« October 2009 | Main | December 2009 »

Monday, 30 November 2009

京都行き

_1010310一昨日から一泊で京都に行ってきた。正確には泊まったのは大阪であったが、恒例の秋の撮影会である。今回も tamura さん、そしてボンちゃんに大変お世話になった。今回の撮影は筆者にとって重要な意味を持つものであったが、それは所有する micro 4/3" 機 2 台と同じく micro 4/3" 用のレンズのみでの撮影だったからだ。現在、鋭意 RAW 現像を進めているが、DMR + R レンズとは現像ソフトである Camera RAW も違うし、それぞれのパラメーターの値も違うので悪戦苦闘している。結局、DMR + R レンズで培った現像ノウハウを再構築しなければならない。いずれ、所感を含めて感想を、、、。
(DMC-G1, DG Macro-Elmarit 45mm/f2.8 ASPH., Camera RAW, CS4)

| | Comments (4)

Saturday, 28 November 2009

癒しの場

_1000513会社の近くの目立たない場所にある店。以前は、洋服屋だったのがいつの間にか喫茶店になっている。筆者の世代だと、喫茶店と言えば、仕事を引退した老夫婦や店主のコーヒー好きが高じて開業した街の喫茶店を思い出すが、今は殆どが多店舗をチェーン展開する大資本の店だ。統一されたメニューにマニュアル化された対応そして商品。個性が無いと言えばそれまでだが、店或は店の主との濃厚な人間関係が無いぶん、あっさりと使えるという利点はある。どちらがどうと決めつけるつもりは筆者には無いが、最近は「濃い」繋がりに憧れているのもあって個人経営の店が好きである。とまれ、この店に入ってみなければ何とも言えない事ではあるのだが、、、。
(DMC-GF1, G 20mm/f1.7 ASPH., Camera RAW, CS4)

| | Comments (2)

Wednesday, 25 November 2009

Chuck Findley Live in Japan

_1000493夕べは、知る人ぞ知る、、、世界的なトランぺッターである Chuck Findley 氏のコンサートだった。やや心配だったチケットもほぼ完売し、まずは主催者側としてはめでたしめでたし。筆者は、ご本人の出番までのお守役を仰せつかったので、楽屋でバカ話、、、。永年第一線でラッパを吹いてきた人だから、小難しい理屈ではなく、要するに最高のパフォーマンスをするために自分を高めて行こうという姿勢には頭が下がった。楽器談義もあったが、微に入り細に入りという感じでは無く、カメラで言えば機材に拘らず、何でも撮るみたいな、、、その意味では天才肌の方であった。吹くのにトライするという意識ではなく、これで吹くんだ!という意識、、、前向きの典型、、、しかも御年 61 歳、、、うぅ。
(DMC-GF1, G 20mm/f1.7 ASPH., Camera RAW, CS4)

| | Comments (0)

Monday, 23 November 2009

撮影会

_1010171L1090393L1090403昨日は、エースのチョーさん、Giro さん主催の撮影会。しかもモデルさんを仕立てての本格的なもの。風景かつ無限遠専科の筆者はビビりながら参加。機材は、DMC-G1, G 20mm/f1.7 ASPH., DG Macro-Elmarit 45mm/f2.8 ASPH. に加えて久し振りに DMR まで投入した。R レンズは、AME と Summilux-R 50mm/f1.4 (E60) である。両方のマクロは、開放値が f2.8で、それぞれ 90mm 及び 100mm の画角だから、手振れのオンパレード、、、結局、標準域のレンズがメインとなった。全て RAW で撮ったが、Camera RAW, CS4 の組み合わせと Capture One, CS4 の組み合わせ、、、である。
(画像左:DMC-G, G 20mm/f1.7 ASPH, Camera RAW, CS4 画像中央及び右:DMR, Summilux-R 50mm/f1.4, Capture One, CS4)

| | Comments (14)

Sunday, 22 November 2009

帰国

_1000471_1000424_1000419昨夜、無事に帰国した。帰りの機内で熟睡し睡眠充分だ。デンゼル・ワシントン主演のサブウェイ 123 激突 ( The Taking of Pelham 123 ) も見る事が出来た。今回の香港行きは、色々考える事が多かったが収穫(?)もあった。収穫の中身は主に仕事に関する事だが、自身の来し方行く末も含め、原点回帰の意識、、まあそんなに難し事は考える頭脳は持ち合わせていないが。今日は、昼過ぎから新機軸(?)の撮影会。DMC-G1 と R9 + DMR で、臨もうかと思っている。DMR を使えば、Capture One が使える、、、少し楽しみである。
(DMC-GF1, G 20mm/f1.7 ASPH., Camera RAW, CS4)

| | Comments (2)

Saturday, 21 November 2009

香港総括

_1000414_1000420_1000433本日帰国するが、今回の香港を総括すれば、1)HYATT Regency, Tsim Sha Tsui は、九龍側に存するホテルとしては、Intercontinenntal, Peninsula とグレードの差はあるもののチャイニーズレストランやバーがオープンすれば香港屈指のホテルになるであろうこと。2)景気に関しては、活力ある中国本土の情勢を反映して、ほぼ完全に復調してくるであろう事。3)日本人として、後ろ向きの考え方ではなく、やはり香港チャイニーズの様な「前向き」の考え方をすべき事、、、即ち、好景気不景気に関わらず、前向きに考え行動する事が最も大切だという事。4)上海蟹は個人的感想だが、やはり上海で食べた方が美味いということ。5)また、遠からぬ将来、香港を活躍の場としたい事。
以上
本日の午後便で帰国する。
(DMC-GF1, G 20mm/f1.7 ASPH., Camera RAW, CS4)

| | Comments (6)

Friday, 20 November 2009

食在広東

_1000442_1000444_1000447夕べは、仕事の仲間達と夕食。丁度上海蟹の季節と言うので、Kawloon の Nathan Rd. からちょっと入った所にあるWu Kong Shanghai Restaurant (滬江飯店)に行く。上海蟹はその名の通り上海が本場だが、香港の人々も「季節もの」として珍重し食する習慣がある。上海で食べた上海蟹と香港で食する上海蟹の違いは明確ではないが、やはり上海蟹は上海で食べる方が旨い気がする。特に、この店だけの特徴かもしれないが、蟹身を浸けるやや甘酸っぱいタレが、甘味を強く感じる。少ない身をほじくり出してやっと食べ終わると今度は北京ダックが出てきた。上海の外濠辺りで遊んでいた気持ちが今度は王府井辺りに飛んでしまう。要するに何でも旨い物は香港で食えると言う事なのだろうか?咄嗟にベルトを緩めたのは、言うまでも無い。
(DMC-GF1, G 20mm/f1.7 ASPH., Camera RAW, CS4)

| | Comments (4)

Thursday, 19 November 2009

夕食と夜の散歩

_1000395_1000402_1000409ホテル内にはコーヒーショップしか無いので、外で夕食を取る事にした。行きつけの Star House 内の Golden Island Bird's Nest Restaurant に予約を入れ、潮州料理を、、、と言っても筆者の好物である「酢豚」も食ったが、、、食べた。この日は、ベビーオイスターのちぢみが特に秀逸。キノコ(栗も入っていたが)の鍋も旨かった。焼飯まで平らげて、帰途につく。ゆっくり歩いても 15 分程の行程。今日の画像では判らないが、大陸からのお客さんに合わせた様な店作り、、、大雑把かつ派手、、、が増えたようだ。一瞬、米国のどこかの都市に居るかの如き錯覚を覚える。うまく言えないが、大きな看板、目を引くディスプレイ、、、である。筆者と香港の関わりはもう 20 年以上になるから、変貌を遂げてもおかしく無いだけの歳月が過ぎたのだ。この標準レンズ、使い込むと独特の味がある。後処理もあるのだろうが、なかなか魅力的である。
(DMC-GF1, G 20mm/f1.7 ASPH., Camera RAW, CS4)

| | Comments (2)

Wednesday, 18 November 2009

唐突だが

_1000377今日朝の JL731 便で、香港に来ている。宿泊はソフトオープニング中の HYATT Regency, Tsim Sha Tsui である。チャイニーズレストランもバーも来年以降のオープンの様で、今現在、コーヒーショップのみがオープンしている状態だ。ここ数日、冷え込んだ東京だったが香港も暑いとは言えない気候。長袖シャツにジャケットで快適だ。明日以降、香港の街でも、、いつものことだが、、スナップしてみたい。画像は、機上から撮った富士山である。
(DMC-GF1, G 20mm/f1.7 ASPH., Camera RAW, CS4)

| | Comments (0)

Saturday, 14 November 2009

無人の首都高

_1000364オフィスのベランダから外を眺めると首都高に車が全く走っていない、、、いくら、不況とは言えそんなことが、、、と思ったら、オバマ大統領の来日による交通規制だったらしい。しかも昨日は 13 日の金曜日。珍しい画像なので、掲載しておく。
(DMC-GF1, G 20mm/f1.7 ASPH., Camera RAW, CS4)

| | Comments (2)

Monday, 09 November 2009

綺麗な空

_1000359僅かに赤みがかった雲が青い空に浮かんでいる。美しい景色だ。ここ数日、写真が撮れない、、、と悩む程の事では無いが、実は毎日、荷物が多いので通勤の行き帰りにカメラを出すことができないだけの事である。先日、都内某所からこれまた美しい東京タワーのライトアップ撮ったのだが、残念ながら盛大にブレていた。日が落ちるのが早くなったなぁ、、、というのが正直な感想である。
(DMC-GF1, G 20mm/f1.7 ASPH., Camera RAW, CS4)

| | Comments (11)

Thursday, 05 November 2009

Couesnon 1 & 2

_1000356とうとう、調整に出したり、マウスピースと本体を繋ぐリードパイプの別製を頼んでいた Couesnon(ケノン)のフリューゲルホーンが戻ってきた。ということで、記念撮影。楽器ばっかり多くなっても意味が無いので、いずれはどちらか 1 本或は 2 本ともお嫁に出さなければならなくなるのだろうが、菊作り、菊見る時は、影の人、、、これが花嫁の父の心境なのか?どちらも甲乙付け難く、良く鳴ってくれる。有難い事である。
(DMC-GF1, G 20mm/f1.7 ASPH., Camera RAW, CS4)

| | Comments (15)

Wednesday, 04 November 2009

秋深し

_1000347昨日は、寒いが晴れ。好天に恵まれた。ラッパの練習をやりに会社へ行こうかとも考えたが、これから到来する「冬」に備えて体力温存、、、最近は、いつも温存している気がするが、、、外出を控え、テレビの 2 時間物を見て過ごした。筆者は、実は 1 話完結型の 2 時間物が好きである。配役が判り易く、ストーリーはやや単調だが、席を外しても筋が動かず、安心して見れるからだ。そんな事を考えながら深まり行く秋を堪能している、、としておこう。この望遠、こういう画像だと使える。コントラストが望遠端でやや弱いが、不思議なレンズだ。要するに、少し絞って使えということだろうか?
(DMC-GF1, G Vario 45-200mm/f4 - f5.6, Camera RAW, CS4)

| | Comments (2)

Tuesday, 03 November 2009

食い物を撮る

_1000238_1000334グルメ紀行文作家でもないし、食通ではないから自分が食った物を撮るのは本来苦手の方だ。第一、食べ物が載った皿が出ればすぐに跳びつきたい方だから、いちいちその画像を残す事なんて出来ない。が、たまに面白いものだったり珍しいものだったりすると撮ってもいいかな?程度には抑制が利いて、画像に残す事になる。右の画像は、銀座にある DONS de la NATURE のステーキ、左のそれは渋谷の北の家族本店の北海道ピザ、、室蘭辺りが干拓でもしたかの様に広がってしまっているが、、、。どちらも旨かった。実は昨日は新大久保の王将で、回鍋肉定食を食ったが、カウンターがあまりに混み過ぎていたので、とうとう撮影せずに終わった。
(DMC-GF1, DG Macro-Elmarit 45mm/f2.8 ASPH., Camera RAW, CS4)

| | Comments (6)

Monday, 02 November 2009

渋谷と MacDonald と猫

_1000326_1000329_1000331午前中に犬達を渋谷の青山ケンネル校にトリミングに出し、Yankees vs. Phillies のワールド・シリーズを BS で観戦するためにトリミング先の傍の MacDonald で、ダブルチーズ・バーガーを買って帰宅。松井君のホームランも出て、目出たく勝利。メジャーリーグに思い入れがあるワケでは無いし、ファンと言うのでも無いが、もう 30 年以上前、フィラデルフィアで Phillies vs. Braves の試合を見た記憶があったからだ。ホスト・ファミリーの Geiger さん夫妻に連れられて確か会社が契約しているブースで飲み食いしながら見た覚えがある。勿論、既に取り壊された旧 Phillies スタジアムでの出来事だ。恐ろしい程に綺麗な球場だった記憶がある。ちなみに日本の野球は巨人ファン。しかも V9 時代の、、、である。夕方、犬達を迎えに行きがてら、桜丘のトランペット・ステーションに寄ってバルブオイルと MB のカップ・ミュートを買ったが、駐車場で猫を見掛けた。それだけの一日だった。
(DMC-GF1, DG Macro-ELmarit 45mm/f2.8 ASPH., Camera RAW, CS4)

| | Comments (2)

Sunday, 01 November 2009

飛行船

_1000322一昨日の夕方、オフィスの外に出て一服しようとバルコニーに出ると、一隻の飛行船がフワフワと浮かんでいた。側面には「ダイワハウス」の文字がある。ゆったりした動きを捉えようとカメラを取りに行き、戻った時もやはりゆらゆらと優雅に飛んでいる。青空とそしてデザートのカラメル細工のような雲と戯れているようだった。船体の文字を 100% Crop で見ると ZEPPELIN NT の文字があった。検索すると(株)日本飛行船という会社の持ち物だそうだ。定期的に乗客を乗せたフライトはまだの様だが、遊覧飛行という名の通り、ゆったりした気分でいずれは乗ってみたいものだ。
(DMC-GF1, DG Macro-Elmarit 45mm/f2.8 ASPH., Camera RAW, CS4)

| | Comments (4)

« October 2009 | Main | December 2009 »