« 帰京 | Main | 京都、路撮その1 »

Friday, 07 May 2010

鉄ちゃんではないけれど

_1010122_1010126京都に旅立つ際に、向かい側のホーム(山形・秋田新幹線)に停車していた車両。筆者は、全く詳しくないが連結器を用いて先頭車両同士がくっついているのを見れば普通とは違った編成というのは判るし、撮りたくなるのは撮影好きの性である。もう一枚は京都駅 10 番線ホームから撮ったもの。後で気付いたが、背にしているところが高低差のある新幹線ホームである。確か、北野武氏主演の松本清張氏の「点と線」は、一部を京都駅で撮ったとどこかで読んだ記憶があるが、違ったかな?浅学な筆者の感想は「この G 20mm/f1.7 ASPH レンズのソフト的歪曲補正は凄い!」であった。
(DMC-GF1, G 20mm/f1.7 ASPH., Capture One 5 PRO, CS4)

|

« 帰京 | Main | 京都、路撮その1 »

Comments

野本さん、こんにちは!
どうもお疲れ様でした。それにしても暑かったですが、5日の最高気温は30.9度だったそうですから、暑いわけですね。
ところで、今回の2枚の写真を見て、ハッと閃いたのですが、野本さんの写真=とても新鮮な鉄道写真であります。ひょっとすると鉄道写真いけるかもしれませんね。

Posted by: tamura | Friday, 07 May 2010 18:47

野本さん、こんばんは!

鉄道写真、いいですね。
私は撮り鉄ではないのですが、ときどき撮ってしまいます。
ちょっと違う撮り方もしてみたいような、、、、

ところで、こんな噂が出てきました。
あくまでも噂で、あてにはなりませんが。
私的には今のところ、「ふ~ん」という感じです。

http://leicarumors.com/2010/05/05/rumor-leica-evil-camera-for-photokina.aspx/

Posted by: RAVEN | Friday, 07 May 2010 19:49

tamura さん、

後からニュースで京都も 30℃ 越えだったと知りましたぁ、、、。

鉄道写真、、、興味はあります。以前、Olympus さん主催で北海道の釧路だったかの雪原で列車を撮るという企画があった時に参加しようか迷った覚えがあります。子供の頃、佐賀駅の操車場(あの、蒸気機関車が何両も載ってくるくる回るヤツ)が好きで、抱っこされて何度も見に行った記憶があります、、、。

Posted by: 野本 巖 | Saturday, 08 May 2010 02:39

RAVEN さん、

鉄道写真はジャンルとして確立してますからネ!アタシは、田舎の単線とか撮ってみたいです。それと最果ての地を走るのとか、、。

Leica Rumor の記事、読みました、、、新製品としては一定の理解と評価をするのですが、、、これだったら、R レンズが付くように、、(勿論、自動絞りで)、、、できるのかしら?フルサイズにするのであれば、アダプターは簡単でしょうね、、、勿論、レンズの歪曲とか色々諸問題は残るのでしょうが。

Posted by: 野本 巖 | Saturday, 08 May 2010 02:42

野本さん、こんにちは!

当地には「南の終着駅」があります。
イメージとしては「菜の花畑を疾走する、その名も“菜の花号”」なのですが、、、、そううまい具合には菜の花が咲いておらず、仕事で苦労した記憶があります。


最近の「噂」はガセ続きなので(サイトのせいではないと思いますが)、ほとんど気にしていません。
とはいえ、つい見ちゃうのですが、、、、

ミラーレスということは、実絞りでも画像は確認できるのでしょうけれども、実絞りのみだとピントの山が判断しにくいので(開放域だけ使う人にはOK?)、Rレンズの実絞りは「ゼヒ!」の部分ですね。

ライカ社としては小型のフルサイズミラーレスならMマウントを発展させるのが普通だと思います。

しかしマウント形状がRと共通のミラーレスAF1眼なら、Rレンズを使うことができてもRシステムではない、という表現もできるのかも、、、、「R」とはReflexの意味でしょうから(強引?)。
ミラーやシャッターのショックがないことを考慮すれば、R3~7のような「小型のボディー」も有効かもしれませんね。

とまあ、想像は膨らみますが、噂ですものね。

Posted by: RAVEN | Saturday, 08 May 2010 12:51

〉Rレンズの実絞りは「ゼヒ!」の部分ですね。

→Rレンズの自動絞りは「ゼヒ!」の部分ですね。

でした(^-^;

Posted by: RAVEN | Saturday, 08 May 2010 15:53

RAVEN さん、

ミラーレスの一眼かつファインダー内に高精細の EVF を持つ、、となれば、これは必ず日本のメーカー或いは韓国の Samsung が関わらなければ無理ですね、、、。

R マウント規格かつ自動絞りはメカニズムとしてそれほど難しいとは思えないので、、、やろうと思えばどこでも出来る、、、勿論、ライカ社で出来るワケで、、、。

そんな大それた望みではないんですがね、、、R ファンとしては。

Posted by: 野本 巖 | Saturday, 08 May 2010 16:57

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 帰京 | Main | 京都、路撮その1 »