« 京都 (xiii) - Leica M | Main | 自由が丘 »

Sunday, 14 December 2014

京都 (xiv) - Leica M

L1000446L1000448龍安寺の方丈入り口の風景。朝 8:30 頃である。シャッター・スピードは遅く、人物がブレているが京都らしい風景だと思う。こういうところに目が行くのが雨の日の撮影の良さである。更に、方丈石庭。この庭は何度訪れても飽きることがない。気持ちいや心にダイレクトに響く素晴らしい場所である。今風にパワースポットと呼ぶのは憚りたい。
L1000453L1000461人が、写り込まないと風景は研ぎ澄まされた精神と同義になる。筆者は俗物だから人が映り込む方が自然だと思うのだが、この日はこういう景色が撮れてしまった。そんな感じの光景である。
L1000457L1000466ドイツのカメラに血道を上げて幾星霜。しかも一眼レフにまで手を出してしまい、奈落へ、、、わはは。我が写真人生に悔いなし。ということで、京都編は大団円である。
(Leica M, Elmarit-M 28mm/f2.8 ASPH., Capture One 8 PRO, PS CC)

|

« 京都 (xiii) - Leica M | Main | 自由が丘 »

Comments

雨の京都編、おつかれまさでした。
これで傘をさした舞妓さんとかが出てくれば完璧だったかも(そうなのか?)

Posted by: ム | Monday, 15 December 2014 at 06:29

ムさん、コメント有り難うございます。

まぁ、朝の 9:00 前ですから舞妓さんはまだお休みかと、、、(;^^A
でもしっとりしてて良かったです。
次回は、晴れを撮りたいです。

Posted by: 野本 巖 | Monday, 15 December 2014 at 08:20

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 京都 (xiii) - Leica M | Main | 自由が丘 »