« 京都、路撮その3 | Main | 京都、路撮その5 »

Tuesday, 11 May 2010

京都、路撮その4

_1010152_1010153_1010154考えてみたらここまでの路撮はいずれも宇治近郊での撮影であったから、宇治、路撮とすべきであったが、まぁ、それは良しとして。この看板の下に埋れているのはポストである。見事に繁茂した葉で隠れそうだが、ポストとしての機能は確保されているらしい。小手毬、、これは、庭木であるが伸びに伸びていた。三室戸寺に続く路に祀られている仏。東京ではあまり見かけないが、本来辻辻にお地蔵様や神仏が祀られているのが日本の原風景であると思い出した。信心の表れであろう。
(DMC-GF1. G 20mm/f1.7 ASPH., Capture One 5 PRO, CS4)

|

« 京都、路撮その3 | Main | 京都、路撮その5 »

Comments

う~ん、京都には妖怪ポスト(1枚目の画像)があるのですね。

ここに出すと、鬼太郎+目玉のおやじが来てくれるかな?(笑)

Posted by: | Tuesday, 11 May 2010 09:23

ムさん、

よく見ると、蓋が開いたままになってるんですね、、、(^^";ゞ

でも謎めいていて面白いです。

Posted by: 野本 巖 | Tuesday, 11 May 2010 09:41

こんにちは!

それにしても色々なものに目が向いてますねぇ、、、ただただ感心するばかりであります。
ところで、これってホントに何かあるんでしょうかね。
http://leicarumors.com/2010/05/11/dont-sell-your-leica-r-lenses-yet.aspx/

Posted by: tamura | Wednesday, 12 May 2010 21:22

tamura さん、

あはは、、きょろきょろしてますものね、、、。

R System の救済策、、、Photokina 2010 の目玉なのかしら?
他社製ボディの可能性はありますね、、、それでもイイけど、、。

Posted by: 野本 巖 | Saturday, 15 May 2010 08:23

あははー、「一眼」カメラが「evil」ってえのはいいですねえ^^

Posted by: Toru | Saturday, 15 May 2010 10:20

Toru さん、

何故か英語圏のライカ系では、EV (I) L と呼んでますね。
日本製品への当て付けなのかしら?

Posted by: 野本 巖 | Saturday, 15 May 2010 11:53

さしずめ、Axis of Evilは、O社P社S社か^^;;;

Posted by: Toru | Saturday, 15 May 2010 12:07

Toru さん、

経済封鎖されるのかしら、、、?

Posted by: 野本 巖 | Saturday, 15 May 2010 13:32

こんにちは! 野本さん

日本製品に対する、というよりも「レンジファインダーの地位を脅かす存在」として警戒(評価)されているのでしょう。
私は面白いブラックジョークだと思っています。

液晶表示が高精細化され、反応速度が上がり、レンジファインダーに負けなくなった、と認められるようになればいいですね。
しかしM型LEICA遣いの「両目で被写体を見る」のを習いとしている人に受け入れられるのは難しいでしょうね。

Posted by: RAVEN | Sunday, 16 May 2010 11:59

RAVEN さん、

旧来のレンジファインダー・ファンは、EVF を目の敵にしてますからね、、、曰く、精度に問題がある、電気が入ればオシマイだ等々。

両目で見るのだって、M3 以外は、妙な感じがするのですが、、それならいっその事、等倍 EVF だって可能ではあるのですが(あまり意味はないですが、、、)。

M 型ライカは文化遺産として素晴らしいと思いますが、、、(以下自粛)。

Posted by: 野本 巖 | Sunday, 16 May 2010 14:51

野本さん、こんにちは!

スポーツを専門に撮っているカメラマンから聞いたことがあるのですが、彼らは超望遠で撮影している時も左目では広い範囲を見ているのだそうです。
例えばそうでないと、投手が投げたボールが来るのはバッターのタイミングでしか見ることができず、撮影範囲の中にボールを入れるのが難しいと。
ボールが来るのとバッターのスイングの両方を見ていると、ボールを捉える瞬間が撮りやすいのだそうです。
一時期私も練習したことがありましたが、私の場合は高校野球の時期だけだったのでその域には達することなく、フレームの中だけで見た方が効率が良かったです。

おそらく彼らは、右目で見る景色と左目で見る景色を別々に脳内で処理できるのでしょうね。
私はどうしても片方に集中してしまいます。
両目を開けていても右目の画面に意識を集中させると、左目の画像が判らなくなってしまうので。

おそらく両目で被写体を見るライカ遣いも、似たような感じなのかなあと、想像はしているのですが、、、、良く分かりません。

Posted by: RAVEN | Monday, 17 May 2010 11:38

RAVEN さん、

訓練でしょうね、、、左右の目から入った情報を別個に処理し、かつ同一のものとして認識する。

M 型ライカの場合は、両目を開けると二重像がハッキリ見える気がします。

Posted by: 野本 巖 | Wednesday, 19 May 2010 02:53

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 京都、路撮その3 | Main | 京都、路撮その5 »