« まめ吉 ( I ) | Main | まめ吉 ( II ) »

Tuesday, 07 September 2010

Leica-R 復活か?

Photokina 2010 が、9 月 21 日からケルンメッセで開催される。筆者の興味はただ一点、Leica-R、、、正確には、Leica R-Lense を装着可能なフルサイズ或いはそれに準ずる機種が出てくるのか、出てこないまでも開発中といった意思表示が正式にライカ社からなされるかどうかである。かつて投資に見合う見返りが期待できないと、ライカ社が正式に Leica-R のラインを切り捨てた事実、それは換言すれば時代の表層で、セレブだのライカバッジに惑わされるライカ・ファンと呼ばれる人々ではなく、真のライカファンへの死の宣告だったのだ。筆者は、当時も現在もライカ社の実質的オーナーである Kaufmann 氏の一言を信じている。確かに、Leica S2 に R レンズを装着するアダプターの開発に関しては雲散霧消してしまったが、R に関しては、R ファンが納得出来る solution を準備すると、、、。と、ここまで書いて、それを言ったのが本当に Kaufmann 氏だったかどうか曖昧だったことに気付いた。いずれにしてもあと僅か、、、Photokina 2010 の開催を静かに待ちたい。

|

« まめ吉 ( I ) | Main | まめ吉 ( II ) »

Comments

Photokinaでどのような発表があるのか気になりますね。私の適当な訳なので正確さに欠けますが(笑)、Leica News & Rumorsに新たなR System はあり得ないが、新しいフルフレームのミラーレスカメラで用意される新レンズとともにRレンズも使えると、、、いずれにせよ期待値大であります、、、

Posted by: tamura | Tuesday, 07 September 2010 12:43

この際、Mマウント版フルサイズデジタルライキナでも出してくれれば、動画もできてハッピー!

なんてなるんですかね。
だとしたら、私の購入したM9はなんなのぉ~(涙)

Posted by: ム | Tuesday, 07 September 2010 15:29

いつも楽しく拝見させて頂いています。

最近、気になっているのは、パナソニックの「メモリーカードカメラレコーダーAG-AF105」の商品説明に「映画用の35mmフィルムとほぼ同じ撮像面積の4/3型MOS撮像素子を搭載。」とあり、「マイクロフォーサーズ規格の多彩な一眼レフ用レンズがビデオ撮影に使用できます。マウントアダプターを使用する事で35mmフィルムカメラ用レンズやプライムレンズの装着も可能になり、、、」となっています。

http://pro-av.panasonic.net/jp/af105/index.html

これは、マイクロ4/3規格のレンズが使えるほぼ35mmフィルムサイズの画像素子のカメラもあり得るのかと思いました!

Posted by: kunitaka | Tuesday, 07 September 2010 19:26

tamura さん、

唯一の心配(?)は、自動絞りの問題、、でも、EVF だったら勝手に増感して明るく再現してくれるのでしょうね、、、うぅ。

Posted by: 野本 巖 | Tuesday, 07 September 2010 20:59

ムさん、

M9 は、いえ M 型ライカは不滅でありますよ!

動画機能、、、まず間違いなく入ってくるでしょう、、ライカ社製でないのなら、、。

Posted by: 野本 巖 | Tuesday, 07 September 2010 21:00

kunitaka さん、

4/3" 素子を用いて、35mm をカバーするというのはちと「???」ですが、キットそうなんでしょう、、、(^^";ゞ

パナさんの OEM の可能性はあると思いますです。

Posted by: 野本 巖 | Tuesday, 07 September 2010 21:02

久々に興味をそそるRネタですねぇ。
少ないながらもRレンズは1本も手放しておりません。
すぐに...とはなかなかいかないでしょうが、楽しみですね。
って、3年ぐらい待たされたりして(^_^;)

Posted by: ボン村上 | Tuesday, 07 September 2010 21:45

S2でお腹は満腹ですが、Rとも切れてないわけで興味あるところです。
(^-^;
発表〜発売までどれぐらいかかるでしょうか?
S2もレンズがなかなか出て来ないですね。(ρ_;)

Posted by: 鯖猫 | Tuesday, 07 September 2010 22:16

ミラーレスとなれば、フランジバックは短くなるでしょうから、Rレンズ用のアダプターが出ると思われます。純正品なら絞りの連動機構くらいは付けて欲しいところですね。って、まだ出ると決まったわけでもないのに、、、ま、落ち着いて、と。(笑)

Posted by: tamura | Tuesday, 07 September 2010 22:17

Photokinaに向けて早速第1段が発表されましたね。

http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100907_392216.html

って、X1のオーストリッチ革仕様だそうで、、、、う~む(;ω;)

Posted by: RAVEN | Tuesday, 07 September 2010 22:30

映画の35mmフィルムの記録サイズは22mm×16mmで、ハーフサイズ位ですね。

Posted by: もへ | Wednesday, 08 September 2010 00:26

ボンっ!

久し振りやなぁ、、、(^0^)/

いやぁ、、待たされた、待たされた、、、でも、これですかしっ屁やったらホンマに R とは、バイバイやろな、、。

次は、EOS かしら?

Posted by: 野本 巖 | Wednesday, 08 September 2010 06:27

鯖猫さん、

個人的には、サードパーティ製の OEM の可能性もあると思っています。ライカ社自身で組み上げるよりは効率が良いですから、、、先日、新しい CEO が就任されたようですが、、、彼は Jenoptik AG にいた事もあるみたいで、、、まあ推移を見守りたいと思います。

しかし、S2、、、いいなぁ、、、。

Posted by: 野本 巖 | Wednesday, 08 September 2010 06:31

tamura さん、

微妙ですね、、、なんとなくですが、絞り連動機構は「省略」されそうな予感が、、、、うぅ。但し、フルサイズでないと、、、意味ないですね。

Posted by: 野本 巖 | Wednesday, 08 September 2010 06:33

RAVEN さん、

いまだに、限定モノ販売に血道をあげているのが何とも、、、うぅ。

Posted by: 野本 巖 | Wednesday, 08 September 2010 06:34

もへさん、

なるほど、、、35mm は、対角線長でしたか、、、(;^^A

結局、4/3" のマンマですね、、、でも、4/3" のマンマはやらないって言ってた気が、、、まさか凹レンズ付きのアダプターとか、、、(;_;)

Posted by: 野本 巖 | Wednesday, 08 September 2010 06:35

今度出るカメラがあるとしたら、当然ミラーレスでしょうし、動画が写せるのは当たり前ですよね。
よく自動絞りがないと・・という話を聞きますが、もう明らかに全盛期の遺物になりつつある「自動絞り」が、レンズが大柄になることと、連写能力向上の足かせになっているのですから、この点についての配慮は無用だと思います。
G1やNEXでアダプタを使えばはっきりしますが、この時点で「自動絞りはいらんな」と実感できます。
不要なものは不用と割り切り、より使いやすいカメラに進化して欲しいものです。

早くフルサイズミラーレス機・・・出て欲しい。
問題は資金でしょうけど(号泣)

Posted by: ム | Wednesday, 08 September 2010 09:25

ムさん、

確かに EVF では、絞りによる減光を電気的に増幅してくれるので、限度はありますが、自動絞りの必然性は薄れていると思いますです。

そうなると、後は、撮像素子のサイズのみですね、、、。

アタシは資金繰り、、、どうしようかしら?

Posted by: 野本 巖 | Wednesday, 08 September 2010 22:41

こっちに書き込めばよかったな。AFと云う事(うわさ)でしたから多分他のレンズはアダプターを使ってと云うことでしょう。パナのGxシリーズとかソニーのNEXがありますから、フルサイズは興味ありますねぇ。20まん以下でお願いしたいです、私は年金生活者ですので。

Posted by: koji | Thursday, 09 September 2010 07:15

koji さん、

情報、有難うございますです。

ミラーレスについては個人的に何の問題もありませんし、EVF 使用(但し、高解像度に限る)も問題ありませんから、、、要するにフルサイズ機であれば良いと思っています。

価格は、一部のリーク(?)では、US$3,000 とか Euro3,000 とかではなかったかしら?

Posted by: 野本 巖 | Thursday, 09 September 2010 10:23

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« まめ吉 ( I ) | Main | まめ吉 ( II ) »