« AJAX | Main | 氷 »

Thursday, 26 August 2010

thinkTANK Retrospective 10

_1010576_1010578_1010580久し振りの機材紹介である。プロカメラマンならずとも気になる存在のカメラバッグ及び周辺機器を収納するバッグのメーカーである米国の thinkTANK であるが、筆者は、出張の際には同社の Urban Disguise 50 を愛用してきたが、先ごろ本国のサイトで今回紹介する Retrospective のシリーズが出ると知り、日本での輸入元である銀一さんに電話を掛けたりして待つこと暫く。初荷に早速注文を入れ、7 月 8 日に入手、いつもであれば直ぐにレポートを書くのであるが、今回は暫く使っての使用感も重要と思い、ここまで待っての掲載である。今回の要点は一連の thinkTANK の製品とは違うカメラバッグらしからぬ外観、渋め、、、おやぢ向け、、収納力があり、かつ身の回り品も大丈夫。さらに大き過ぎない事を主眼として最小サイズの 10 をチョイス。更に大型の 20, 30 もあるが、あくまで普段持ちを考えると機材を含む重量と外形サイズで 10 が限界と思ったからだ。尚、筆者が買ったのはコットン素材(パインストーン)であるが、撥水性能に優れたポリエステル素材を用いたブラックもある。
1. 画像には写っていないが、背面にジッパー付きの収納部。また、フラップ部背面には名刺入れがあり、更にベルクロのあの五月蝿い音を防止するために、ベルクロを使いたくない場合(フラップは固定されないが)に備えて、ベルクロ部分を隠してしまう工夫が有り難い。また、ショルダーストラップ以外に使い易い布製ハンドルも装備。
2. 内部のジッパー付き秘密ポケット。
3. フラップの隙間から小さな機材が滑り落ちてしまわないための小フラップ、画像では確認できないが、この下に携帯電話や携帯音楽プレーヤーを入れるための小ポケットがある。
4. サブコンパートメント
5. メインコンパートメント(カメラ機材を収納可能)。
6. サブコンパートメント
注、4. 5. 6 の位置関係は内部の仕切りを調節して移動可能。またそれぞれのコンパートメントを上下に仕切るための仕切り板も付属。
7. 上記 3. と同じ、やはりこちらサイドにも小ポケットあり。
8. 外部(両側)小ポケット
9. 他のポシェット等を繋ぐためのバンド(両側)。
10. 筆記用具やメモ帳その他を入れるためのオーガナイザーポケット。不用意に中身が落ちないようにベルクロ付きフラップ装備。鍵を仕舞うための紐及び金具付き。
11. 外部ポケット。中に見えているのは、レインカバー。
実に盛り沢山の機能を持っているが、それぞれの機能が「絵空事」ではなく実用性に富んでいるのが素晴らしい。実際に、R8 モータードライブ付きが楽々メインコンパートメントに入る。
気になった点を敢えて挙げれば、バッグを構成するコットン素材が厚手なのでバッグ自体がやや重い。機材の保護は重要だがせめて DOMKE 程度の重さに収めて欲しかった。またこれは無い物ねだりだが、A4 の書類は入らない。何でも入るので沢山の機材を入れると総重量はとんでもないことになるから、軽装を心掛ける、、、くらいか?それでも十分に満足して日夜稼働中である。
(DMC-GF1, G 20mm/f1.7 ASPH., Capture One 5 PRO, CS4)

|

« AJAX | Main | 氷 »

Comments

野本さん、おはようございます!
私もこのバッグは気になっていまして、新宿行くたびにカメラバッグ売り場を覗くのですが、なかなか現物にお目にかかれません。使用感を含めたレポート大変参考になりました。バッグ自体がチト重いというのがやはり気になりますね。
私のところは主力が Urban Disguise 50 X2 , Urban Disguise 70の計3個でして、それぞれ R9/DMR , DMC-GH1 , D3s専用になっています。 Urban Disguise シリーズはバッグ自体が軽量であることと、別売の背負い用のショルダーハーネスが良くできているのでバックパックの出番がなくなりました。

Posted by: tamura | Thursday, 26 August 2010 09:37

tamura さん、お早うございます!

Retrospective のラインで、Urban Disguise 50 相当と考えると恐らく Retrospective 30 に該当するのではないかと思います。が、バックパックハーネスは現在のところありません。アタシは、「背負い」が無理という段階で、20, 30 は諦めました、、、機材を入れた際の腰への負担を考えると車での移動はまだしも徒歩行軍では難しいというのが結論であります。

あくまでも普段使い、、、しかも「あまり」機材を入れすぎない前提であれば、お薦めであります。

10 月は、やはりいつもの装備で行くと思いますです、、、(^^";ゞ

Posted by: 野本 巖 | Thursday, 26 August 2010 10:07

一眼レフ1台運用ならよさげですね。
交換レンズなどは持たずに、ズームで割り切る?というタイプなのでしょうか?

Posted by: ム | Thursday, 26 August 2010 16:04

ムさん、

交換レンズも 1 - 2 本なら大丈夫です。但し、総重量をあまり重くしないのがキモかもしれませんです。

Posted by: 野本 巖 | Wednesday, 01 September 2010 08:23

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« AJAX | Main | 氷 »