« 不思議な看板 | Main | 日を浴びて »

Tuesday, 30 March 2010

視線の先に

_1010018ふと視線を感じて振り返るとまめ吉が、こっちをじっと見ている。何かして欲しいことがあるのかと尋ねるが、ただただじっと見ている。食餌も終わっているのだから皆目見当がつかない。眠いのか?ソファーの上に上げて欲しいのか?おやつが欲しいのか?物言わぬまめ吉だけに余計に混乱してしまう。もこ吉の影に隠れてあまり目立たないが、優しい心根の犬である。第一、もこ吉のように気分屋ではなくどこに行っても誰からも可愛がられる、、そういう徳を積んだ犬なのかもしれない。唯一無二のライバルはもこ吉であるが、好戦的ではなく専守防衛。但し、本気で喧嘩するともこ吉を打ち負かすほどの実力の持ち主なのだ。
(DMC-GF1, DG Macro Elmarit 45mm/f2.8 ASPH., Capture One 5 PRO, CS4)

|

« 不思議な看板 | Main | 日を浴びて »

Comments

ひそかな存在感のまめ吉くん、かわいいですね。
こういうポーズを取ってくれると、写欲がどんどん湧きますね。

ウチのチョコ君はじ~としていてくれないから、クラカメで撮影するのが結構大変です。

Posted by: | Tuesday, 30 March 2010 at 11:27

ムさん、

コメント有難うございます。

チョコくんはまだ若いからですよ、、、まめ吉はもうそろそろ 10 歳ですから。毎日、寝てばかりであります。

Posted by: 野本 巖 | Tuesday, 30 March 2010 at 16:15

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 不思議な看板 | Main | 日を浴びて »