« 大岡山 | Main | Leica M に向けて、R9 + AME を使う(その 1) »

Thursday, 27 September 2012

舘ひろし sings Yujiro

_1000772まだ夏の盛りだった 8 月 7 日。学生時代からの友人である S 間君の計らいで、プロのレコーディング現場を見る機会があった。筆者は、カメラとほぼ同時期からラッパを吹いていたが、学生時代を含めてついぞ録音等は経験したことがないから、小躍りして麻布台の Sound City スタジオに向かった。そのレコーディングは、当代一流のプロが集まる、、、例えばトランペット・セクションは、エリック・ミヤシロ氏、西村浩二氏、横山均氏といった面々。Sax 陣には、近藤和彦氏、吉田治氏、小池修氏、アンディ・ウォルフ氏、宮本大路氏、Trombone セクションは、半田信英氏、松尾直樹氏、朝里勝久氏に加え、ドラム神保彰氏、ベース櫻井哲夫氏、ギター増崎孝司氏、ピアノ山田秀俊氏、更には、バイオリン、ビオラ、チェロの弦楽器も加わった、最近では例を見ないビッグバンド・スタイルかつ凄まじいメンツであったから、、、もう大興奮したのだった。勿論、舘ひろしさんも登場され、、、ぎゃぁ〜、、みたいな。その折のアルバムが今般、発売されたのである。Amazon.jp で、送って貰ったアルバムを、ゆっくり、じっくり聴き込んでいると、あの時の状況が蘇ってくるのである。筆者のラッパは、ちっとも上手くならないが、気持ちはもうハリウッド・デビューである、、、わはは。
(DMC-GX1, DG Macro Elmarit 45mm/f2.8 ASPH., Capture One 6 PRO, CS6)

|

« 大岡山 | Main | Leica M に向けて、R9 + AME を使う(その 1) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 大岡山 | Main | Leica M に向けて、R9 + AME を使う(その 1) »