« 法事 | Main | 青山 (i) »

Monday, 22 February 2010

PMA 2010 の話題でも

Sam_0873Sam_0907Sam_0908米国、カリフォルニア州アナハイム、、、そう言えば元ヤンキースの松井選手が転籍したエンジェルスの本拠地でもあった、、、で、開かれている PMA 2010 のニュースを見て、気になったブツのことでも。まずは、順当だが SONY さんが、ミラーレスレンズ交換式一眼デジタルに参入。しかも撮像素子のサイズは APS-C だから、先に発売された SAMSUNG NX10 とのガチンコ勝負(?)になるのだろうが寧ろ、小型軽量を謳った micro 4/3" 陣営との勝負になるのだろうか?micro 4/3" 陣営は更なる小型軽量化をしないと、4/3" 発表時と同じく、撮像素子の面積の割には、図体がデカイと批判の矢面に曝される可能性がある。仮に APS-C サイズの撮像素子を持つミラーレスレンズ交換式のカメラが主流となれば、Canon さんだって、Nikon さんだって安穏とはしていられないだろう。光学ファインダーの優位性をいくら言っても彼らとて EOS Kiss や D千番台機種が売れなくなれば光学機器部門の事業仕分けのフルイに掛けられてしまうのだから。最近、冷めかけていたカメラ熱がまた出るような製品を期待している。フルサイズになったらどんな事をしてでも R マウント・アダプターを入手して、、、ふふふ。

|

« 法事 | Main | 青山 (i) »

Comments

お久しぶりです! 野本さん。

ソニーさんのミラーレスは秋ごろになりそうですね。
マウントの割に受光素子が小さいのが印象的です。
ということは余裕でフルサイズ化できそう、、、、、

ところで野本さんはIXY10で慣れていらっしゃるから大丈夫かもしれませんが、私はあまりに小さいカメラは苦手です。
小型軽量化と同時に、形状も根本的に考え直し、操作性を向上させてくれればいいのになあ、と思う今日この頃であります。

「当面は」スポーツ写真などにおける1眼レフの優位性は崩れないと思うのですが、‘ある日突然’技術革新でそれがクリアされ、逆転する日が来ると思います。
EVFの見え味や反応速度もどんどん向上するでしょうし。
その革新のための準備はしておいてほしいものです。

先日、当地にオープンしたばかりのビックカメラで初めてリコーGXRを触りました。
GR DigitalやGXシリーズは薄すぎて持ちにくかったのですが、(持ち歩きにはその方が良いのでしょうけど)、GXRはとても持ちやすく、写真を撮る道具としては使いやすそうでした。

Posted by: RAVEN | Monday, 22 February 2010 19:30

SONYがこのコンセプトで開発を進めればどうしてもフルサイズを目指すでしょうね。実際にすでに品物はあるわけですし。APSでくる必要も無いくらいですよね。1-2年で必ずフルサイズ化するでしょう野本様!!
私はM9を購入してMレンズがフルサイズ化されたので当面の煩悩はなくなっています(本当?)。逆にM3/4のグループはフルサイズ化できないことが痛し痒しなのですね。いろいろと考えさせられますが、一番利益を上げているのがアダプターメーカーということとならないことを祈っています。(笑)

Posted by: イチロウ | Monday, 22 February 2010 19:47

でも一番いいのはM9がライブビュー化すれば良いのですね。ライカにメールしてみましょうか? 

Posted by: イチロウ | Monday, 22 February 2010 19:53

RAVEN さん、

例えスポーツ系であってもあらかじめ設定した選手を認識して自動追尾し、かつ複数の AF フレームが EVF 中を縦横無尽に動きまわるのであればファインダーの電子化は一挙に進むと思います。現状の EVF は、まだまだ光学式ファインダー的な発想の枠内ですが、それこそ視線入力とか入れば、凄いことになる可能性を秘めていると思います。ズバリ、コストの問題かと、、、。

アタシは、R System 以外は、小型軽量が良いです、、、(;^^A


Posted by: 野本 巖 | Tuesday, 23 February 2010 01:16

イチロウさん、

技術的には、問題なくフルサイズ化出来るでしょうね!でも、そうすると一眼レフが売れなくなってしまう、、、SONY さんの場合は、痛し痒しなのではないでしょうか?

Panasonic さん、Olympus さんは、かろうじて micro 4/3" の規格内と言うことで棲み分けを考えているのでしょうが、、、そもそも 4/3" 素子は同じですから、これも「???」であります。

で、M9 のライブビューですが、アタシは、ライカ社が M 型とは違った形態で R Systemを復活してくれないと個人的に「嫌」であります。

散々、揃えた M 型をふって、R 型に逝ったので、今更、M 型の軍門に降るのは「嫌」であります、、。

でもまぁ、出れば買っちゃうのかしら、、、およよ。


Posted by: 野本 巖 | Tuesday, 23 February 2010 01:22

SONYさん、がんばってAPS-Cのミラーレスを出して欲しいです。
もっとも、どうもSONYさんはカメラをよく理解していないところもあるので、純正レンズを装着しないとAEが出来ないなどというボケたことは止めて欲しいですけど(笑)

ライカのM9にしても、次はライブビューを搭載しなければ存在意義は問われますよね。
SONYさんがフルサイズCMOSでやってくれれば、一段と加速が付くのでしょうね。

でも、そうなるとデジカメ=家電、になってしまうのかな~

Posted by: | Tuesday, 23 February 2010 09:09

ムさん、

APS-C タイプと限定すれば、現在の普及機ー中級機クラスは小型軽量と相俟って、殆がミラーレス一眼になるのでしょうネ。

APS-H タイプやフルサイズ機に関しては、EVF の性能及びコントラスト AF の性能が上がるのを待つのでしょうが、一部のプロ、ハイアマの根強い光学ファインダー信仰もあるでしょうから暫くは残っていくのでしょうか?

電源をオフにしてもファインダーから覗くことができるという点も光学ファインダーのメリットですし、、、。

アタシは、箱型、、、SL3003 の小型バージョンみたいな、、そういう機種を期待するなぁ。ユニット交換で、撮影サイズ、ストーリッジデバイス変更、ムービーとスティルの変更、、、とか。夢が見れそう。

いずれにしてもミラーレス+ EVF には、全く発想を変えた機種が相応しいと思います。

Posted by: 野本 巖 | Tuesday, 23 February 2010 10:16

野本さん、こんにちは。

最近の「顔認証」とか「ペット認証」などの技術の進展は目覚ましいものがありますね。
仰る通り多点AFは、1眼レフではサブミラーの大きさに左右され、ミラー無しカメラの方が有利なのかもしれません(AF速度ではまだ1眼レフの方が有利らしいですけど、最新のものは私は比較していません)。
個人的には人間でも動物でも昆虫でも判別してくれる「目認証」AF技術を確立してほしいですWWW。
笑ってますけど開放時のポートレートなどに力を発揮するでしょうし、技術的には時間の問題ではないでしょうか?。

現在のEVFカメラがスポーツなど動態撮影に向かない最大の理由は、どうしても処理して液晶に表示するまでのタイムラグが生じるため(初期よりかなり小さくなっていると感じますが)、レリーズした瞬間に写るのは随分タイミングが遅れてしまうという部分ですね。

それもレリーズする前の画像から記録していく「パスト記録」の技術向上により、「記録したい瞬間」が得やすくなっていくと思います。
これが一般化していくためには、蓄積される膨大なデータを、どう処理するか、なのだろうと思います。
今のところ1連の撮影をして、再度撮影態勢に入るまでに時間がかかってしまう、という欠点があるようですね。
NHKのプラネット・アースで有名になったハイスピードカメラは、1回5秒撮影すると、データをコンピュータに転送し、また撮影を再開する、、、というのを繰り返すようでした。
スチルで要求される1枚当たりのデータ量はハイビジョンを遥かに上回るので大変そうですが、撮影枚数を下げてバッファ量を上げ、転送スピードを上げ、外部要因としてはメモリーの価格が下がることで大容量化ができ、、、、と問題が解決していけば、こと「瞬間」に関する限り人間の限界はクリアされることになるのだろうな、と想像しています。

ただファインダーの表示速度が上がらないと、例えば人が突然、画面を外れるほどジャンプした場合、いくらパスト記録されても、画面を外れた物までは写すことができないわけで、、、物体が線運動しているときは予想しやすいのですが、予想外の動きが出た時の「リアルタイム表示」という意味では、1眼レフに勝るものはちょっと想像できません。
被写体の追従まで機械がやってくれると、人間は必要なくなってしまいますWWW

私自身現在スポーツは全く撮影しないのですが、動くものを撮影するときは少なからず関係してきます。
静物主体の撮影では、全く関係のない話なのですが。

こういう問題も将来、コストさえかければ解決出来るのかもしれません。
そうなると、必ずしも本意ではありませんが1眼レフの時代は終わるのかもしれませんね。 

Posted by: RAVEN | Tuesday, 23 February 2010 11:51

ソニーさんは、当然フルサイズ化してくるでしょうが、現在のマーケティングの常道からすれば、まずAPS-Cで焦らしておいて、フルサイズで2度美味しい思いをする、という感じでしょうか?

でもソニーが本気でこの分野で成功したいのなら、最初からフルサイズを投入して基盤を固めるべきだと思います。
あるいはフルサイズ版と、コストを抑えたAPS普及版の同時投入でしょうか?
でも両方買わせるために時期をずらすのでしょうね。

Posted by: RAVEN | Tuesday, 23 February 2010 12:04

RAVEN さん、

動きものを撮らないのはアタシも同じですが、いずれ人間の限界を安々と超えてくるのだと思います。アタシが不便だと感じるのは、AF フレーム部分でのピント合わせというシステムです。画面のどこでもピントが合わせられるという一眼(レフ)の美点を台無しにしているのが AF フレームによるピント合わせ、、、。まぁ、技術的には限界付近に来ているのでしょうケド、では代替技術は何だと言われても困るのですが、やはり視線入力なのかしら?

SONY さんの考えは、一般的な撮影者には無理してフルサイズという概念を押し付ける必要は無いと考えているのでしょうね。実際、micro 4/3" 機を使っていて、個人的に不便は感じませんから。敢えて、R レンズという縛りを入れようとするので、フルサイズという部分にこだわってしまっているようにも思います。個人的に、R System が一番だと今でも思っていますが、時代の流れに逆らってもなぁ、、とか、、五十過ぎのおっさんの戯言であります。

Posted by: 野本 巖 | Thursday, 25 February 2010 20:06

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 法事 | Main | 青山 (i) »