« 香港 (iv) | Main | 香港 (vi) »

Sunday, 29 April 2012

香港 (v)

L1091038L1091047L1091052DMR の画像。延々と埋め立てが続いていた IFC ビルディングの前の景色が一変していた。パスポートを見ると、昨年 5 月に来て以来、香港は久し振りだったのだ。埋め立てはほぼ完了し、これらの鋼材は新たな建物用なのだろうか?時代が変わってもスターフェリーは、健在だ。筆者の個人的な趣味だが、スターフェリーの客船を見ると何故かホッとする。古くても良いものは良いのだと思う。日本人が失われた路面電車に感じるものと同じということか?日本に帰る日、チェックアウトを済ませるとクラブ・フロアーのスペースで何やら作業が進行していた。見てみると屈強の方々が、ガラス拭きをしている。窓外の景色との対比が面白く、撮影。DMR を見直しているうちに、やはり R-System をフィルムで使ってみたくなった。
(R9 + DMR, Elmarit-R 28mm/f2.8 Type II, Capture One 6 PRO, CS5)

|

« 香港 (iv) | Main | 香港 (vi) »

Comments

最初の写真の景色は20年前ならばL字型に海に突き出した卜公碼頭上のカフェでビール飲みながら天星碼頭越しに灣仔から銅鑼灣を見る之圖、って感じですよね.Time flies. 鉄骨、地盤を更に何とかするのでしょうかね?

尖沙咀碼頭は、上層への入り口は、料金ゲートこそ無くなりましたが、左側に「往灣仔」右側に「往中環」と表示は以前のまま.いつまで残るのでしょう.

Posted by: Toru | Wednesday, 02 May 2012 19:26

Toru さん、

土地を広げる意味は分かるのですが、交通ターミナルを作りたいのかな?と思いました。景観は激変してますですネ。

湾仔行きのフェリーも便利なのですが、湾仔中心部に行き着くのにはやや離れ過ぎている感じがします。でも、香港の風景として是非残して欲しいですね!

Posted by: 野本 巖 | Thursday, 03 May 2012 10:50

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 香港 (iv) | Main | 香港 (vi) »