« Couesnon 1 & 2 | Main | 無人の首都高 »

Monday, 09 November 2009

綺麗な空

_1000359僅かに赤みがかった雲が青い空に浮かんでいる。美しい景色だ。ここ数日、写真が撮れない、、、と悩む程の事では無いが、実は毎日、荷物が多いので通勤の行き帰りにカメラを出すことができないだけの事である。先日、都内某所からこれまた美しい東京タワーのライトアップ撮ったのだが、残念ながら盛大にブレていた。日が落ちるのが早くなったなぁ、、、というのが正直な感想である。
(DMC-GF1, G 20mm/f1.7 ASPH., Camera RAW, CS4)

|

« Couesnon 1 & 2 | Main | 無人の首都高 »

Comments

東京に戻って一週間経とうとしているのですが、東京の夕暮れの空が不思議な色合いとなることが多く、改めて見直した次第です。しばしば、こちらには戻っていたのですが、仕事が完結しホッとしております。
しかし、もう明石港沿いの寂れた街や食堂には行けないとなると寂しく思いますが、その内、この感傷も忘れてしまうのでしょう。
なお、M6は要オーバーホールということで修理代89000円になるそうですが、LCJに全て頼んでおきました。
(。>0<。)

Posted by: 鯖猫 | Monday, 09 November 2009 22:22

野本さん、こんばんは!

Rレンズがフルサイズで使えるようになるかもしれませんね。
日本のメーカーもがんばらないと、最強のチャレンジャーが登場したのかもしれません。
日本のメーカーが侮ってかかると、歴史の転換点となる可能性があります。
(MP3しかり、ネットブックしかり,,,)

http://photorumors.com/2009/11/09/new-samsung-advanced-full-frame-mirrorless-system/

Posted by: RAVEN | Tuesday, 10 November 2009 00:37

鯖猫さん、

東京の空は、随分と綺麗になりました、、、\(*^ ^*)/

明石には、また写真を撮りに行かれては?

M6 オーバーホール、、、恐怖ですね、、でも、長く使えると思えば、、、、。

Posted by: 野本 巌 | Tuesday, 10 November 2009 00:53

RAVEN さん、

そーそー、、これをPanasonic さんにやって欲しいのですが、、、うぅ。
でも micro 4/3" が、好調だと、、そっちの流れになってしまうのかしら?

Samsung さんは、Pentax さん絡みになりますね、、、。

Posted by: 野本 巌 | Tuesday, 10 November 2009 00:55

野本さん、毎度です!

当面の可能性としては、SONYさんが一番近いところにいると思いますが、ミラーレス(例のEVIL Camera)はAPSクラスで来そうな気がします。
フルサイズにも対応できるシステムだとよいのですが、、、、
SONYがコニミノさんの遺産を活かすなら、KMマウントが一番ではないでしょうか?
HEXERレンズも使えるし、、、、、以下自粛


なんだか一気にミラーレスへの流れができそうな、、、

ライカさんはしないでしょうかね?

Posted by: RAVEN | Tuesday, 10 November 2009 01:22

RAVEN さん、どーも〜♪

SONY さんも家電メーカーですから、、変化への対応は早いでしょうね、、、キャノニコさんも急がないとであります。

ライカ社は、、様子見というか、M9 が売れなくなっちゃいますから、、、やらないでしょけど、M11 くらいでやるのかしら、、、?
その部分の日本の技術を使うのには抵抗があるかもしれませんネ!

やるなら、R マウントでやって欲しい、、、のですが、、。

Posted by: 野本 巌 | Tuesday, 10 November 2009 01:29

>キャノニコさんも急がないとであります。

私もそう思います!

Rでやってほしいのは山々ですが、M9+X1の発展型で、M10にEVFが付き、アダプター経由でRレンズが使える、というのが最も現実的な気がします。
(端子しだいですが、VISOタイプのアダプターだったりして)
でもそれだとRの可能性がなくなっちゃう。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

SamsungSystemがどのくらいのフランジバックなのかは不明ですが、アダプター経由でRどころかMレンズが使えたりして、、、それに追従するメーカーが増えてくると対応が変わるかもしれませんね。、
SamsungさんはAPS-Cで1400万画素オーバーの素子が作れるから、フルサイズなら2000万画素を超えてくるでしょう。
EVFにはやはり自社ものの有機EL液晶を搭載してくるかも、、、、
M用の75mm~135mmあたりが1眼で使えるのは、けっこう魅力的だと思いませんか?
Panaさんが開いたパンドラの箱は、カメラの歴史(業界の歴史も)を確実に変えそうです。

Posted by: RAVEN | Tuesday, 10 November 2009 01:52

徹夜中のRAVENです。

これはパラダイムシフトなのでしょうか?
RICHOさんは、、、、、
レンズと素子が一体で交換できるコンデジなのでしょうね、これは、、、、

http://43rumors.com/ft5-the-ricoh-gxr-is-here/

問題は価格ですね。
まったく新しいコンセプトのカメラであり、リコーさんによれば『レンズにとって最も良い素子と組み合わせる』ということらしいので、評価は保留したいと思います。
でも気に入ったレンズを、素子ブロックごと交換するのは、、、、やはりコンデジ発想なのでしょうね。
これで受光素子とレンズが別々に交換できるシステムだったら、私は大拍手を送ったのですが。

Posted by: RAVEN | Tuesday, 10 November 2009 04:28

RAVEN さん、

M 型の軍門に R 型が下るのは、個人的に忸怩たる思いがします。アタシは R 型ファンで、M 型ファンとは言えないからです、、、(^^";ゞ

Samsung さんのボディは面白そうですが、結局、Pentax さんが入って来ると思いますから、こちらもなぁ、、、、。

それと、RICOH さんの行き方は、、、かつてのブリッジカメラというか、やや唐突な感じがします。こういう製品って、結局、全てが陳腐化してレンズユニット 3 本 + ボディの中古が「激安」みたいな、、、用途別に最適化するのは理想ではありますが、中途半端であります。

Posted by: 野本 巌 | Tuesday, 10 November 2009 08:02

野本さん、こんにちは
噂の出所によれば、Samsungさんの新型GXシステムのフランジバックはKマウントと同一ということですが、発表まではわかりませんね。

私はM型を1台も持っていないライカRファンなのですが、Rレンズをライカの色で使えるのなら、次善の策かなと思ったりしています。
軍門に下りたくないというのはさすが会長ですね!

RICHOさんのGXRシステムはコンデジを持ち歩き、いざとなったらデジ1として使えるという、ある意味まったく新しい発想のカメラで、一定の評価は得ると思いますが、それぞれをどう更新していくかが難しいような気がします。
いいものを作れば最も陳腐化しにくいレンズと、最もしやすい撮像素子を一体で売るというのがコンデジ発想ですね。
レンズの売れゆきが落ちるのを恐れているのでしょうか?
とはいえRICHOさんがやる気になれば、レンズ交換式のマウントを備えた素子+画像エンジンユニットを発売することもできるのでしょうね。
言われているプリンタやストレージのユニットを、というのは、現在でもUSBを介して可能なので?です。
とはいえ様々な可能性・拡張性を備えていると思うので、評価は保留します。
でも合計10万円近いコンデジには、おいそれと手が出せません。

Posted by: RAVEN | Tuesday, 10 November 2009 18:09

RAVEN さん、

おっしゃる通り、RICOH さんの製品はチャレンジであります、、が、なんとなく昔々、そういう製品が、後からセットになってしかも格安で売られていた記憶があるような、、、いえ、批判では毛頭ないのですが。

アタシは、古いのかもしれませんがやはりレンズ交換をしたいです、、で、おっしゃる様に、陳腐化しやすい部分も別ユニットで、、、でも日進月歩の分野でのバーサテリティ、、、難しいですネ。

Posted by: 野本 巌 | Thursday, 19 November 2009 05:17

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Couesnon 1 & 2 | Main | 無人の首都高 »