« February 2014 | Main | April 2014 »

Monday, 31 March 2014

花見

L1001212L1001215夕べは、ラッパの先生のご自宅で小宴会。その前に丸子橋辺りを散策しながら暫し撮影。先生は田園調布本町のさくら坂付近に移っておられた。宴会は暗くなってからだったから花見の宴とはいかなかったが、それでも満開宣言の桜は美しかった。週末から上洛して撮影である。
(Leica M, Summicron-M 50mm/f2, Capture One 7 PRO, PS CC)

| | Comments (2)

Friday, 28 March 2014

犬達

L1001207L1001210本日午前 11 時、我が家に新たな犬達、、、それも 2 頭が来た。左の画像の犬は、テリアミックス推定 6 歳のミケランジェロ改め「みの吉」。もう一匹は、シーズー推定 9 歳のサスケ改め「佐吉」である。いずれの犬も愛護団体から譲り受けたが、視力がかなり失われているらしく大人しい。
L1001209まめ吉は元気である。13 歳だが、一番溌剌としているかもしれない。いずれにしてもまたまた 3 頭体制になったのは、喜ばしいこと、、、だろうか?
(Leica M, Summicron-M 50mm/f2, Capture One 7 PRO, PS CC)

| | Comments (6)

Tuesday, 25 March 2014

自由が丘 II

L1001198少し多めに画像を撮るとすぐに Part II とか Part III にしてしまうのが筆者の悪い癖だが、まあそういういい加減さがないとブログなんて〜代物は続けられない。「絶対!」とか「内容の正確性に責任を持つ」とかそんな御託は言う気もないし、面倒くさいコメントは即削除、、、わはは。と、言っても明らかな迷惑コメント以外に妙に絡まれるようなコメントを頂戴したことが無いのは、絡むほどの内容ではないと、、、読者の方々が賢明なのだろう。L1001200で、この 2 枚の画像は、しらかば通りと呼ばれる自由が丘の脇道。おしゃれではなくごちゃごちゃしている通りだが、生活感たっぷりで好感が持てる。田園調布から八雲三丁目に抜けるバス通りに通じる道で、バスを使ってバンドの練習場所に通う筆者にとって重要な通りである。
L1001203自由通りに戻り、中根の交差点を目指して歩く。一階に小さなペットショップが入るやや古い建物。色鮮やかに塗られた外壁が春の粧である。
(Leica M, Summicron-M 50mm/f2, Capture One 7 PRO, PS CC)

| | Comments (2)

Monday, 24 March 2014

自由が丘

L1001191L1001192L1001195昨日は三連休の最終日。少し暖かくなってきたので、自由が丘に出た。駅付近はこれまでに何度も通っているが、休日の雰囲気はさらにのんびりとしていて、この国が平和なことを再認識させられる。さて、そんな平穏無事な状況では全く寛げないし楽しめないというひねくれた性格の筆者であるが、実はボランティア団体が主催する遺棄された動物の譲渡会が開かれていたので無理して行ったのだ。L1001197自宅のまめ吉は 13 歳だし、むく吉、もこ吉の記憶も生々しく残っているのだが、それでもやはり折に触れ寂しいと感じたので見に行った。6 歳程度と推定される犬を気に入り、ボランティア団体の代表の方とお話をさせていただいている間に、推定 9 歳の犬も一緒にどうですかと言われ、一応、両方を引き取ろうかという話になった。今週トライアルが決定しおそらく譲り受けることになるのだろう。2 頭とも、視力が殆ど無いせいか大人しくしているらしい。後半生を静かな環境で全うさせるのが良いだろうと思っている。
(Leica M, Summicron-M 50mm/f2, Capture One 7 PRO, PS CC)

| | Comments (4)

Thursday, 20 March 2014

渋谷

L1001186月曜日、渋谷のモロ逆光の画像。見るべきものは無いが、一つだけ重大な情報が、、、そう東急東横店がもう壊されてしまっているのである。旧東横線のホームも何もかも壊されている。別に知らせてくれなくても良いが、なんだか身近な人の近況を知らずに過ごしてしまっていたような居心地の悪さを感じる。もう渋谷は渋谷で無くなった、、、とさえ思えたりする。
(Leica M, Summicron-M 50mm/f2, Capture One PRO, PS CC)

| | Comments (4)

Tuesday, 18 March 2014

仮面

L10011833/15 の未明の撮影。実は撮ったことに気づいていなかった、、、。困ったもんだ。で、画像を見るとムクムクと撮った前後の事を思い出してくる、、、困ったもんだ。わずかにブレているが、、、まあ、こんなもんだろう、、、。
(Leica M, Summicron-M 50mm/f2, Capture One 7 PRO, PS CC)

| | Comments (6)

Saturday, 15 March 2014

セッション会

L1001181夕べは赤坂の先輩のお店でセッション会。筆者は、演奏もするが、記録係の役割もあるので八面六臂の活躍、、、と云うワケでもないが。参加された方々を記録以上の状態で残しておく作業は、それはそれで楽しいものである。さて、本画像は、その中で出色の出来と自画自賛する画像で、こういうのがたまに撮れたりすると嬉しくなってしまう。被写体の O 君は、社会に出てアルト・サックスに持ち替えて精進中だが、、、画像写りはもうプロ超えである。余談だが、最近は Leica M ばかり持ち出しているのだが、理由は奈辺にあるのだろうか?
(Leica M, Summicron-M 50mm/f2, Capture One 7 PRO, PS CC)

| | Comments (8)

Thursday, 13 March 2014

Nikon 1 V3

L1LNikon さんが、CX フォーマットの新機種を 4 月に発売するらしい。名称は、Nikon 1 V3 である。ファインダーがとうとう外付けになっている。V1 では、内蔵したが突起物として存在し、V2 では、その突起物が肥大し所謂カメラらしい風体になったのだが、今回は外付け(別付け)である。筆者は、買うことはないと思うが、一旦出した製品を深化させていくその粘り強さには脱帽だ。だが、この小型フォーマットの製品の位置付けがどの程度市場で確定しているのかに疑問が残る。筆者が思うに、micro 4/3", Fuji TX フォーマットは、既に市民権を得ているが、Nikon さんの CX フォーマットは、まだ道半ばという感じだろうか? そして、小型フォーマットの恩恵を最大に受けるであろう女性層のトレンドは、、、?これは、秋の空とは言っていられないだろう、、、何せ世の中はこれから春を迎えようとしているのだから。

| | Comments (12)

Wednesday, 12 March 2014

下丸子

L1001169夕べは、下丸子の大田区民プラザで MS Big-band Lab. の練習。開始時刻より早めに着いたので、駅裏の路地で撮影。確か 6 時過ぎだったと思うが、夏とは違いかなり暗い。無理やり撮ったのが本日の画像。この後、コメダ珈琲店に行き、ミックスサンドトースト(?)とアイスコーヒーを平らげた。練習開始した頃にはもうかなり眠くなって殆ど吹かなかった。
(Leica M, Summicron-M 50mm/f2, Capture One 7 PRO, PS CC)

| | Comments (4)

Saturday, 08 March 2014

六本木 暮色

L1001150夕べは、ラッパ関係でお世話になっている S 山氏とその後輩の K 林君と飲むというので六本木に行った。上野辺りで静かに飲むのも良いかと思ったが、生憎金曜日の予約は取れず、たまたま知り合いの店がミッドタウン直ぐ傍にあったので、伺うことにした。日中、西麻布ー銀座とうろついていたので、自宅に戻るには中途半端な時間だったので、そのまま都心に居続けした。そうそう、銀座のライカショップで、M-R アダプターを引き取ることが出来たが、その紹介はまたの機会に。約束の時間よりも六本木に早く着いたので、早速撮影。かつては不夜城が如き輝きのみの街だったが、今はオフィス街としても名を馳せる六本木周辺。筆者の青春時代はこの街に始まり、この街で終わった。
L1001152交差点近くの俳優座の前。宅配便のお兄さんには内緒で、後ろから激写。不思議な事だが、最近はルポルタージュ・タッチの画像を撮るのが好きになった。綺麗な画像よりもその瞬間を切り取るのが快感である。この辺りにその昔足繁く通った焼き鳥屋さんが、あったが既に閉店。時は相変わらず流れ続けているのであると実感。それでも繁華な街の佇まいは、筆者をして少しだけ若返ったような気分にさせてくれる。
L1001155L1001159L1001164ミッドタウンに向う。防衛庁の跡地に出来たこの商業コンプレックス・ビルは、何度も前を通っていたにもかかわらず、中に入ったことは無かった。内部は、赤坂サカスに似ているようでもある。エスカレーターに乗って、上の階へ。座るスペースと喫煙ルームがあるのが有り難い。家を建てるので、床材に目が行く。これは、、、竹材なのだろうか?ふと遠くを見ると、窓外にスケートリンクが、、、しかもごった返している。暫し不思議な感覚に浸り、時間になったのでビルを出ると、ライトアップ。若い頃であれば、感激しただろうな、、、と思いつつ、外苑東通りに出る。
L1001168ミッドタウン脇の赤坂に抜ける通りを少し下り、昨夜の待ち合わせの場所「ミント・リーフ」に着く。この店は、知り合いの S 井君が、2 年余り前に開いた店で、素面で訪れるのは初めて。いつもは深夜枠で盛り上がるのだそうだが、開店直後は貸切状態。待ち合わせ時刻にはまだ小一時間あったが、飲めばあっという間なので、早速 S 井君他、お店のスタッフと飲み始める。しかし、楽しく嬉しい夜だった。
(Leica M, Summicron-M 50mm/f2, Capture One 7 PRO, PS CC)

| | Comments (6)

Tuesday, 04 March 2014

発表会

L1001133日曜日(3 月 2 日)は、筆者が習っているアドリブ教室の発表会だった。元来のアガリ症と練習不足が祟り、筆者の演奏は「ガタガタ」だったが、良い雰囲気の中発表会は進んだ。第四部の写真係も仰せつかっていたので、Elmarit-M 28mm/f2.8 ASPH. と Apo-Summicron-R 90mm/f2 の二本を携えて参戦。その中から本日の画像。左端の女性が、生徒さんで他は名だたるプロの方々。暖かい雰囲気が伝われば良いが、、、。
追記:万一、本画像が肖像権等に係る場合は、ご一報下さい。
(Leica M, Elmarit-M 28mm/f2.8 ASPH., Capture One 7 PRO, PS CC)

| | Comments (2)

Monday, 03 March 2014

Apo-Summicron-R 90mm/f2

L100110128mm 広角での撮影が続いたので、今度は中望遠。それも M 用のそれではなく、R レンズ最後期の名玉である。このレンズの写りは特筆モノだと思う。E60 タイプの Summilux-R 50mm/f1.4 と双璧。甲乙付け難い。AME も素晴らしいが、描写の伸びに関しては、本レンズの方が優れていると感じる。Have It Your Way ! バーガーキング赤坂店で、教えてもらった標語、、、。つまり、AME が好きでも本レンズが好きでもそれは個性を楽しむということだからお好きに!なのだろう。
(Leica M, Apo-Summicron-R 90mm/f2, Capture One 7 PRO, PS CC)

| | Comments (2)

« February 2014 | Main | April 2014 »