、銀塩で使う限りは、、、SL だって、SL2 だって現役ですから大丈夫ですよ!

発展途上のデジタル技術は、陳腐化の速度が早い、、、と言う事です。

修理は、忘れるくらい大丈夫だと思います。

Posted by: 野本 巌 | Thursday, 10 September 2009 23:24

勇気をもらいました(笑 
R9でバリバリ行きます!

R6、R7あたりは、まだ修理出来るのでしょうか?

Posted by: Roberto | Thursday, 10 September 2009 23:35

良かったあ、売り飛ばしてなくて、、、まだRファンだ、、、、野本さん義憤モードだから、、、

でも他社がボディを発売した場合、新レンズはライカに作ってほしいですね?

私は半分期待、半分諦めで、将来は銀塩用かなと思いながら手放さずにいます。
描写が良いのは分かっているので。

Posted by: RAVEN | Thursday, 10 September 2009 23:42

Roberto さん、

はい!

R6, R7 も大丈夫だと思います。

Posted by: 野本 巌 | Friday, 11 September 2009 00:23

RAVEN さん、

アタシは、もう乗り換える元気も無いので、、持ってます。

もしも乗り換える場合は、最小限のシステムにするかなぁ、、、?

コンデジでいいなぁ、、みたいな。

Posted by: 野本 巌 | Friday, 11 September 2009 00:24

SシリーズではS2-Pという派生種も出すようです。S2との違いは何と背面のモニタースクリーン(サファイアグラス、M8.2と同様の仕様)だけとの事。これだけで値段が$5000前後違うようです。新製品発表会を主催したこちらのディーラーもこれには流石に苦笑しておりました。

Posted by: アカシア | Friday, 11 September 2009 08:56

アカシアさん、

S2-P の方には、「プラチナ・サービス・パッケージ」というサービス・プログラムも付属するみたいです。つまり、「修理期間中に無償で代替機の貸与を受けることができるほか、初回のメンテナンスが無料になる。」そうですが、、、代替機の貸与や初回メンテ無料という発想は、業務で使うプロ用カメラの場合当たり前の様な気もします、、、が、発想は車の販売時の補償に似てますね。

アタシには、S2 を使う層というのが見えて来ません。価格的にはハッセルやフェーズワン辺りとの競合になるのですが、、、。

Posted by: 野本 巌 | Friday, 11 September 2009 09:53

昨年のライカショップでのミニフォトキナで
Rシリーズの今後について、(二人の)ダニエルに
質問したとき、「R10の開発はしているし、
みなさんに近いうちにお話しできると思うって
いう言葉を直に聞いて、喜んでいました。
(つい先日までライカ銀座の人たちもその言葉を
 いまだに信じているのには驚きましたが)

経済危機があったためなのかわかりませんが
将来、出して欲しいですね。

Posted by: HY | Friday, 11 September 2009 11:55

お久しぶりです。M9は銀座で見てきました。デジタル部はずいぶんと洗練されてきましたが、カメラとしてはM8と何ら変わっていません。M8も一部の機能はファームアップで実現可能でしょうし。
液晶のカバーがサファイヤガラスではなくなったのはかなりがっかりでした。結局コストダウンの波っていうことでしょうか。
M8の画角に慣れ、M8の画角に合わせてレンズを揃えて、急にライカ判かという感じではあります。
正直もはやUV/IRフィルターなんて大した問題ではなかったですからね。
とは言っても買い替えてしまうのでしょうが。

Posted by: MM | Friday, 11 September 2009 18:49

HY さん、

技術部門(?)の方が、当時の社長はああ言っている(S2 にアダプターで、R レンズが装着出来るようにする)が、無理だ、、、というのは知っていましたが、R10 の発表間近、、というハナシがあったのは知りませんでした。

昨年 11 月のリーマンショック以降、今年 7 月辺り迄、Leica AG の株価は一時期の 1/4 迄下がっておりました、、、現在は、1/2 程度、、、から財務上の問題というのは大いに考えられますです。特に欧州は、今回の危機のダメージが尾を引いていると思いますので、緊急避難的に R10 の開発及び R System の維持、発展を捨てた、、、のでしょうか?

景気が回復して HY さんがおっしゃる通り、復活してくれると良いのですが、、、。

Posted by: 野本 巌 | Saturday, 12 September 2009 12:22

MM さん、

M8 から買い替えですか?いいなぁ、、、。

前の M8 と似た様な価格で発売する為には、かなりのコストダウンが必要だったと思います。アタシが、怖れているのはファインダーの見え及び金食い虫の連動距離計及び二重像合致式のピント合わせ機構であります。

思うに、M8 は、M6, M7 のファインダーに比べて既にかなり後退していましたから、アレより悪いと酷いものになると思います。

でも、、製品としての M9 は、良いと思ってます。

Posted by: 野本 巌 | Saturday, 12 September 2009 12:27

私もとりあえず1台M9を発注しました。今回は黒にしました。M8と比較して色発現がどのようになるのかは不安が有りますが、やはりフルサイズはM型ライカを30年使用してきた私としては大変に大きな魅力です。私的にはついのカメラ(笑)のような気がします。

Posted by: いちろう | Saturday, 12 September 2009 23:08

どこにコスト削減の余波がくるのかと思っていますが、ファインダーですか。。。ただ、今回基本的にM8と同じもののようですので、新開発されるよりまだよかったかなと思っています。見えないところではわかりませんけど。
中途半端なものを作られるぐらいなら個人的にはライブビューにして3インチ92万画素液晶、但しコスト削減はなしの美しいものというならそれでもいいんですけどね。

Posted by: MM | Sunday, 13 September 2009 00:34

いちろうさん、

発注、おめでとうございます!
色再現は、、、キット大丈夫でしょう。

終のカメラとかおっしゃらずに、M10, M11... と、、、。

Posted by: 野本 巌 | Sunday, 13 September 2009 02:13

MM さん、

今回は、やはり価格設定をしっかりして来ているという印象です。無闇に価格を上げてもそっぽを向かれるとの読みでしょうか?

EVF とか Live View にすると、古くからの M 型ファンが暴動を起こしそうであります、、、(;^^A

Posted by: 野本 巌 | Sunday, 13 September 2009 02:16

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 多摩川と渋谷 | Main | 新しい楽器 »