« June 2015 | Main | August 2015 »

Wednesday, 29 July 2015

みの吉

_10102197/27 夜の画像。暑い一日が終わり、みの吉が食卓の下で寝転がっている。実は、もう一匹の佐吉が病院での検査のためほぼ終日居なかったので先に食事を済ませていたのだが、佐吉が帰って来て食事をする際に、自分も(また)欲しいと鳴いたものの当然貰えず、胡瓜でごまかされた後にやや不満げにふて寝している姿でもあるのだ。犬、猫等のペットを買う行為は、愛玩の対象を得ることによる「癒やし」と考えられているのは周知の上で、筆者はやはり彼らはヒトと比べるとあまりにも短い一生をフルに使って「何か」を教えてくれているんだろうと思う。生まれそして死ぬという荘厳な自然の摂理の前で、どう生きるべきかそしてどう死すべきか、何を感謝すべきか、、、そして本当に大事なことは何なのかを学ばせてくれている、、、そこには「養っている」等々の尊大な驕りは存在する余地さえ無い。そんな事を考えた。
(DMC-GM5, G Vario 12-32mm/f3.5-5.6 ASPH., Capture One 8 PRO, PS CC)

| | Comments (20)

Tuesday, 28 July 2015

暑い

_1010218一昨日(7/26)は、逗子でお世話になっている ZSJO の練習日。日が傾いてから練習場所の逗子小学校に向かう。朝からギンギラギンに晴れた夏日だったが、夕方になってもその勢いは衰えず、自然と歩みも鈍くなってしまっていた。少し早目に着いたので、逗子市民プラザの建物内のベンチに座って時間を潰そうと思い、向かっていると画像の看板が、、、「光化学スモッグ」注意の看板だ。懐かしいといえば不謹慎だが、1970 年代に頻発していた、、、つまりあの頃はそれだけ空気が汚染されていた、、、窒素酸化物、炭化水素が太陽光(紫外線)を受けて有害物質(オキシダント)に変性してしまうという、、、大体合っているだろうか?、、、それによって引き起こされる皮膚、粘膜症状、、、一時は、夏になると日本各地で連日の如く警報、注意報が出ていた、、、そんな事を思い出していたのだった。
(DMC-GM5, G Vario 12-32mm/f3.5-5.6 ASPH., Capture One 8 PRO, PS CC)

| | Comments (0)

Saturday, 25 July 2015

La Marée de Chaya 2F

_1010216夕べは、我々が葉山に住むことになったきっかけを作って下さった不動産会社の方、設計家の先生、工務店の代表のお三方をお招きして「お疲れ様でした!」の会だった。場所は、前回ライブを聞きに来た La Marée de Chaya の二階レストラン。筆者は初めてだったが、こじんまりとした空間に綺麗に並べられたテーブルと椅子。最新設備のレストランではないが、適度に時代を感じさせるインテリアが心地よい。七月の新メニューだそうだが、鳥を葉山牛に変えて貰い、ひたすら食べて飲んで喋って、、、ワイン赤白合計で六本、、、痛飲してスッキリしたのであった。
(DMC-GM5, G Vario 12-32mm/f3.5-5.6 ASPH., Capture One 8 PRO, PS CC)

| | Comments (2)

Tuesday, 21 July 2015

葉山海岸花火大会

_1010210つい先程終わったのだが、花火を見るのも久し振り、、、最後はグアムだっただろうか?南青山時代は神宮外苑の花火大会の音だけ聞いていた気がする。そんな気分の中、定刻 19:30 に花火は上がり始め小一時間の夢の時間だった。今の家に引っ越してきて、1) 海が見えるか? 2) 富士山が見えるか? 3) 花火が見えるか? という課題がことごとくクリアされて満足というか、有難いことだと思っている。花火の撮り方のイロハも忘れてしまっていた。
(DMC-GM5, G Vario 12-32mm/f3.5-5.6 ASPH., Capture One 8 PRO, PS CC)

| | Comments (2)

Friday, 17 July 2015

多花性向日葵

_1010186拙宅の花壇に植えた向日葵。一番高いところに大きな花が一輪咲くタイプとは違って、茎の途中で枝(葉)別れするトコロに沢山の蕾があったので、予測はできていたが画像の通り、かなり不思議な風貌になった。正式な名称は分からないが、多花性向日葵と呼ぶらしい。家人が、先の震災後に大田花卉(き)市場で配っていたものを保存していたのだが、10 粒植えて、3 本成長した。花が終わったら種を採取して、来年はもっと沢山咲かせてみたいと思っている。
(DMC-GM5, G Vario 12-32mm/f3.5-5.6 ASPH., Capture One 8 PRO, PS CC)

| | Comments (10)

Tuesday, 14 July 2015

暑い日

_1010167梅雨明けはまだだが、もう夏真っ只中を思わせる日が続いている。流石に今週半ばからは崩れるようだが、南風に伴われた湿気を帯びた熱風が吹いている。度々の東京との比較で申し訳ないが、よりワイルドな天候、、、意味不明、、、なのだと思う。日差しの強さは 3 ~ 4 割増、風の強さは 5 割増というところだろうか?これから色々と考えるべき事も多いのだが、今この時は、葉山での初めての夏を存分に楽しむのが得策だと思っている。海も近いのだから、行ってみようか!
(DMC-GM5, G Vario 12-32mm/f3.5-5.6 ASPH., Capture One 8 PRO, PS CC)

| | Comments (2)

Monday, 13 July 2015

La Marée de Chaya

_1010161_10101657/11(土曜日)の事、ハイソ OB の T 辺君が、葉山の名所、La Marée de Chaya で夜ライブを演るというので出張っていった。この店はもう 40 年近い歴史がある葉山の有名レストランだが、バブルの波を受けたりと存在に逞しさを感じる店である。自宅から直線距離では近いのだが、交通の便が悪く一旦逗子に出て、バスを乗り換えてから向かった。もっと上手い行き方があるのだろうが、時間がたっぷりあったからそれはそれで楽しかったのである。ライブは、19:30 に始まったが、スタンダードあり、ボサノバありと盛り沢山の内容だった。
_1010166
第 2 部は、21:15 からだったが、帰りの足の事もあり、ご一緒した G 藤ご夫妻に挨拶をして、鐙摺(あぶずり)のバス停へ、そこからまたまた逗子駅に戻り、一杯引っ掛けて、、、と思ったが、少し疲れていたので駅ソバを食べて、自宅に帰った。いつも見る葉山とは違った一面を見ることが出来た、、、って、こちらの面が観光地としての葉山の顔なのだろうが、、、。
(DMC-GM5, G Vario 12-32mm/f3.5-5.6 ASPH., Capture One 8 PRO, PS CC)

| | Comments (0)

Sunday, 12 July 2015

逗子

_10101597/9(木曜日)は、逗子でお世話になっている ZSJO の練習日。逗子小学校の第二音楽室をお借りして練習している。ZSJO のメンバーの方々は、年配の方々も多くそのせいだけでは無いだろうが、優しい雰囲気があってなかなか心地よい。練習が終わり、一通り片付けが済んで、筆者は逗子駅まで歩くのだが。京急線の新逗子駅の踏切が閉まっていた。と、間髪を入れず電車が滑り込むように到着した。それだけの光景だったが何だか妙に心に染みる場面であった。
(DMC-GM5, G Vario 12-32mm/f3.5-5.6 ASPH., Capture One 8 PRO, PS CC)

| | Comments (0)

Wednesday, 08 July 2015

松喜庵

_1010157凝った店が多い葉山町だが、この蕎麦屋さんは、ある意味街の蕎麦屋さんといった風情。メニューもそば、うどん、丼もの、定食と筆者的にはワクワクするような品書きが並ぶ。そば粉に拘り、最初は香りを楽しむためにつけ汁に浸けないで、、、とか、気持ちは分かるしそういう方向性も全然「あり」だと思うものの、腹が減った時には、まずは頬張りたい、、、とも思う。その点、この松喜庵のボリュームは、凄いの一言に尽きる。実際、今日の昼に食べた白身魚(フライ)定食は、凄まじい量で、この年齢にしては健啖の筆者をして、夕食をまともに摂れなかったという恐るべきシロモノであった。
_1010156お店の前に 2 乃至 3 台の駐車スペースがあるが、それでは足りないらしくすぐ傍の駐車場にも数台のスペースが確保されているのが、新鮮だ。そう言えば、美容室、理容室、コンビニ、、、もうありとあらゆる店舗には駐車場が完備されている。まぁ、足の便が自動車しかない所だから当たり前なのだろうが、これまでに無い感覚である。画像は、その駐車場の脇を流れる川(用水路)の風景。梅雨時なので、緑が目に飛び込んでくるような色になっているが、川の水量は多くはなかった。
Img_2419で、これが筆者が食べた白身魚(フライ)定食。ご飯も冷たい蕎麦も大盛りである。二切れの白身魚フライにはたっぷりのキャベツ、トマトが添えられ目玉焼きまでが載っている。しかも、その目玉焼きをめくるとその下にはサラダ・スパゲティが地下水脈の如く存在するのである。香の物、冷奴、、、たらふく食べた感を遥かに超える凄い量であった。
(DMC-GM5, G Vario 12-32mm/f3.5-5.6 ASPH., iPhone 6+, Capture One 8 PRO, PS CC)

| | Comments (2)

Tuesday, 07 July 2015

庚申塚

_1010150暫く間が空いてしまっていたが、庚申塚でのセッション練習会が再開した。目黒に仮住まいをしていた頃からのご縁で、参加させて頂いている。学生時代のバンドの先輩とそのご友人達であるが、若い方もいらっしゃる。逗子駅を 14:30 頃に出発。花火大会の案内が手作り(風?)で、新鮮。拙宅からは未確認だが葉山海岸花火大会の花火が見えるらしい。湘南新宿ラインに乗り込み、池袋まで。山手線に乗り換え、更に大塚で都電荒川線に乗り換えるとあっと云う間に庚申塚である。
_1010152_1010154生憎の天気だったが、しっとりした下町の風情。東京を離れてしまって初めて分かった東京の良さ。狭いが不便ではない、、、凝縮された良さとでもいうのかそういう部分は認めざるを得ない。どういう形であれ、いずれはやはり都心にも拠点がまた欲しくなっている。練習スタートまで 1 時間程あったので食事をすることにしてときわ食堂(庚申塚)に向かう。7/5(日曜日)だったが、店内はそこそこ混んでいた。SPF ロースカツ定食をペロリと平らげて、、、満腹の腹を抱えて練習に出たが、実は夜の打ち上げもときわ食堂(巣鴨)だったのは、びっくりしたが、、、やはり美味かった!
(DMC-GM5, G Vario 12-32mm/f3.5-5.6 ASPH., Capture One 8 PRO, PS CC)

| | Comments (0)

Monday, 06 July 2015

ずし呑みうみ呑み

_1010147恒例企画なのだろうか?逗子駅前の広場にテントが出ていて、ずし呑み & お店巡りと書いてある。同じくチケット 3 枚 2,500 円の文字も。つまり逗子の商店街や逗子海岸のお店(主に飲食店)で使えるチケット 3 枚を 2,500 円で売っていてそれがかなりお得なんだということらしい。梅雨時の企画なので殆んど雨が降ることを前提にしているのだろうが、企画としては面白いと思う。もしかすると「うみ呑み」は、今年から加わった企画かもしれない。などと思い思いしながら、通り過ぎたのだった。
(DMC-GM5, G Vario 12-32mm/f3.5-5.6 ASPH., Capture One 8 PRO, PS CC)

| | Comments (2)

Sunday, 05 July 2015

向日葵

_1010146この梅雨のさなかに満開である。数年前に貰い受けた種を 10 粒、5 月の連休明け頃に撒いたのだがその内 3 つだけ双葉が出て、育つことが出来た。花が巨大になる種類とは違っているらしく、これで満開だ。曇り空を背景に、この花の部分だけスポットライトが当たったように「夏」である。
(DMC-GM5, G Vario 12-32mm/f3.5-5.6 ASPH., Capture One 8 PRO, PS CC)

| | Comments (2)

Saturday, 04 July 2015

葉山海岸

_1010140_1010141まめ吉の件でアップが遅れてしまったが、これら画像は、6/30(火曜日)の葉山海岸を写したものである。三浦半島の西側の海岸(海水浴場)は、北から逗子、森戸、一色、葉山と並んでいるのだが、御用邸の南から神奈川県立葉山公園を経て長者ヶ崎海水浴場に至る海岸線を葉山海岸(海水浴場)と呼んでいるのだが、見た目通り、とても地味な雰囲気のところである。海岸のすぐ近くに駐車場があり、6 月一杯の平日はタダだが、7 月に入ると平日でも駐車場代がかかるという、なかなか商売熱心な公営施設ではある。
(DMC-GM5, G Vario 12-32mm/f3.5-5.6 ASPH., Capture One 8 PRO, PS CC)

| | Comments (0)

Friday, 03 July 2015

まめ吉逝く

Img_2336去る 6/29(月曜日)未明に大量の下血。動物の救急病院を調べ、片瀬の湘南夜間救急動物病院に担ぎ込む。応急手当をするが、下血量が多く、呼吸停止等もあったが、ギリギリで持ち堪え、東逗子のトムズ動物病院の開院と同時に運び込む。直ぐに ICU に入り、点滴他の処置。経過は低いレベルでの小康状態だったが、夕べはやっとの事で口元に持っていった餌を「パクリ」と食べたらしいい、、、。が、再度の大量出血。解剖はしていないが、腹部に大きな腫瘍あり。2011 年に手術した副腎腫瘍(悪性)の転移だったのかもしれない。享年 15 歳。これまでのご厚誼を感謝し、謹んでお報せ申し上げます。個人的には、むく吉、もこ吉そしてこのまめ吉 3 頭と暮らした「あの」時代が過ぎ去ったのだと思っている。合掌。

| | Comments (8)

« June 2015 | Main | August 2015 »