« 渋谷 18:30 | Main | 寒い寒い、、、。 »

Tuesday, 13 April 2010

そろそろ

_1010071通勤路だから原則毎日通る道路築造現場。昨日見てみると一部舗装が完了している。道路建設と一般には言うのだろうが、この現場の看板には「道路築造」と書かれている。築造、、、土手、ダム、石垣を築く、、、それほどの大工事とも思えないが、何しろ「築造」なのである。筆者的にはワクワクする。早く開通して欲しいが、工事完了予定が本年 3 月末日になっているくらいだから、まだどれほど掛かることやら、、、やれやれ。Adobe Photoshop がとうとう CS5 になるそうだ。行きがかり上、早速申込んだが、、一体何処が変わるのだろうか?
(DMC-GF1, DG Macro Elmarit 45mm/f2.8 ASPH., Capture One 5 PRO, CS4)

|

« 渋谷 18:30 | Main | 寒い寒い、、、。 »

Comments

CS5はなんだかスゴ過ぎて、これはほんとに「写真」といっていいのやら戸惑ってしまいます。

ただ焦点距離情報などに基づく収差補正が高度化されているようで、そういう面では楽しみです。

ところでキヤノンさんから何か発表されるかもしれませんね。
ビデオ機能を持ったDSLRでは?とのことですが、7D やKissが出たばかりなので、そうなると後は60Dクラスか野本さんリクエスト中の1DsMkⅣでしょうか?
1DsMkⅣだとすれば、Penta645Dが発表された後なので、キヤノンさんがどういう「値」をつけてくるか。
それは今後のニコンの製品にも大いに影響を与えるはずなのでとても興味深いところです。

Posted by: RAVEN | Tuesday, 13 April 2010 00:25

RAVEN さん、

CS5 と言っても、アタシは大画像の縮小とシャープニング「だけ」ですから、、、うぅ。しかし、機能を使ってないなぁ、、、(反省)。
何でも SIGMA さんは正式に補正データを Adobe 側に渡したそうであります(SIGMA さんからメールが来ましたよ)。

そうですか、Canon さんがとうとう 1DsMkIV を、、、って、なんだかなぁ、、、。問題は価格でしょうね、、、それと、Canon さんにはミラーレス機を、、、それともういい加減に「あの」一眼レフスタイルを変えて欲しいです。

Posted by: 野本 巖 | Tuesday, 13 April 2010 05:11

そういえば、iDsもそろそろ新型が出るタイミングですよね。
私は動画には興味ないけど、画像エンジンや画素数、それにファインダーがどうなるか?が気になります。

いや、それよりはRレンズを生かすためにDsMkIIIの中古価格下落か(あうあう)

Posted by: | Tuesday, 13 April 2010 09:41

ムさん、

いいえ、、、1DsMkIV では、使えないレンズが、、、(^^";ゞ
ここは、DMR ではないかと、、、。

Posted by: 野本 巖 | Tuesday, 13 April 2010 14:30

R9+DMRは欲しいのですが・・・・
如何せん、金額の問題が・・・

先日、ダメ元でSLR/c+Summilux80F1.4を使ってみたら、なんかとっても良く写ってました。

この組み合わせですから、ボディの性能というよりはレンズが良いのは確かかと(笑)

Posted by: | Tuesday, 13 April 2010 15:27

ムさん、

DMR、確かにもう少し安ければ買い易いですよね。
mixi で、拝見しました。全く問題ないですネ!KODAK 製の撮像素子の素性の良さが出ていると思います。

R レンズ、、、良いんだけれど、、、ボディが出なければやっぱりなぁ、、。

Posted by: 野本 巖 | Tuesday, 13 April 2010 23:41

KODAK SLR/c + SummiluxR80F1.4を絞り開放で使ったときの「命中率(笑)」は、どうやら20%以下のようです。
同撮影会のときに、SL2を使って撮影した結果がどのくらいの確率なのか?が楽しみなのであります。
=>50%いけば御の字ですが

F=1:1.4クラスのレンズを使うときには、やはり本来のRボディを使うべきである・・とは思います。
R9+DMR、やはりもうちょっと安くならんのか~(魂の叫び)

Posted by: | Wednesday, 14 April 2010 09:14

ムさん、

委託品(?)でしょうから、売れなければ少し値下げして再委託、、、という事もあるかもですネ!

そうなると今度は競争が、、、(;^^A

Posted by: 野本 巖 | Wednesday, 14 April 2010 10:12

野本さん、ムさん、こんにちは。

> それと、Canon さんにはミラーレス機を、、、

1DsMkⅣがミラーレス機だったりすると、とても面白いことになりそうです。
いずれにせよ5Dシリーズとは異なる路線が求められるでしょうし。
キヤノンさんはビデオ(シネ?)兼用機路線を明確にしているので、ミラーレス機はいずれ登場すると思います。
となるとネーミングは1Dsとは限らないのですが、、、、

ムさん、DMRアリです。
ご要望があれば、みんなで押して差し上げますけど?
KIEVもいいけど、DMRもね、みたいな。
ワクワク

Posted by: RAVEN | Wednesday, 14 April 2010 11:41

レモン社の委託のR9+DMRは現物を手にとって確認済ですが、品物は大変いいです。

問題は、やはり525,000円というプライスで、高いというよりは単純に私の資金不足が問題なのであります。

Posted by: | Wednesday, 14 April 2010 11:46

RAVEN さん、

とうとうパナソニックさんが、業務用、、つまりプロ向けの micro 4/3" 規格デジタルビデオを出すみたいですね。

Canon さんがどう出るか、、、?

Posted by: 野本 巖 | Wednesday, 14 April 2010 15:52

ムさん、

そこを何とか、、、!

う〜む。

Posted by: 野本 巖 | Wednesday, 14 April 2010 15:53

野本さん、こんにちは!

そうなんですよねえ。
しかも80万円くらいで4Kを視野に入れているようなので、そりゃーインパクトがあると思います。(当然買えませんけど)
ビデオ用とスチル用で何か違いがあるのかどうかは知らないのですが、デジカメ用と共用できればプロ用ビデオカメラの価格が大幅に下げられるのではないでしょうか?

おまけにソニーさんもαマウントの35mmシネカメラを発表したり。
これは明らかに5Dのシネ仕様を意識しているんだと思います。
キヤノンさんは動画とスチル両方を撮れることがウリになっているようなので、よりビデオ撮影もしやすい最高級機、つまり1Dsが発表されるのではないかなあ、と。
そうなるとEVFの方が有利かもと思うのですが。
でも噂サイトではもう発表されてもいい頃なのに、音沙汰なしですね。そもそも噂だったのか、、、、、

ニコンさんやオリさんはどうするのでしょう?
どの社もスチル用レンズを有効に活用しようという路線のようですが、、、、

Posted by: RAVEN | Wednesday, 14 April 2010 16:16

RAVEN さん、

敢えて言えば二大カメラ・メーカーに、二大家電メーカーが挑む図式になってますね。ミラーレスになれば、もうあまりノウハウとか意味を成さないのかもしれません。

しかし、凄い世の中になってきました。

コトリコトリと一枚ずつ撮影を楽しむ、、なんて、そんな感じでは無くなっちゃいましたね。

Posted by: 野本 巖 | Thursday, 15 April 2010 00:37

本当にそうですね。

かつて古い高校野球の写真を整理したことがあるのですが、最も古いものではスピグラで撮ったものがありました。高校野球のプレー写真を!
当然ながらもう少し時代が下っても「モードラ無し」ですし。
そういう時代の写真はタイミング的には悪いものが多かったり、時には白いボールが写真に書き込んであったり(笑)するのですが、当時のカメラマンの苦労を想像するだに恐ろしい、、、

今は秒8~10コマは当たり前。しかもISO6400なんて感度が常用できる時代なので、時代は変わるもんだなあと。

でもそういう「現場」にいなければ、相変わらず「コトリコトリ」で楽しめる被写体もあるわけなので。
私はあまり気にしないことにしています。
36枚撮りフィルム1本撮影すると現像代までコミで2000円、、、、と撮影中に残り本数と予算を頭の中で計算する必要が無くなった分だけでも、気楽に撮影を楽しめています。

野本さん、S2は「コトリコトリ」かもしれませんよ。
気楽に撮影、、、、かどうかは別にして。

Posted by: RAVEN | Thursday, 15 April 2010 06:52

昨日、ブログにSummiluxR80F1.4をSLR/cとSL2(プリズム腐食)で使用した場合の「命中率(ピンが来るかどうか)」の結果をUPしました。

やはり、きちんとしたMF用のファインダーの優位性は高いですね。

R9+DMR、いいな~(スカイツリーの天辺を見つめるくらいの遠い目)

Posted by: | Thursday, 15 April 2010 09:04

RAVEN さん、

デジカメは写真にあらず、、、と大上段に構えるつもりは毛頭ありませんが、銀塩とデジタルを同じ土俵に入れてしまったのが間違いなのかもしれませんネ!アタシ自身も当時デジタルに飛びついた側 (Canon D30) なので、何とも言えませんが、、、。

S2 は、ナイです、、、あはは、、、(^^";ゞ

Posted by: 野本 巖 | Friday, 16 April 2010 18:52

ムさん、

個人的に、デジタルはデジタルのファインダーというのが、結局良いのかなぁ?と思っています。勿論、光学ファインダーの現状での優位性は分かった上であります。

EPSON さんの EVF、、、DMC-GF1 用に出してくれないかしら>パナソニックさん。

Posted by: 野本 巖 | Friday, 16 April 2010 18:54

2010年の新型は、いよいよミラーレス一眼ばかりになりそうな勢いですよね。
フルサイズ+高画素モデルについては、あと2年くらいは現状の光学式ファインダーを維持しそうですが、その後は「超高級ビデオ」になるのが、自然な進歩の形態のような気がしております。
ヨドバシのフィルムコーナーに行くと「え?これしかフィルム無いの??」と唖然とするような状況になってきた2010年1Qですから、来年何が起こっても不思議はないよな・・と遠い目になる私なのでした。

Posted by: | Monday, 19 April 2010 11:29

ムさん、

ビデオと画像の融合、、、画像は、ビデオの一画面を切り出したもの、、、決定的瞬間は積分的に量産されたものの欠片になってしまうのでしょうか?

とかなんとか、、、。

Posted by: 野本 巖 | Tuesday, 20 April 2010 20:08

野本さん、ムービーは積分でスチルは微分、と考えると面白いですね。

Posted by: RAVEN | Saturday, 24 April 2010 19:38

RAVEN さん、

微分方程式は必ず解がありますが、、、積分は、、、。

何故か、微分に憧れますです。

Posted by: 野本 巖 | Saturday, 24 April 2010 21:13

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 渋谷 18:30 | Main | 寒い寒い、、、。 »