« March 2015 | Main | May 2015 »

Thursday, 30 April 2015

表札

_1000897_1000901本日で 4 月も最後。と言うわけではないが、4/25 に拙宅の表札が完成し、取付工事が完了した。制作は N 室氏。奥さんの方とはラッパ繋がりでお知り合いだったが、その旦那さんが彫金をされる関係で製作を依頼したのだ。最初にお会いした時に、爆発だ、、とか棟方志功氏的なとか、、、ハッパを掛けたので、同氏の作品としては最大級かつ難物をお願いしてしまったようだ。画像は、最終の仕上げを現場で行う N 室氏、ご夫婦近影。
_1000902石段下のガレージの枠部分のコンクリートにも住居表示の番地を取り付けて貰った。これで、郵便屋さん、宅急便屋さんその他諸々の方々にひと目で分かって貰えるようになった。一番上ややオフセンターで取り付けてあるのは、かつてのウチの看板犬、もこ吉である。
(DMC-GM5, G Vario 12-32mm/f3.5-5.6 ASPH., Capture One 8 PRO, PS CC)

| | Comments (8)

Wednesday, 29 April 2015

Nara Spring 2015 (VIII) - 描写の差

L1000611_1_1000866_1たまたまであるが、これら 2 枚のほぼ同じようなカットを発見。それぞれ Leica M & AME, DMC-GM5 & G Vario 35-100mm/f4-5.6 ASPH. での撮影。最初は、ややもすれば偏見(!)から、DMC... の方は、花弁が紙で出来ているように写るなぁ、、、と思っていたが、Capture One で、現像の際に細かく追い込んでいったら、いい感じに立体感が出て来た、、、と思っている。両者の違いを「差」と捉えるか「個性」と考えるかは微妙だが、筆者的には必要十分であると思う。敢えて言えば、DMC... の方は、やや饒舌過ぎるきらいがある、、、かな?
(Leica M, AME, DMC-GM5, G Vario 35-100mm/f4-5.6 ASPH., Capture One 8 PRO, OS CC)

| | Comments (2)

Tuesday, 28 April 2015

Nara Spring 2015 (VII) - 當麻寺の庭

L1000631L1000635當麻寺西南院(さいないん)の庭。江戸初期〜中期の造りである。造園に関して全くの素人である。が、この庭の良さは何だ!美しく整備されているのでは無く、また近代的な洗練とは無縁の感覚、、だが、生命感・躍動感に溢れている。配置された万物が今にも動き出しそうである。むくむくと湧き出るような、緑・緑・緑。多くの庭をしかも素晴らしい庭を見てきたし、海外でも見て来たがこの湧き上がるような感覚は、初めてである。
L1000634L1000640L1000648奇しくも同行していた I 尻さんが、この庭眺めてて良いからこの寺に来るかと聞かれたら「来る!」と即答すると仰っていたが、実は筆者もここで修行をしてみたいと真剣に思ったりしていたのである。人をして、そこまで考えさせる庭は、、、そういった魅力に満ちた庭なのである。しかもちょっと前であれば、「枝垂れ桜」も楽しめた、、、もう極楽浄土だ!
(Leica M, Elmarit-M 28mm/f2.8 ASPH., AME, Capture One 8 PRO, PS CC)

| | Comments (2)

Monday, 27 April 2015

葉山町役場のつつじ

L1000669L1000671一旦、奈良のアップを中断して、旬の話題なので(といっても先週の 4/23 の撮影だが)、葉山町役場前のつつじ。御覧の通り、盛大(!)に、咲いている。いつもの役場前とは違いかなりの人出だ。お年寄りも多く、鑑賞されている。緩やかな上り坂を登れば、それなりの高さから俯瞰することが出来るか、、、と思ったら出来なかったのは残念。
L1000673おしめりが無ければ日中の日差しが強くあまり持たないだろうと思われるが、壮観である。
(Leica M, Elmarit-M28mm/f2.8 ASPH., AME, Capture One 8 PRO, PS CC)

| | Comments (7)

Sunday, 26 April 2015

Nara Spring 2015 (VI) - Epilogue (II)

_1000850_1000853_1000854石光寺を辞して、當麻寺に向かう。道すがら目に入ったものをスナップする。撮影行の際には常時首からカメラを下げることにしている。仕舞いこんでしまうと咄嗟の時に間に合わないのと、いちいち取り出すのが億劫になって後になって撮っておけばよかったと後悔することがあるからだ。とあるお宅の前に立派に花を咲かせたハナミズキがあった。手入れが行き届いているらしく、高さはそこそこだが枝の横張りがしっかりしていて立派だった。大きくなってしまった花キャベツ(葉牡丹)、、、宇宙から来た物体 X という映画を思い出してしまった。この一帯は、やはり牡丹が有名なのである。実際、家々の軒先にも牡丹の鉢植えが散見された。
_1000851_1000856石光寺と當麻寺が、約 600m 離れていることが分かる表示。聞かれることも多いのだろうか? tamura 氏から伺ったが、この辺りは、プラスチック装飾の加工をする工房が多いのだそうだ。最初見た時は、受水槽或いは汚水タンクに見えたが、見ていると段々様子が分かって、遊園地で見掛ける遊具なんだと合点がいった。
_1000858_1000860_1000861_1000862_1000864_1000882_1000886_1000889最後は、乱れ打ち、、、ではないが、目に留まったものを列挙。家々の瓦には大黒さんと恵比寿さんそしてこの鯉が、、、伝統的なものだろうが、目を引いた。土塀でさえも、すぐ被写体になってしまうし、この花筏という植物も初めて見た。見掛けが似ているが雄株と雌株がある。国宝の日本最古の梵鐘がゴロンとあったり、垣根でよく見る植物が時間経過で猛烈に大きくなってしまっていたりとまさに時空を超えた感があった。(つづく)
(DMC-GM5, G Vario 12-32mm/f3.5-5.6 ASPH., Capture One 8 PRO, PS CC)

| | Comments (4)

Saturday, 25 April 2015

Nara Spring 2015 (V) - Epilogue

_1000836_10008384/20(月曜日)朝 7:12 近鉄阿倍野橋駅(← JR だと天王寺駅だが、近鉄はこの呼び方。東京では同じ名称を使うことの方が多いと思うが?)発南大阪線急行吉野行きに乗り、途中古市(ふるいち)で切り離された電車に乗り続け、二上神社口下車で、石光寺(せっこうじ)を目指す。ここは、奈良県葛城市、所謂「奈良」の西南西、大阪寄りの地域である意味ディープ奈良と言うべきか?駅を降りるといきなりこの風景。デーン(!)という感じ、良い意味で流行の洗礼を受けていないのが清々しい。
_1000839_1000841石光寺までの道のりは、田園風景が広がり清々しいものである。車の通る大きな道路はあるが、それが景色と調和している。決して、建造物に蹂躙されたようなどこぞの都市とは違い、ここでは自然が主だ。灌漑用の溜池(?)に映る景色が目に染みる。大きな道路から途中で折れて進む。石光寺も當麻寺(たいまでら)も、古さが違う。東京・鎌倉の名刹・古刹が寄ってたかってみたところで、開山が、670 年頃、、、1300 年以上、、、もう黙るしか無い。が、そんな歴史の重々しさを感じさせず、両寺とも質素である。
_1000844_1000846石光寺の中。こんな感じで牡丹が咲いている。人の手を借りなければ、このような大輪は維持できないのは明白だが、それにしても凄まじい数である。関西花の寺霊場二十番に入っているらしいが、当然だろう。しかも雨模様の間の撮影、、、不思議なことに、パラパラと降っていた雨が撮影中は上がる。自然の水滴の着いた「おいしい」被写体を堪能して撮り終えると、雨が戻ってくるが、また撮影を始めると上がる、、、日頃の行いの良い方々(筆者も含めて!)ばかりだったご利益だろうか?(つづく)
(DMC-GM5, G Vario 12-32mm/f3.5-5.6 ASPH., Capture One 8 PRO, PS CC)

| | Comments (4)

Friday, 24 April 2015

Nara Spring 2015 (IV) - Taimadera Temple(當麻寺)

當麻寺での撮影分。
L1000615L1000618L1000643L1000661
L1000621L1000641L1000654L1000658L1000660
(Leica M, AME, Capture One 8 PRO, PS CC)

| | Comments (0)

Thursday, 23 April 2015

Nara Spring 2015 (III) - Sekkouji Temple(石光寺 II)

続きである。
L1000538L1000548L1000565
L1000559L1000582L1000589L1000591
L1000566L1000567L1000568L1000574L1000575L1000586L1000593L1000597L1000602L1000607L1000610
石光寺終わり。
(Leica M, AME, Capture One 8 PRO, PS CC)

| | Comments (4)

Wednesday, 22 April 2015

Nara Spring 2015 (II) - Sekkouji Temple(石光寺)

兎も角、せっせと現像した。石光寺での撮影結果。解説は後で、、、。
L1000515L1000516L1000520
L1000519L1000540L1000543L1000558L1000522
L1000524L1000526L1000531L1000534
(つづく)(Leica M, AME, Capture One 8 PRO, PS CC)

| | Comments (6)

Tuesday, 21 April 2015

Nara Spring 2015

_10008144/20 - 4/21 と一泊で、奈良に撮影に行ってきた。恒例の桜の撮影を外して、今回は「春牡丹」である。例によって、tamura 氏とボンちゃんには大変お世話になり、先ずお礼を申し上げたい。今回、初めて葉山から向かう大阪(新大阪)である。葉山からだと、新幹線の駅としては小田原が近そうだが、列車の本数と駅に向かう便を考えるとやはり新横浜の方が、ということで久し振りに新横浜からひかり 511 号(11:52)発に乗った。桜新町時代以来だから約十年ぶりであったが、新横浜に近代的かつ大きな駅ビルが出来ていて、びっくりしたのだった。お約束のシウマイ弁当を買い、オレンジーナを買って乗り込む。14:26 に新大阪駅に滑るように到着。御堂筋線に乗り換え、宿へ。暫く休んで待ち合わせ場所の梅田へ。
_1000816勝手な思い込み或いは日曜日の所為か、梅田は人も多く、大層活気があった。景気は回復しているのだろうか?大阪の景気がなかなか上向きにならなかったので、今回行って少し安心したのである。待ち合わせ場所で皆さんとお会いし、ご挨拶、、、さて、前夜祭の場所へ、、、梅田駅と繋がっている東梅田の駅から、谷町線に乗り天神橋筋六丁目で降りる。天六及び天五商店街という地元の商店街に出て、ひたすら歩く。この雰囲気、吉祥寺、中野よりは小振りだがなかなか賑わっている。
_1000818巨大商店街というのではないが、必要十分。近隣には大きなスーパーもあり普段の買い物はそこで済ます事が多いそうだが、休日等、食事を兼ねて家族で外出といった機会には、この商店街に来るのだそうだ。もう少し暖かくなれば、浴衣でも着てそぞろ歩き、、、といった風情でも無さそうであるが、、、こういう地元の商店街の活気はとても重要だと思う。加えて、商店街は一度灯が消えてしまうと復活させるのはなかなか難しい。加えて、後継者問題も複雑に絡み合ってくるのだそうだ。
_1000821ここが本日のディナーの場所。大阪で江戸前寿しとは、これ如何に、、、ところが、これが大阪的で実に明快かつシンプル、、、つまり美味くて安いのであった。さすがの人気店で、行列は伸びに伸びて、、、我々も入店まで 30 分程度待つことになった。近所に寿司屋さんが数店舗あるのだが、他はチョボチョボ。この店がダントツに混んでいた。
_1000828満腹になり、店を出て、商店街を歩く。店の魅力は、店を切り盛りしている人々と並べてある商品の魅力。虎やヒョウ柄の定番アイテム。旨そうな惣菜。待ち行く人々。引力がなかなか強い。撮影の為に来た大阪で無ければ、商店街の一軒一軒を隈なく見て回りたいくらいだった。
_1000827_1000830このまま宿にという、、、には、あまりに早い時間だったので、梅田のカッパ横丁に戻り、つまみながら日本酒・梅酒をクイクイと。御堂筋線に乗って心斎橋へ、、、。久し振りの大阪は、やはり美味かった。(つづく)
(DMC-GM5, G Vario 12-32mm/f3.5-5.6 ASPH., Capture One 8 PRO, PS CC)

| | Comments (6)

Monday, 20 April 2015

逗子小学校

_1000811同じく 4/16(木曜日)の夕方。最近加入させて頂いた逗子スィングジャズ・オーケストラ(ZSJO)の練習に逗子駅の近くにある逗子小学校に行く。逗子文化プラザの奥にあるこの学校の歴史は古く創立は 1872 年(明治 5 年)だ。そこの第二音楽室を借りての練習。今回は、曲の練習よりも基礎に重きを置いた指導である。コンミスの I さんが、懇切丁寧に指導されている。筆者はややオブザーバー的な立場でもあるが、熱心に取り組まれる方々が多く、活動の幅が広がると良いなと思っている。約 3 時間の練習後、解散。ちょっと一杯、、、とも思ったが、帰ることにして自宅で発泡酒を、、、随分大人しくなったもんだと苦笑い。
(DMC-GM5, G Vario 12-32mm/f3.5-5.6 ASPH., Capture One 8 PRO, PS CC)

| | Comments (8)

Sunday, 19 April 2015

お披露目

_1000810なかなかスッキリとした天候にならなかったので、控えていたが、やっと晴れた 4/16(木曜日)に、犬達をテラスに出してみた。これまでも短い時間出したりしたのだが、直ぐに室内に戻していたのだ。まめ吉は、南青山時代のテラスを覚えているはずなのだが、緊張のせいか固まってしまっていた。みの吉は、目が見えないので細心の注意を払って慎重である。佐吉は、くるくる回りながら、端の段差で転んだりしていたが、最も活動していた。犬達にとっては未知の領域、、、だが、折角犬達のために作ったテラスだから遊びまわって欲しいのだが、そんなことはお構いなしに短い時間で室内へ、、、まぁ、徐々に慣れるだろう、、、か?
(DMC-GM5, G Vario 12-32mm/f3.5-5.6 ASPH., Capture One 8 PRO, PS CC)

| | Comments (2)

Saturday, 18 April 2015

渋谷ー赤坂

_10008044/14(火曜日)は、珍しく都心で面談。指定された渋谷の喫茶店に赴く。一時間半程度の話だったが、大変興味ある面白いものだったし、世の中は変化していると実感できるものだったが、筆者の身の置き方から考えると少し遠いところでの動きのように感じたのは、取り残された者の遠吠えであろうか?と言いつつ、面談前にはしっかりとトランペット・ステーションさんで、買い物をしていたので、まだボケてはいないのだと思う。時間が余ったので、赤坂に移動。一ツ木通りの幸楽苑さんが、300 日の期間限定のラーメン店 AJIYOSHI に変わっていたので、普通の醤油ラーメンを注文。幸楽苑の高級バージョン(?)という触れ込みだが、アンテナ・ショップなのだろうか?
_1000807_1夜は、先輩の店で恒例のセッション会。参加者のレベルが高く、筆者の技量では太刀打ち出来なかった。やはり、日々のかなり真剣な練習が必要と痛感。楽器の奏法ではなく、アドリブ(インプロヴィゼーション)の研鑽の方だ。思うに、奏法の方はやっと最近何とかなって来たなぁ、、と思う。実にラッパ再開から 9 年が経ってしまった。この先、アドリブ研鑽の道は無限である、、、とんでもない趣味、、、カメラもそうだけれど、、、である。が、筆者は発表するよりもその研鑽の過程が一番好きである。
(DMC-GM5, G Vario 12-32mm/f3.5-5.6 ASPH., Capture One 8 PRO, PS CC)

| | Comments (2)

Thursday, 16 April 2015

バッタ氏

_1000798確か BBQ をやった翌日の雨の日だったと思うが、日課になりつつある庭の点検(!)の最中、額紫陽花のところで、茎にしっかりとしがみついているバッタ氏を発見した。体色を変えているのだろうか、茎と全く見分けがつかなかったが、つぶらな瞳(複眼と言うべきか?)にキラリとした光芒を湛え、ひたすら雨風が収まるのを待つその姿が健気である。で、4/14(火曜日)に見てみると、若干位置を変えながらもじっとしがみついている。和室の前の庭は、五色石が敷き詰められているので、居心地が悪そうであるが、無理に動かすことは無いと思いそのままにしているが、鳥の餌食にならなければ良いと思いつつ、そっとその場を離れた。
(DMC-GM5, AME, Capture One 8 PRO, PS CC)

| | Comments (2)

Wednesday, 15 April 2015

比翼連理

_1000796かなり強い雨降り。烏のつがいが、電線に並んで留まっている。時折体の大きな方の雄(?)が、カァカァと張った鳴き声を響かせるが、何かを求めているのでは無さそうである。比翼連理とは、中国の長恨歌にある男女の仲睦まじい様を鳥が仲良く飛ぶ様に仮託したものだが、本来は烏ではなく青空を背景に見映えの良い丹頂鶴等を念頭に置いているのだろうが、この雨雲のどんよりした背景では、烏のカップルも悪くないどころかよりリアリティがあって面白い。細い電線を人生に喩えるならば、綱渡り状態で進んでいく我々人間の姿のようでもある。カメラを仕舞いに部屋に戻った隙に、2羽ともどこかに飛び去ってしまった。
(DMC-GM5, G Vario 35-100mm/f4-5.6 ASPH., Capture One 8 PRO, PS CC)

| | Comments (8)

Tuesday, 14 April 2015

初 BBQ

_1000789_1000793_1000795もう一昨日のことになってしまったが、遂に自宅で BBQ 会を開いてしまった。これまでアウトドアとは無縁の暮らし、屋外で食事をするなど夢想だにしなかった筆者だが、環境が変われば人も変わる(のか?)。天気予報では、4/12(日曜日)のみが晴れる予想。薄雲が掛かっていたが、日差しはあって午前中にはヨット部の大学生の練習艇がズラリと並ぶ季節。早々に起きだして、腹も減ったので、10 過ぎに朝食兼昼食を近所の夢庵で摂り、京急ストアーでロックアイスを仕入れ、道の反対側のお店の面白い郵便ポストを撮り、自宅へ。少しだけ眠って、、、14 時過ぎには第一陣が、、、総勢 10 名のお客さんを迎え、家族も入って夕方まで大いに食って飲んで、、、。なんだか「良い人」になってしまったようだった。しかし、あれだけ大量の牛肉、豚肉、鶏肉、つまみにワイン、ビールが綺麗サッパリと無くなる様は爽快ですらあった。これから秋口まで、、、BBQ 大会は続く、、、(のか?)。生活の別の楽しみが広がったのがとても嬉しくはある。それに、人が寄ってくださるというのはとても有難いことである。
(DMC-GM5, Angineux 180mm/f2.3 APO, G Vario 12-32mm/f3.5-5.6 ASPH., Capture One 8 PRO, PS CC)

| | Comments (0)

Friday, 10 April 2015

遅い春

_1000781昨日は久々の晴れ。それでも朝方は気温が低く、日中も風が冷たかった。日課となりつつある庭の見回り、、、おぉ、椿が咲いた、、、遅咲きであるが、実はピンクの乙女椿をお願いしていたが、来たのは白しかも白菊と書いてある。これは八重椿だが乙女椿とは違う種類だ。今更返すわけにも行かず、霜にあたって変色している蕾を毎日見ていたが、それが開く兆しを見せていたのが、やっとの思いで開花。花びらに斑が入ってしまっているが、よくぞ咲いたりと気持ちは上向き。実は、ピンクの乙女椿の小さな苗も注文しているので、これも「エイヤァ!」と植えてしまおうと思っている。
_1000783庭まわりの備品を揃えに、三浦市初声(はっせ)にあるカインズホームへ。途中横須賀の陸上自衛隊武山駐屯地付近を通るのだが、その時に見かけた光景。桜があって、コンテナがあって家がある、、、時間の流れが止まってしまったような不思議な空気感だった。この辺りの他の桜もピークを過ぎてはいるが、見頃を保っていたのも不思議だった。そのまま到着。ぐるぐるのカッパ寿司で、軽くつまんで、カインズホームで除草剤やホース、ショベル、巻き尺、BBQ 用木炭等々、これまで全く縁のなかった品々をこれまた不思議な感覚で購入。
_1000785カインズホームでの買い物を済ませ、帰り際に横須賀市の産直市場である「すかなごっそ」(方言ではなく、よこすかの「すか」なご馳走「ごっそ」だそうである。)に寄って、庭用の苗を買う。その時に撮ったのがこの画像。地平線とまでは行かないが、なかなかの田園風景。実は、このルートで、三浦半島の突端まで行くコースをかなり気に入っているのだ。
(DMC-GM5, G Vario 12-32mm/f3.5-5.6 ASPH., Capture One 8 PRO, PS CC)

| | Comments (4)

Thursday, 09 April 2015

みの吉ごろり

_1000777だんだんタイトルの付け方が老人のそれ風になってきている気がするが、まあそれは置いといて、、、。寒の戻りというにはあまりに戻ってしまって冬日の天候になってしまった 8 日だったが、佐吉が足を挫いていて、一時は寝たきりになるのを覚悟していたが幸いにもかなり良くなり元気に動き回れるので、トリミングに出したのだった。3 頭纏めて出すと 10% オフになるとかで、まめ吉、みの吉も一緒に出したが、生憎かなりの混み具合かつ目が見えなかったり動きがカクカクして鈍かったりとハンディを抱えている犬達だから、オーナーから直接電話があり「手が掛かるので 10% オフには出来ない」、、とそれは良いとしても「全部の犬がトリミング台から飛び降りようとする」だとか「手がつけられない」との有り得ない誹謗中傷の類。すは名誉毀損で法的手段、仮執行判決を取って、一族郎党血祭りに、、、とかは思わず、もう来て欲しくは無いのだというオトナの判断。顧客を惹きつけるのは大層な労力と時間が掛かるが離れるのは一瞬である。で、みの吉は疲れたのかミツバチの格好のままスヤスヤと寝てしまった。優しく接してくれる所を探すから心配すんなよ、、、と呟いた。
(DMC-GM5, G Vario 12-32mm/f3.5-5.6 ASPH., Capture One 8 PRO, PS CC)

| | Comments (4)

Sunday, 05 April 2015

花冷え

_1000768春先の天候は、冬から夏への移ろいの時なのでなかなか定まらない。ここ数日は晴れたかと思うと、雨が降ったり風が吹いたりと不安定である。桜の撮影に、、、などと悠長な事を考えていたらいつの間にか花期は過ぎ、花の後からはきれいな緑色の葉が出て来てしまった。画像は、4/2 のもので、少しだけ天候が回復した合間に撮ったもの、、、おそらく、これが本年最後の桜であろう。勿論若干のリサーチはしていて数カ所綺麗に咲く桜を見つけたが、いずれも 1 本であったり、街路樹であったり、、、暫くは、住んでみて探すのがよかろうかと思う。
(DMC-GM5, Angineux 180mm/f2.3 APO, Capture One 8 PRO, PSCC)

| | Comments (4)

Wednesday, 01 April 2015

April Fool

_1000764_1000765年度替わり。April Fool でもあるが、特に騙す必要もないし、騙す相手もいないのでフツーに暮らして、逗葉新道を下りた辺り長柄付近で、少しだけ撮影。864 円の椿の苗を 2 つ買って、裏庭部分に植えた。売っていたのは何と地元のセブンイレブン、、、そう言えば、薬局のチェーンの店先でも、他のコンビニの店先でも野菜や苗を売っている。もう少し暖かくなれば、ビニール・プールや浮き輪も、、、地元では当たり前なんだろうが、面白い。
(DMC-GM5, G Vario 35-100mm/f4-5.6 ASPH., Capture One 8 PRO, PS CC)

| | Comments (2)

« March 2015 | Main | May 2015 »