« 六本木通りの銀杏 | Main | 連日連夜の »

Friday, 16 December 2011

Pho.to Lab (iPhone application)

Img_0238Img_0237先に iPhone 用のアプリである Instagram を紹介したが、今回は撮った画像を如何にプレゼンするか?その為のアプリである。無料の基本セットでもかなり色々なことが可能で、単に画像をいじるのではなく、完成させた画像をそのように見せる(魅せる?)かに焦点を当てた製品である。作業は簡単で、任意の画像(1枚〜数枚)を選択し、気に入りのフレーム、効果等々を選べば、面白い画像に仕上がるのだ。ハリウッドのセレブの画像もあり、楽しめる内容だ。尚、無料版以外に PRO 版(有料)もある。Wi-Fi 或いは 3G 環境が必須である。
(Pho.to Lab による作業例)


|

« 六本木通りの銀杏 | Main | 連日連夜の »

Comments

このアプリ面白いですね。
美術館の絵として合成してくれるんですか?
自分の絵を飾る人もいるのかもしれませんねw

ところでFujifilmのミラーレスは、やはりAPS-Cのようですね。
メーカーの人が、さらっと言ってますから。

https://www.impressjapan.jp/pr/monitor/1112_dcm/271201_free.pdf

Posted by: RAVEN | Saturday, 17 December 2011 22:44

来年、1 月発表と、、、これもさらりと言ってますね!

う〜む、APS-C かぁ、、、。

Posted by: 野本 巖 | Sunday, 18 December 2011 00:15

「将来はフルサイズまで」を見据えたレンズ設計が為されていると良いですね。

当初APS-C以上、フルサイズを超える画質、、、、とあったのでちょっと期待が大きすぎたかも。

でも伝えられる有機センサーが期待以上の能力を発揮してくれると、「現状のフルサイズ以上の画質」ということなのかもしれませんね。
ローパスレスらしいし。

Posted by: RAVEN | Sunday, 18 December 2011 13:34

あ、そうそう。

ペンタリコーさんが「フルサイズのミラーレス」を目指すと言っているので、こちらも話題になっていますね。

リコーさんはソニーの素子でローパスレスに取り組んでいるので、期待できるかもです。

Posted by: RAVEN | Sunday, 18 December 2011 13:37

RAVEN さん、

情報有り難うございます。

FUJIFILM さんと Ricoh さん、動向が気になります。
それと、、Wetzler に正式移転を発表したライカ社、、、。

来年は、期待大だなぁ、、、!

Posted by: 野本 巖 | Sunday, 18 December 2011 17:47

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 六本木通りの銀杏 | Main | 連日連夜の »