« 京都(撮影編 I ) | Main | 京都(撮影編 III )路撮風に »

Saturday, 23 October 2010

京都(撮影編 II )

_1010702_1010704_1010705清水寺は、一般の寺と違い檀家が存在しないとは、集合場所に向かうタクシーの運転手さんが教えて下さった。それとどういう関係があるのか不明だが、結婚式が出来るとも。誰でも式場として使うことが出来る、、、の意か?撮るスポットは毎回ほぼ決まっている。桜の時期、紅葉の時期は彩りが増すが、常緑樹も多く、桜だらけ、紅葉だらけにはならない。今回は子安の塔は工事中だったからナシ。同じ感じの写真になってしまわないように、色々やってみたが、定盤の撮り方が、一番である。一番左の画像は、同じ感じで DMR でも撮ったが、そちらの方は見事にピントが来ていなかった。やや暗い場所での撮影だったと自分を慰めてはみるが、だいぶ視力というより目の分解能が落ちてきているようだ。数年前からコンタクト・レンズを止め眼鏡に変えたせいなのかもしれない。眼鏡は、度が強すぎると「くらくら」するからやや弱めの補正にしてある。また老眼もあるからコンタクト・レンズを装用すると今度は老眼鏡が必要になってしまう。年をとるというのは厄介なものだ。と、ぶつくさ言うのは今だけで、撮影中は没我の境地。写真は素晴らしい。
(DMC-GF1, G 20mm/f1.7 ASPH., Capture One 5 PRO, CS4)

|

« 京都(撮影編 I ) | Main | 京都(撮影編 III )路撮風に »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 京都(撮影編 I ) | Main | 京都(撮影編 III )路撮風に »