« 何はなくとも | Main | 法事 »

Thursday, 18 February 2010

レストラン・モンドール

_1000890昨日は、午後から弊社の弁護士さんのところで打ち合わせ。場所が麹町なので楽しみにしている「あそこ」に行こうと約束の時間より 1 時間半も早く到着した。お目当ての「あそこ」とは、レストラン・モンドール(という名称だったのは初めて知った)。20 年ほど前、近所にオフィスがあったので通ったりしていたが、その当時からこのレストラン(食堂)のメニューは魅力的だった。その Mont d'Or(黄金の山)という名称が何を根拠にしているのかは未だに不明だが、メタボまっしぐら的なメニューの数々はなかなかに魅力的である。一番人気(であろうと筆者が勝手に思っている)のハンバーグもやしではなく、ポーク鉄板を好む筆者は、その薄切りポークともやしにコーミのケチャップソースを掛けるのが作法だが、前々回あたりからケチャップソースではなく、ケチャップに変わってしまっていたのだが、それは些末な事。と、店の前まで行って愕然。今週一週間、臨時休業の張り紙、、、。かくして、弁護士さんに頼み込んで面談を 1 時間繰り上げて貰った。いずれまたレポートしたいが、年配のご夫婦が切り盛りするお店ゆえ、臨時休業の理由が心配である。
(DMC-GF1, G 20mm/f1.7 ASPH., Capture One 5 PRO, CS4)

|

« 何はなくとも | Main | 法事 »

Comments

年配の方がやっているお店が長期に休業というのは、確かに心配ですね。
私も、某氏が幼少の頃から通ったという下北沢の洋食屋さんに機会があれば行ったのですが、いつしか「当分休業します」になってしまって、凄く悲しかったことを思い出します。

そういえば、あのお店はどうなったんだろう??

昨日からカメラ市ですが、野本さんはもう行きましたか?
今回のカメラ市、定番のレアアイテムはともかくとして、他のものは「え?そうなの?」というくらいに価格が落ちてますね。

Posted by: | Thursday, 18 February 2010 09:29

割と長期の出張で、行きつけとなったその土地の食堂、飯屋、飲み屋
が有り、少しずつマスターと言葉を交わすようになり、常連となって
しばらくすると帰任。何年後かにその土地へ仕事に赴いて、再び、あの
店に行ったら閉店していたということは多々有りますです。
最近、新しい出会いより別れやさようならの方が多く、結構気が滅入ります。

Posted by: 鯖猫 | Thursday, 18 February 2010 23:56

ムさん、

メタボ系のお店の衰退が目に付きますです。

こうなったら、新橋辺りを開拓するしか、、、そう言えば、ぞうりみたいに大きなカツが乗ったカツカレーを出していたスイスというお店は無くなったのかしら?

カメラ市には行かないと思いますです、、、うぅ。

Posted by: 野本 巖 | Friday, 19 February 2010 00:08

鯖猫さん、

さよならだけが人生さ、、、とは申しませんが、あのアグレッシブに「食う」という所作を忘れてしまったかのような健康ブームって、何なんでしょうネ?

アタシは、飯食って寝て起きて働いて、、、それで良いのだと思いますが。

Posted by: 野本 巖 | Friday, 19 February 2010 00:09

ある友人が「中華の店が店じまいするのは、自身の味付けが濃くなってきて、その味見をして体を壊すからなのだ」と言っていました。

その理屈からすると、メタボ系の店は、料理人がメタボになって成人病で体調を崩して・・・という理屈が成立しそうです。

食べ物屋さんって、難しい・・・(遠い目)

Posted by: | Monday, 22 February 2010 13:19

ラーメン屋さんの店主は、塩分で腎臓を悪くしてしまうのかしら?

何か身を削る、、といった言葉が浮かびますです。

Posted by: 野本 巖 | Monday, 22 February 2010 18:38

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 何はなくとも | Main | 法事 »