« Leica M (II) | Main | Leica M (IV) プリセットで使える R レンズ一覧 »

Friday, 21 September 2012

Leica M (III)

Leicamrlensevf筆者の素人知識を振りかざすのは、そろそろヤメにしたいのだが、Leica M 発表当日の興奮から徐々に冷静な思考に切り替わって来ている。無論、R レンズをフルサイズで、、、可能であればライカ社の製品で(← これは、ライカ崇拝ではなく、万一の故障の場合に、アダプター使用は当社の保証外ですと言われないための布石、、なんとなれば、ライカは故障するのである。)、とこれらの希望は叶えられたのであるが、今ひとつ引っ掛かるものがある。それは、R レンズを開放でピント合わせ出来ないという点である。数十年前、絞り込み測光主流の時代に先進の開放測光を声高に叫んでいた時代とは違っているのは理解しているし、恐らく「ある程度」まで絞り込んでも最新の CMOS と EVF 或いは背面液晶は、光量補償をしてくれるからマニュアルでのピント合わせに問題はないであろうと思ってはいる、が、、、とここまで考えが進むと、、、も、もしや Leica M は、今の時代に蘇った ALPA ではなかろうかと思い始めた。_1000748ALPA について詳細を書くことはしないが、古今東西のありとあらゆるマウント・アダプターを揃えていた ALPA は、マクロ・スウィターに代表される自前の優秀なレンズ群とは別に、ほぼ如何なる名レンズをも懐胎できる奥深さがあったのである。そして、その ALPA でさえも成し遂げられなかった M 用レンズの取り込みを Leica M は、いとも簡単にやってしまった。幸か不幸か、筆者はそれら数多のレンズ群を未だに動態保存(!)しているから、それらをこのデジタルの時代、しかもフルサイズで楽しむことが可能になったのだ、、、(酔いしれている)。とまれ、筆者の目下の心配は、既に述べたように絞り込んだ場合のピントの視認性であるが、結局、特段速い動きのスポーツ、レース等を撮るワケでもないので、そんなものだろうと思い始めているのも事実である。しかし、Leica 如きが簡単に成し遂げてしまったこの快挙を、何故に日本のメーカーがフルサイズで実現できなかったのであろうか?フルサイズの需要は少ないと聞くが、それはリサーチの仕方の誤りだと強く思う。フルサイズ・センサーの価格もこなれて来た今、そしてクイック・リターン・ミラーの呪縛から開放された今こそ、フルサイズ・センサーを持ち、絞込み時の光量補償を的確にハンドリングしたまさに「箱」が求められているのではないだろうか?さて筆者は、現代に蘇った孤高の デジタル ALPA をどう使おうか、思案でも始めることにしようか。(つづく)(ALPA の画像のみ DMC-GX1, G 14mm/f2.5 ASPH., Capture One 6 PRO, CS6)
追記:Leica M には、IR Cut フィルターは、搭載されているが、AA フィルターは M9 同様、搭載されていない。

|

« Leica M (II) | Main | Leica M (IV) プリセットで使える R レンズ一覧 »

Comments

こんばんわ:)
今、ライカMによるRレンズのピント合わせに関して、Live View Zoom以上にLive View Focus Peakingがどれほど効果があるのか、興味が有ります。
私はド近眼で乱視で、最近は遠視の傾向も有り、眼鏡のレンズなんて毎年交換でそのたび数万円近く散財しております(^^;)。
9月30日にライカ銀座店でフォトキナ新製品発表会があるらしく案内状が来ておりましたが、行きたくても開催時間が厳しい・・・(; _ ;)
先ほどもネットでライカR望遠ズームを物色しておりましたが、Vario-Apo-Elmarit-R 70-180/f2.8は高価過ぎて数も少ないですが、 Vario-Elmar-R 80-200/f4 だと10万円以内で程度の良い中古が手に入れそうですね。そんななか大阪のTカメラでDMRの委託品が125000円で出ておりました(; _ ;)

Posted by: 鯖猫 | Friday, 21 September 2012 00:36

鯖猫さん、コメント有難うございます。

近眼、乱視、老眼、、、視力の衰えは、人間の経年変化なので如何ともし難いのですが、今回の Focus Peaking は、かなり使えると思っています。通常の Live View Zoom でも、EVF2 を用いる限りアタシの DMC-GX1 で、広角が楽にピント合わせ出来ますから、両方を使い分ければ二重像合致方式のファインダーよりもピント精度は上がると思います。

アタシは、どういうワケかライカ・ジャパンさんから何も来ません、、って、確か DMR と M8 は、ライカ・ジャパンさん経由で買ったのですが。引っ越しちゃったからかなぁ?嫌われてるのかしら、、、(^^";ゞ

R の望遠ズーム、Vario-Apo-Elmarit-R 70-180mm/f2.8 は、良いレンズですが、結構重いので、取り回しが大変であります。通常の使用では、Vario-Elmar-R 80-200mm/f4 で十分過ぎると思います。明日辺り、Leica M で、カメラ内補正がプリフィックスされているレンズの一覧を書こうと思っていますが、いずれのレンズも対象レンズであります。R レンズの中古相場は低迷の一途だったのですが、今回の Leica M の発売で、跳ね上がるかもであります。また、R レンズ再生産の予定は「無い」そうなので、お早めにであります。

その DMR の中古は、、、或いは、買いかもしれませんネ、、、(意味深)。何故なら、Color Depth 16 bit ですから、、、。

Posted by: 野本 巖 | Friday, 21 September 2012 00:56

ピント合わせが絞り込みである・・・という点については、NEX-7での経験からするとミラーレス機では当たり前(常時受光なので)で、まったく心配することはないです。

現代のALPA・・・・う~ん、ますます楽しみ(意味深)

Posted by: | Friday, 21 September 2012 06:55

ムさん、コメント有難うございます。

じっと EVF2 を載せた Leica M の画像を見ていると、いつの間にかアルネア型の ALPA に見えてきたというのが、本音であります。

こうなったら、色々なマウントアダプターは、必需と考えられ、、、(以下自粛)。あぁ、、、ヤバイなぁ、、、でもないか。

Posted by: 野本 巖 | Friday, 21 September 2012 09:36

野本先生、こんにちは。
昨日、ビゾフレックスが手元に届きました。それをOM-Dに取り付けてみました。
ファインダーの見え方はOM-Dのそれと大差ない見え方でしたので、Rレンズでもある程度絞り込んでのピント合わせについては何も問題ないと思います。
僕もマクロスイター50/1.8が全域で使えることを嬉しく思っています!

Posted by: ritomo | Friday, 21 September 2012 10:50

ritomo さん、コメント有難うございます。

そうでしたか、、、あの EPSON さん(!)の EVF は、外付け EVF としては、現在最高水準でありますよね!勿論、内蔵型では SONY さんの NEX-7 のものが凌駕してますが。
これは、M型用のマウント・アダプターを揃える必要があるかも、、、アタシは、ヤシコン、M42、EXAKTA とか欲しいなぁ、、、(;^^A

Posted by: 野本 巖 | Friday, 21 September 2012 12:09

フルサイズのミラーレスがどうして日本のメーカーから出さないのかは確かに疑問ですよね。MレンズでFFができるのなら全てのSLR用のレンズで少なくとも大きな問題は無いのではと素人的には思うのですが--。勿論、AFの問題やAE、そして手ぶれ防止などの副次的?な問題が足を引っ張っているかもしれませんし。でも先送りしている内にFFの実質ミラーレスの世界の第一号はLeicaになりましたね。

Posted by: イチロウ | Friday, 21 September 2012 16:55

イチロウさん、コメント有難うございます。

micro 4/3" 陣営は、そもそも撮像素子の規格が合って、あのサイズですから仕方がないにしても、後発メーカーは、どこも APS-C サイズどまり。七不思議というか、「???」であります。或いは、本文にも書いた様に、フルサイズの需要は無いとのリサーチ結果なのか?でも Canon さんも NIkon さんも廉価版と言えるフルサイズを投入してきましたよね?
これが、企業の戦略として、取り敢えず APS-C サイズの撮像素子をベースにした機種とレンズを一通り揃えてもらって、次にフルサイズという意識であれば、個人的には「???」であります。

Posted by: 野本 巖 | Friday, 21 September 2012 17:15

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Leica M (II) | Main | Leica M (IV) プリセットで使える R レンズ一覧 »