« 自由が丘 II | Main | 花見 »

Friday, 28 March 2014

犬達

L1001207L1001210本日午前 11 時、我が家に新たな犬達、、、それも 2 頭が来た。左の画像の犬は、テリアミックス推定 6 歳のミケランジェロ改め「みの吉」。もう一匹は、シーズー推定 9 歳のサスケ改め「佐吉」である。いずれの犬も愛護団体から譲り受けたが、視力がかなり失われているらしく大人しい。
L1001209まめ吉は元気である。13 歳だが、一番溌剌としているかもしれない。いずれにしてもまたまた 3 頭体制になったのは、喜ばしいこと、、、だろうか?
(Leica M, Summicron-M 50mm/f2, Capture One 7 PRO, PS CC)

|

« 自由が丘 II | Main | 花見 »

Comments

おお!にぎやかになって良かったですね。

Posted by: ム | Saturday, 29 March 2014 08:45

ムさん、

新入りの 2 頭は、うろうろうろうろ、、、してます、、、(^^";ゞ

Posted by: 野本 巖 | Saturday, 29 March 2014 15:05

野本さん、とても可愛らしいわんちゃん達がお目見えになりましたね。儚げな様子で、そこはかとなく哀愁を感じさせますが...今後のわんちゃん達の様子が楽しみです。

Posted by: ハッシー | Monday, 31 March 2014 04:03

ハッシーさん、コメント有り難うございます。

新しい 2 頭が家に来た時に、頭の中を駆け巡ったのが、これまでに飼った犬達のことでした。仰る通り、ワンコ達の十数年程度の寿命というものは、人をして儚い夢の様な日々であった、、、そして短い日々だからこそもの悲しく鮮明に記憶に焼き付いているのだと思いました。もっと言えば、自身の弱い内面を覗くような思いとでも申せば良いのでしょうか、、、?

いずれにしても気負い過ぎず、大事にしてやりたいと思います。

Posted by: 野本 巖 | Monday, 31 March 2014 04:34

弱さではなく、強さに裏打ちされた、野本さんの優しいご内面の現れとお見受けしますが...

確かに、仰る通り、鮮明な記憶というのは、いつまでも色褪せることなく、心の片隅に存在し続けるものですね。

どうぞ、ごゆるりと、わんちゃん達とお過ごし下さい。

Posted by: ハッシー | Monday, 31 March 2014 14:59

ハッシーさん、有り難うございます。

なかなか落ち着いてくれませんが、暫くすれば寝てばかり、、、になるのでしょう。

Posted by: 野本 巖 | Monday, 31 March 2014 15:57

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 自由が丘 II | Main | 花見 »