« 葉山 | Main | 外苑前 »

Sunday, 03 November 2013

Nikon Df

Nikon_1ネット上では、公然の秘密として Nikon Df の評判が囁かれている。当の Nikon さんもニコン・イメージングのトップ・ページで、数日に渡りティーザーを紹介しているから、秘密でも何でもナイのだろうが、11 月 5 日に発表されるモデルは、やや懐古趣味かもしれないが、かつての正統のカメラの形をしている。micro 4/3" 機である OM-D E-M5 そして OM-D E-M1 が、ややレトロな外観で成功した流れもあるのだろうが、ペンタプリズムの形態にカメラがカメラであった頃の郷愁を感じる世代、そして圧倒的だった Nikon F の時代を懐かしむ世代が跳びつくのだろう。と、他人行儀だが、実は筆者も写真より寧ろ Nikon F という機体に憧れて入った類だからその胸中は察するに余りある。思うに、銀塩最後のカメラとして Nikon が送り出した Nikon F6 のデジタル版という解釈が成立するのかもしれない。筆者も所有しているが、あのカメラは、プロ機の名のもとにカメラという形態から異形の進化を遂げてしまった Nikon のフラッグシップ系列機に対して、フラッグシップの冠を外し、かつてのチャンピオンの引退後を思わせる形態とスペックであった。翻って、Nikon D シリーズは今後も発展進化していくのだろうが、その過程でカメラに触れ、写真(画像)を撮る楽しみに特化したモデルとしてより身近に感じるのは何も筆者に限った意識ではあるまい。正直、SONY α7R よりも筆者にとって食指が動くモデルである。もしも Nikkor-Auto 時代とまでは行かずとも、Ai 時代のマニュアル・レンズの装着が可能であれば、真剣に購入を検討すると思うと宣言しておこうか?
(画像は、ニコンイメージングのサイトから引用)

|

« 葉山 | Main | 外苑前 »

Comments

あ、そういえば、一昨日ちょっとソニーの方とお話ししたんですが、「瞳がセンサに近いレンズを使う予定の方は、やっぱり画素サイズが大きな7の方が安全なんですけどねー」ってことでした.確かに^^;;.「いやあ、その種の方々は、いざとなったらモノクロに逃げる手も、、」などと返答して笑われちゃいました.

Posted by: Toru | Sunday, 03 November 2013 at 14:13

Toru さん、コメント有り難うございます。

後群が飛び出たレンズ群は、装着して眺める専用でもいいかな、、、とか、、、(^^";ゞ

Posted by: 野本 巖 | Sunday, 03 November 2013 at 16:52

野本さん、こんにちは。

このカメラ、見れば見るほどいろいろな形を思い出すデザイン・・・と個人的に思っています。
前から見るとFM系に似ていると言われていますが、私はペンタ部の頂点が
FM系よりもFE系に近いと思うので、両方合わせた感じに見えます。
ある角度から見るとキヤノンNew F-1のアイレベルのようにも見えますし、このブログの写真の角度から見ると
ホットシューの取り付け部の傾斜がまた別のカメラに・・・
それから前面に配置されているように見えるたくさんのボタン・・・
謎が多いです。
Aiレンズは登録式で大体カバーできるんじゃないですかね?
F4の気配りマウント復活とかあったりして(笑)

Posted by: にこらい | Sunday, 03 November 2013 at 17:37

にこらいさん、

アタシも FE2 系に近いデザインだと思います。勿論、多くの操作ボタンは別物ですが。
情報では、F4 みたいな、気配りマウントになっていて、Ai 連動用の爪が可倒式になっているようであります。

にこらいさんには、是非逝って頂きたい、、、(^^";ゞ

Posted by: 野本 巖 | Sunday, 03 November 2013 at 18:40

自分も強く興味を持っています。
AiレンズならD600でも普通に動きますし、機能的な意味はあまり感じませんが、個人的に全く使わない動画やフラッシュが省かれた直線的でシャープなフォルムに惹かれます。ただ、D600のファインダーでは35/1.4など大口径レンズのMFは困難でした。価格も気になります。D600同等でないと交替は難しいですす。

Posted by: Roberto | Sunday, 03 November 2013 at 20:27

Roberto さん、コメント有り難うございます。

やはり我々世代は、一眼レフしかも直線的なデザインの刷り込みがかなり強烈な様で、あの形に反応してしまうのであります。これは、もう理屈では無いですね、、、と同時に、NIkon F や Canon F-1 が存在した時代への郷愁も感じているのだと思います。

しかし、Nikon さんもなかなか憎い演出であります。

Posted by: 野本 巖 | Sunday, 03 November 2013 at 22:07

おはようございます! 野本さん。

こんな純親父カメラを企画する会社があるとは!
このカメラ、オールド・ニコン・レンズ群を使うためのデジタルカメラ(1600万画素以上の解像力はオーバースペック?)という位置づけだとすれば、つくづくこの会社ってなあ律儀だな、と思って見ていました。

噂ではローパスレスという話もあったので、そちらの描写も気になるところではあります。
ボディがF1桁クラスの堂々たるサイズなのに対して、ペンタカバーのデザインがFM-FE系と言うのにやや違和感を感じるものの、視野率100%なら、ペンタカバーのサイズ自体はF3P(シュー付きなので)という感じだろうか?と。
アイピースも丸型のようですし。

良い意味で純然たる趣味カメラなので、当面買う予定(余裕)は無いのですが、こんなカメラを必要としている人は少なくないと思います。
世間の反応が良ければOMD EM-1のようにフラッグシップの画質を押し込んだ上級機(私はF3デザインが好きです)の登場も期待したいですね。
(基本的に上級機は無いと思うのですけど)
EM-1はなかなかデザインが洗練されてきたと感じています。
逆に言うと、かつてのF3やOMのデザインがいかに優れていたか、ということだと思います。
今見ても全く古さを感じさせず、「成熟した」雰囲気を漂わせていると思いませんか?

Posted by: RAVEN | Monday, 04 November 2013 at 05:43

RAVEN さん、コメント有り難うございます。

流行りの衣装に身を固めているのなら兎も角、おっさんにはおっさんの装束とカメラ然としたカメラと云うことでしょうか?

どうも我々世代にはペンタプリズム・フェチが多いらしく、あの三角があると「ビビビ」と惹かれてしまうのであります。

1600 万画素については必要十分、センサーサイズが大きいのでしょうから、アラも隠してくれるのだと思います。

世の中がやや細かなところまで気にし過ぎる傾向(それはそれで重要なのでしょうが)にあるので、おおらかなカメラになると良いと思います。

アタシは、個人的に R レンズ愛でありますが、この Nikon Df は、凄く欲しいなぁ、、と感じています。

Posted by: 野本 巖 | Monday, 04 November 2013 at 09:18

Fのアイカップ(兼視度補正レンズ)が使えたら買おうかしら(違

Posted by: Toru | Monday, 04 November 2013 at 10:51

Toru さん、

出来れば、ペンタ部は、F3 形式ではなくて、F, F2 みたいに尖っていて欲しい、、、(時代錯誤か?)。

Posted by: 野本 巖 | Monday, 04 November 2013 at 10:54

リーク写真が出てきましたね!

いかがですか?

http://nikonrumors.com/

一見ゴチャついているようですが、この軍艦部を見ると、まだ私の脳はアナログダイヤルの方を認識しやすいのだなということを再確認しました。
情報がスーッと頭の中に流れ込んできて、収まるべきところに収まっている感じとでもいうのでしょうか?

というか、私はアナログ表示のカメラを弄っていたからこそ、露出を理解できたのだな、という事実に気が付きました。
現在のカメラのように、いきなりデジタルの数字の配列を見て理解できたかどうか不安であります。

昔のカメラを使っていた人なら、他社製の物を使っていた人でも一発で理解できるカメラに仕上がりましたね。
想像していたより気に入っている自分がいます。
欲を言えばもそっとシックにまとめてほしかった(?)

Posted by: RAVEN | Tuesday, 05 November 2013 at 01:28

RAVEN さん、

リーク画像を見ての第一印象は、正面と軍艦部は Nikon FA の基本ボディ + Contax RTS III の操作系で、背面は、D610 か、、、と思っちゃいました。正直、ちょっと神経質な感じであります。デザイン的には ×。もっと洗練というか、大人(ぢぢい?)向けなんだから、博覧強記みたいなボタンとダイアルの羅列は止めて欲しかったです。ざっと見ると、ボタンとかダイアルが 20 個以上あるんじゃないかなぁ?
一操作、一ボタン或いは一ダイアルというコンセプトは分からんでは無いのですが、ISO ダイアルはまだしも露出補正ダイアルを左側に持ってくるというのは、Nikon さんの悪い癖としか思えません。左手は操作系に関わるより、寧ろしっかりとボディを支える方が良いと思います。
まあ初老の小煩いマニア向けという狭い(?)ターゲットを狙い撃つのでしょうが、あまりにも狙い過ぎの印象であります。「大人の」が抜けている気がしますが、、、如何でしょう?

Posted by: 野本 巖 | Tuesday, 05 November 2013 at 02:08

格好いいかと問われると、Noですね。
大人感が欲しいというのもその通りです。
横幅がD610クラスなので実機ではややチマチマした感じになるかもしれません。
でも私の頭の中ではもう、使い慣れてしまいました(笑)
時間が経つごとに急速に見慣れてきていますし。

F801の時に露出補正を右手操作のコマンドダイヤルでできるように提案したのですが、銀塩時代は一貫して左手操作だったので、あまり違和感がありません。

操作系はざっと数えたところ30個所もあります(大笑)。
もう少し整理しても良かったかなとは思いますけど、作業する指の担当が決まっているので、ピアノを考えれば怖くありません(私はピアノは弾けません)。

Posted by: RAVEN | Tuesday, 05 November 2013 at 11:04

RAVEN さん、

午後には正式発表になるのでしょうが、Nikon Df のイメージ画像の中に往年の 58mm/f1.2 や 43-86 Zoom を装着した画像がありました。思うに、Nikkor-Auto と Ai レンズをごちゃごちゃにしている気がします。アタシたちの心を掴みたいなら Nikon F, F2 の形態でないと、、、F3 以降 FE, FE2, FG, FA では、満足できないおやぢですから、、、(;^^A

機能を減らしてもっとシンプルにしても良かったのかなと個人的には思います。

Posted by: 野本 巖 | Tuesday, 05 November 2013 at 11:21

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 葉山 | Main | 外苑前 »