« 渋谷 | Main | 写真を撮ると言う事 »

Tuesday, 16 March 2010

Quiche

_1000951_1000950_1000953キッシュは、フランスの食べ物である。一番最初に何処で食べたかはもう失念してしまったが、子供の頃、赤塚不二夫氏描くところの「おそ松くん」に登場するイヤミという男性キャラクターがしきりに「おフランス」を連発するので「フランス」という国を覚えてしまったという程度の知識しか無かった筆者にとって、まさかフランスの食い物を食べるなどという大それた事は考えもしなかったのであるが、今では普通に食べられるようになったのだから長生きはしてみるものだと思う。料理写真と商品写真、どちらが難しいかは議論が分かれるところであるが、個人的には料理写真だと思っている。何故なら撮る以前に口を経て食道から胃に収まっている事が多く後になって撮っておけばよかったと悔いることが多いからである。マクロ・レンズを持ち合わせていなかったが、やはりマクロで撮るべきであった。
(DMC-GF1, G 20mm/f1.7 ASPH., Capture One 5 PRO, CS4)

|

« 渋谷 | Main | 写真を撮ると言う事 »

Comments

野本さん、同感です。

とても綺麗な食事を、食欲に負けて箸をつけてしまってから「あ、撮っておけばよかった」と思うことがよくあります。
(久しくレストランにも行きませんが。前にフランス料理を食べたのはいつだったやら)

レストランでの写真は、光線状態の良い席に座れるかどうかにかかっていますね。
仕事でもなければストロボは使えないし、お客の多い時は撮りにくいですし。
あと撮影に熱中して料理が冷めないようにしないといけないので大変ですww。

Posted by: RAVEN | Tuesday, 16 March 2010 at 13:40

タングステン灯や蛍光灯による色カブリがデジタル処理で補正出来るようになっても料理の旨さを表現するには自然光が一番だとアタシも思います。

まぁ、料理は食べてナンボ、、、気長に撮るようにしますが、基本的にレストランでデジカメ出して撮るような無粋な真似はしないようにしています、、、(としておきます)。

Posted by: 野本 巖 | Tuesday, 16 March 2010 at 15:53

(ぼそっ)野本さんて無粋だったんだ、、、、私は無粋だあぁぁ。

暗部起こしに意外と便利なのが、ナプキン立てだったりします(冷静)。 

Posted by: RAVEN | Tuesday, 16 March 2010 at 17:02

無粋だなぁ、、、と思うから撮ることを憚られるなあ、、と思うんですよね。だから、撮ることが何の問題も無いと思われる場所以外で撮りたいと思ったときは、お店の人に聞くようにしています。

混んでなければ会話が成立しやすいですね!

Posted by: 野本 巖 | Wednesday, 17 March 2010 at 00:39

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 渋谷 | Main | 写真を撮ると言う事 »