« 香港 iv | Main | 香港 vi »

Thursday, 26 March 2015

香港 v

_1000690_1000691で、一昨夜帰国したのだが、羽田着の便で、イミグレを通り、荷物を受け取ってそのまま京急線ホームに駆けつけ、乗り込めばほぼ 1 時間で逗子着。こと羽田での発着に限れば、逗子はとても便利なところと認識した。で、本ブログは、まだまだ香港で続く、、、。今回、DMC-GM5 と 2 本のズーム・レンズのみだったが、全く不便を感じないどころか、撮影行が快適だった。セントラルの IFC センター内と、空港にライカショップを発見したが、特に興味も覚えず、撮る方向に興味が行ったのが自分でも不思議だった。同じく湾仔の風景。観光客が少ない言い換えれば地元中心の場所なので、見るもの聞くものが面白い。
_1000693_1000694_1000695_1000696もう撮ろうと思えば幾らでも材料がある、、、嬉しい限り。筆者の場合、自身の好奇心の行き着いた先にあるのが撮影みたいな所があるから、やはり同じもの、同じ題材をずっと追いかけるより、目まぐるしく動く対象を、追いかける様な撮り方が好きだ。落ち着きが無いかもしれないし、じっくり撮るのとは違うと思うが、これは性分であろう。
(DMC-GM5, G Vario 12-32mm/f3.5-5.6 ASPH., Capture One 8 PRO, PS CC)

|

« 香港 iv | Main | 香港 vi »

Comments

まあ、現代のライカ製品の店は・・・ねぇ(笑)

Posted by: ム | Thursday, 26 March 2015 06:39

ムさん、

はい、、、でも、Leica M とかのデジタル機って、いずれはスクラップというか、使い物にならなくなるじゃないですかぁ、、、なんか、アホみたいですよね。M3 が現役で使えるのに。フィルムの形態というか、、、う〜む、、、工業製品なんですよねカメラって。宿命的に、寿命があるような、、勿体無いなぁ。心のどこかで、フィルムに回帰すれば R System 他、現役バリバリなんでうよ、、、という声が聞こえます。が、Nikon さんの大枚はたいて買った民生用の最上位スキャナーの OS サポートが無いとか、、もう信じられませんです。

Posted by: 野本 巖 | Thursday, 26 March 2015 09:33

信じられないことにM8はまだ13~14万でお店が引き取るんですよね。M9なんて中古がまだ50万以上するし。

我々の時代は、中古になると現行機や少し古い物は、ライツ全盛期の古い玉より安い、なんてことがザラでしたが、最近のライカ社は現行機のステータス確立ということでは成功しているようですね。全然買う気がしませんけど(^◇^;)。

いっそデジタルカメラ全部売って、ハッセルのスキャナーでも買った方が幸せになれるんじゃないかと考え出す今日この頃です(笑)

Posted by: エースのチョー | Thursday, 26 March 2015 10:41

チョーさん、毎度です〜!

ライカの中古価格(デジタル物)の高値維持、、、というのは、そういうかなりの金額を出そうと思うけれども新品は無理という層があるのでしょうか?不思議な現象ですね、、、確かに M8 の CCD がモノクロで良いとか付随的な価値はあるようですが、それでも今更という感じは拭いきれませんよね。

スキャナー、、、仰る意味はよく分かります。回帰出来るのであれば、銀塩に、、とは思うのですが、もうせっせと DPE に出す気力が残ってないかもです。

う〜む。

Posted by: 野本 巖 | Friday, 27 March 2015 04:43

例えばノクチの1.2のステイタスを越えるために新ノクチは予めもっと高く、という設定だったんだろうと思いますが、1.2は更にそれを飛び越えてしまい、F1.0のノクチ初期型まで高騰してきていますね。ズミルクス等は過去のレンズより現行中古の方が高価で、ステータス確立に成功したようです。デジタルで使えないスーパーアンギュロン等、昔日の栄光はありません。

自分はフィルムで撮るときはもう時間がかかるのは覚悟で、写っていても写っていなくてもまあいいやという感じです(笑)昔と違ってのんびり構えています。

Posted by: エースのチョー | Monday, 30 March 2015 10:02

チョーさん、毎度であります!

ボディに関しては、愛器だとかそういう括りはもう死滅。従って、デジタル機器を乗り継いでいく感覚。レンズは、デジタルで使える或いはデジタル対応のものが、新しい価値を与えられていく。S/A 等の周辺光量落ちが激しすぎるブツは、淘汰の対象。

幾つかのメーカーの個性ある銀塩フィルムを選ぶなどという贅沢はもう金輪際無いのでしょうが、まあなんと贅沢なことだったか、、、今更ながら、あの次代に少しは写真を撮っていて良かったです。

正直、DMC-GM5 で、満足している自分、、、わははでありますが、撮像枚数はぐ〜んと伸びておりますから良かったんだと思っています。

Posted by: 野本 巖 | Tuesday, 31 March 2015 08:55

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 香港 iv | Main | 香港 vi »