« 謹賀新年 | Main | 正月二日 »

Sunday, 01 January 2017

みの吉逝く

Img_1467s昨年 1 月に、肥大した肝臓腫瘍から出血し、緊急入院。なんとか一命をとりとめ夏頃はかなり元気になっておりましたが、その後、体調が悪化、本日まで入院と通院治療でしのいでおりましたが、新しい年を迎えた先ほど、静かに息を引き取りました。これまでの皆様からのご厚情に感謝し、謹んでお知らせ申し上げます。
有難うございました。

|

« 謹賀新年 | Main | 正月二日 »

Comments

喪失感が強いと思います。
冥福をお祈りします。

Posted by: ritomo | Sunday, 01 January 2017 at 07:51

ご冥福をお祈り致します。

Posted by: ム | Sunday, 01 January 2017 at 09:09

皆様、

保護団体から引き取って短い間でしたが、濃密な時間を過ごしたと思っております。1 日置いて 1/3 (火)に荼毘に付す事にしました。
あの世では、目も見えて、耳も聞こえて、、、幸せに暮らして欲しいと思います。

有難うございました。

Posted by: 野本 巖 | Sunday, 01 January 2017 at 09:16

ご冥福をお祈りいたします。

私も亡き愛猫を思い出しました。

Posted by: RAVEN | Sunday, 01 January 2017 at 10:52

只今、みの吉くんの訃報に接し驚きを、、新年の御挨拶では失礼を致しました。人間の幼子のような愛らしい様子を伺わせて頂けました事、悼みと供に感謝を申し上げたく思います。

Posted by: 杠葉 | Sunday, 01 January 2017 at 14:09

RAVEN さん、

有難うございます。
状態がかなり悪かったので、覚悟しておりましたが彼のこれまでの境遇に思いを馳せるともう少し長生きさせてやりたかったと思います。

最後に少しは幸せ、、いえフツーの暮らしを楽しんでくれたのであれば幸いです。

Posted by: 野本 巖 | Monday, 02 January 2017 at 06:58

杠葉さん、

有難うございます。

これまでに送ってきた犬たち同様、じんわりと心を浸すような暖かさだけを残して旅立ってしまいました。
彼らには本当に感謝しています。

Posted by: 野本 巖 | Monday, 02 January 2017 at 06:59

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 謹賀新年 | Main | 正月二日 »