« もこ吉移送中 | Main | 雨の日 »

Thursday, 03 May 2012

つつじ、さつき

_1000216_1000220_1000224つつじとさつきが一斉に咲き出した (5 月 1 日のこと)。僅かに咲いているなぁと思っていたら示し合わせたように、どんどん街のあちこちで開花が始まったようだ。メールで連絡を取るでもなく、かれらは自然の摂理で咲き始める。筆者の理解では、花と葉が小さいのがさつきで、大きいのがつつじ。一般に、つつじが先でさつきは後らしいが、そんな一般論はお構いなしに、どんどん咲き始めている。ちょっとしたお湿りがあったので、花勢を取り戻し、次々に開花していくのだろう。人通りの少ない自宅前の植え込みも満開間近である。
(DMC-GX1, G 14mm/f2.5 ASPH., Capture One 6 PRO, CS5)

|

« もこ吉移送中 | Main | 雨の日 »

Comments

野本さん、おはようございます!
いやはや、ツツジ類というのはホントに見分けがつきにくいですよね。まあ、普通にいうツツジ(平戸ツツジ)は比較的花が大きいということで見分けられますが、花が小振りのサツキと霧島ツツジ、久留米ツツジとなるとおいそれと見分けられないです。
一応、サツキは花期が5月下旬から6月はじめなので、今咲いているのは、原種系の霧島ツツジか園芸種の久留米ツツジだと思いますが、霧島ツツジは赤系なので、写真左は久留米ツツジだと思います。
ま、しかし、大ざっぱにサツキとツツジでも良いのかも、、、(笑)

Posted by: tamura | Thursday, 03 May 2012 10:21

tamura さん、

ご指摘、有難うございます。

つつじとさつき、、、、大きさで見分けるという荒業(!)は、通用しないのですね、、、。久留米ツツジ、、、アタシの郷里の近くが原産なんですね。

しかし、知ら無いことは強みというのかなんというか、、、(;^^A

有難うございます。

Posted by: 野本 巖 | Thursday, 03 May 2012 10:56

父がサツキに凝った時期があったので、花の時期がツツジと違うと言うのは身を以て体験しています(笑).今でもいくつか品種の名前をその花とともに覚えています.

会社のツツジの植え込みに、夜用の街路灯が埋め込まれている所があります.大きな長方形びっしりの植え込みの4頂点と長辺の真ん中の6カ所.花は街路灯に近い部分から咲き始めます.他の部分が咲きそろう頃にはそこはすでに緑色.

やはり、明るくされるとだまされてしまうのですね.

Posted by: Toru | Friday, 04 May 2012 10:53

Toru さん、

同じように道路脇に植えられていても、ある部分だけ「どばぁ!」と咲いてたりしますから、光と他の何かが違うんでしょうね。六本木通り沿いのつつじ(久留米つつじ)は、剪定もされず、荒れ放題なのが気の毒であります。

Posted by: 野本 巖 | Friday, 04 May 2012 11:44

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« もこ吉移送中 | Main | 雨の日 »