« どこでもドア | Main | 光と影 »

Wednesday, 04 August 2010

_1010513軽く飲んで、店を出た。酩酊はしていないがほろ酔い気分よりはやや深酒。いつかいつかと心待ちにしている駒沢通りの延伸予定地の真ん中に立って写真を撮る。地中の水道管(?)や下水管の取替を行ったりしてなかなか開通しないのだろうか?何か日本経済、、、日本の国そのものに通じる隔靴掻痒の思い。結局、1990 年代のバブル崩壊後、この国は良くなっていなかったのだと思う。あのバブル処理のまずさ、軟着陸させれば良かったものをいきなりクラッシュさせた、、、初老の人間の世迷言である。闇に包まれてとぼとぼと自宅に向かう。昂揚感は無いが、何故か暖かい感じがした。
(DMC-GF1, G 20mm/f1.7 ASPH., Capture One 5 PRO, CS4)

|

« どこでもドア | Main | 光と影 »

Comments

バブル経済の処理もまずかったのですが、さらに「自身喪失からの復活」もできず、今の日本は「何をやってもダメ」という雰囲気になってしまいましたね。

個人的には、右肩上がりにならなくてもいいから「日本という国はどういう国になるのがいいのか」を真剣に考えなくてはいけないのだと思います。

経済は大事だけど、金だけでは生きていけないよな・・と思うのであります。
(でも、私は貧乏、ううっ)

Posted by: | Wednesday, 04 August 2010 10:51

ムさん、こんにちは!

横レスすみません。
でも貧乏な人は家の中に線路引いたりトレンクル買ったりはしません!
私はYS-11ってのに興味を持っているのですが、こちらも高いですねえ(と遠い目)。

Posted by: RAVEN | Wednesday, 04 August 2010 13:24

トレンクルはともかくとして、これから父の新盆やら一周忌などがあって、ますます貧乏になる予定(ううっ)

お金の話はともかくとして、暑くてビールを呑んでしまうのもいけないのかも。

Posted by: | Wednesday, 04 August 2010 14:02

ムさん、RAVENさん、どーもです。
僕は経済や政治には疎いのですが、YS-11ってのは国産初の旅客機じゃなくてチャリの話ですよね?

Posted by: ritomo | Wednesday, 04 August 2010 15:55

YS11、たぶんチャリの話ですよね?
私も一応購入を検討したのですが「積載重量(エンジン含む)は85kgまで」とあったので、私はムリだな・・と(涙)
乾燥重量ならokなのですが、輪行用の機材を入れると収まらないので。

Posted by: | Wednesday, 04 August 2010 16:08

ムさん、ritomoさん、こんばんは!

もちろんチャリであります。
トレンクルは発表当初から注目だけはしてまして。
(しばらく見ないうちにまた高くなってるし、、、、)
ちょうどカメラのチタンブームも落ち着いたころで、いい線ついてくるなと思っていました。

と遠くから見守っていたのですが、そこへ現れたのが似たようなコンセプトのYS-11(メインフレームは違いますが)。
いいネーミングだなあと。
しかし良く見るとほんとに積載重量85キロ。
機材考えると私もヤバイかも、、、、

ところでムさんもritomoさんも模型屋さんなんですね。
ときどき行く書店に模型コーナーがあって、線路やら建物やらもあったりするのを見て見ぬふりをしています。
「この沼(特にジオラマ)にはまっちゃいけねえ」と呟きながら、、、、
どこかに線路の全貌がわかる写真があったら教えてください。

Posted by: RAVEN | Thursday, 05 August 2010 00:53

皆様、YS-11 って、、、(;^^A

国産飛行機以外に思いつかない、、、アタシ、、うぅ。

体重制限、、、アタシも機材込みだと、、、(しおしお)。

Posted by: 野本 巖 | Thursday, 05 August 2010 04:50

トレンクル、「重量を6kgくらいにするため」にチタンを使った・・・のは判るにしても、あの価格では「気軽に持ち歩いてコインロッカーに仕舞える」って言われてもどうなんじゃそれ~、となりますよね。
で、昨年生産完了したものの、一部の熱狂的な要望で今年また再生産になった(一部パーツは変わっている)ら、なんと13万円=>33万円(6500は)という猛烈な価格になるという驚きであります。

そういう経緯を見ると、LeicaのM6やM7の新品の価格もなるほどね~、とか納得してしまう私なのでした。

Posted by: | Thursday, 05 August 2010 08:57

YS11はこんなものです。
http://www.eco4u.jp/ys-11/

Posted by: | Thursday, 05 August 2010 09:28

ムさん、

有難うございます。

う〜む、、折りたためるんですね、、、YS-11 の技術者の会社、、、うむむ。

アタシは、自転車は、、ドロップハンドルの 28 インチとかが好きかも、、、ってもう長いこと乗ってませんが。

Posted by: 野本 巖 | Thursday, 05 August 2010 10:47

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« どこでもドア | Main | 光と影 »