« ダンパ | Main | 冬の雪の日 »

Monday, 27 February 2012

R.I.P. Maurice André

Title0052当代随一の名トランペット奏者である、Maurice André 氏が、昨日(現地 25 日)亡くなられた。享年 78 歳。死因は明らかにされていない。炭鉱労働者であった父君から手ほどきを受け、恵まれた環境とは言えない中から軍楽隊を経てパリ音楽院に進み、卒業後、数々のコンクールで優勝。クラシックの世界でラッパを脇役から主役にのし上げたと言っても過言ではない名手中の名手である。筆者が九州の佐賀から上京し高校生になりたての 1973 年、初来日した際の上野文化会館でのコンサートは忘れることのできない素晴らしいものだった。完璧な音程、奏法、テクニック、、甘い音色、淀みのない演奏、溢れる音楽性。個人的には、空前絶後のラッパ吹きだと思う。神に召されて、天界でもラッパを吹き続けておられる事と思いたい。


|

« ダンパ | Main | 冬の雪の日 »

Comments

ああー、78歳じゃ音楽家としてはまだお早いかも.EMIのハイドン盤など一所懸命きいたものです.さしずめ、天上では天使と吹き比べってところでしょうか^^.

Posted by: Toru | Monday, 27 February 2012 19:52

Toru さん、

数年前に引退されたようですが、病死ではないかなぁ?と思ってます。
不世出の天才でしょうね!

Posted by: 野本 巖 | Monday, 27 February 2012 20:03

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ダンパ | Main | 冬の雪の日 »