« 少し気が早いが | Main | 褓子器(ポジャギ)その 1 »

Saturday, 27 November 2010

Serendipity 18 featuring Bill Watrous

_1010881夕べは、筆者のラッパの先生が率いる Serendipity 18 のコンサートだった。今回は、トロンボーンの名手 Bill Watrous 氏をフィーチャーし、快演を楽しませてもらった。個人的には前回来日時よりも Watrous 氏の調子が良く、71 歳と云う年齢を全く感じさせないパフォーマンス。音楽家にとって年齢はあまり大きな問題では無くなってきているのかもしれないと思ったが、Watrous 氏の日頃の節制の賜であろう。
(DMC-GF1, G 20mm/f1.7 ASPH., Capture One 5 PRO, CS5)

|

« 少し気が早いが | Main | 褓子器(ポジャギ)その 1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 少し気が早いが | Main | 褓子器(ポジャギ)その 1 »